« 10月 2020 11月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

西向き極小のベランダガーデニング。 初心者ならではの失敗とチャレンジの記録です。

麗しいキュウリが採れました!

先週の収穫ですが、お写真をご覧くださいませ。
もう滅多にこんなことないからさぁー、
3本も真っ直ぐなキュウリなんて。

このキュウリ達は、週末の酒の肴として味噌キュウなどで、すべてお腹に収まりました。
甘味が感じられて、美味しかった。
やっぱり私は、パリパリ感の強い四葉キュウリが好き。
バリバリと噛む音が脳に響き渡り、幸せを感じます。

収穫前の様子。こんな事ってなかなか無いよ!

いつの間にかこんなに育ってくれてました。
キュウリの実が育つのは本当に早いです。1日で3cmも大きくなるらしいよ。
猛スピードで成長するからこそ、ちょっとしたストレスで簡単に曲がってしまうのかな。

先週は父の百箇日がありました。
とは言っても、別に法要はしませんでしたが、
百箇日は卒哭忌(そっこくき)とも言って、「悲しみから卒業する」という意味なんだそうです。

なるほどね。100日か。
早かったような気もするし、もっと経ったような気もする。

今、実家では、暮らしに不具合のある場所をメンテナンスしたり、不用品を処分したりしています。
年寄り二人だったときに、捨てるのが難しくて放置されていたものたち。
どこに仕舞ったか忘れて、放置されていたものたち。

大きなゴミは、妹が車で来た時に持って帰ってくれたりもして、それこそ「実家を片づけるのって大変!」ってな雰囲気になっていますが、これも快適に暮らすためには必要なことだからと、母は積極的に頑張ってくれてます。

ただ、物が減るばかりではきっと母が寂しくなると思い、久しぶりに街へショッピングに誘いました。

私は車が運転できないので、雨だったこの日は贅沢にタクシーで。
高齢者割引に同乗させてもらいました。

私は実に20年ぶりぐらいに来たw

クレヨンしんちゃんでお馴染の「サトーココノカドー」で夏用の衣類やバッグを買い、ファミレスで普段は食べないような洋食ランチで大はしゃぎ。
心から楽しい一日になりました。
父の入院中に近隣のイオンに行った時は、15分ぐらいで「帰りたい」って行ってたけど、今回はショッピングを満喫。

よくよく話を聞くと、一年半ぐらい前までは、母もバスと電車でこの街まで来て、一人で買い物をしていたんですって。
父の癌が判るまでは、そんな活き活きとした日常が確かにあった。

それを思い出した母曰く、
「考えると、この一年で急に年取っちゃった感じがする。
けどこれからは、以前のように、もっとこうやって楽しみたい。
また来月も来ようね!せめて月に一度ぐらいはお出かけしようね。」

いくつ歳をとったって、時間の経過と共に人間も、ちゃんと育つもんですな。

みどりのカーテン、賑やかになってきました。

良かった。
まだおかしな幻覚は見てるようだけど、一歩前進です。
母の新しい一歩は、ゆっくりだけどカート無しで3000歩以上も歩くという、かなり大きな一歩でした。
もっと歩けるようにリハビリで筋トレも頑張ってみよう、と思ったそうです。

「要支援」というのは、「自立のために支援が必要なだけ。」という事だと、私は自分の心に釘を刺しています。
誰かの支援が無いと生きていけない、という事ではない。
心配だからと手取り足取り介護するのではなく、しっかりトレーニングして、
いつかまた、一人で気ままにショッピングできるようになってもらいたい。
そしてたまには母娘で楽しくデートしよう。
こう思えている私も、少し成長したんだと思います。

次はたくさん歩けるスニーカーを買いに来ようね。

Posted on 6月 29, 2020 at 11:28 am by Naomi / 10 Comments

昨日、やっと実家の梅仕事を終えました。

やっと…と言っても、実際に浸けたのは、梅酒3本だけ。
毎年10kg以上の梅が採れてしまうのでどうしたものか…と悩んでいたのですが、
父が亡くなったから、ご近所の皆さんが気を留めていてくださっていました。
「きっとお酒を飲む人がいなくなって、梅が余ってしまうだろうに…」とね。もしかしたら父の存命中は、欲しくても言い出せなかっただけかもしれませんが。

今年は摘果しなかったから、小ぶりです。

訪ねてくださった皆さんに半分以上の梅をお裾分けすることができて、万万歳。
暫くはこれまでの残りの梅酒の消費に努めます。3年物とか…まだ眠ってるのよねぇ…。

さて。夏至を過ぎて、我が家のベランダも賑やかになってまいりましたよ。
色が入るとテンションが上がります。元気なビタミンカラー!

先週はハダニとサビダニでどんよりしたベランダでしたが、元気に回復してきたようです。

わー。この景色大好き!

小さいけど可愛いさつきみどりの花。

小さいさつきみどりが一杯!

珍しくインゲンが沢山収穫できそうですよ。
3株しか無いけど、沢山花が咲いてくれています。ちーっちゃいインゲンも出来てきています。
新しい葉は、ハダニも少なくなってきました。

キュウリも良い感じ。花もバンバン咲いております!

下葉はハダニで変な色になっちゃったけど。

少し葉色が薄いなぁ…と思ってたけど、どうもハダニのせいだったみたい。今のところは、まっすぐないい実が着きそうな感じです。
実家のキュウリはひと足早く収穫を始めてるけど、父のように小まめに水やりできていないからか、曲がり実が多いようです。
それでも採れたてのキュウリの味は格別ですよねぇ。実家のはブルーム系ですが、ウチのはトゲトゲの四葉系。楽しみだなぁ。

ウチのは四葉系キュウリ。「四川」だったかな?

トマトも土曜日の暑さで一気に色づきました。今日はまとめて収穫です。
これは去年から栽培を続けているトマト「Mr.浅野のけっさく」です。
春にバカみたいに花が咲いたので、今、物凄い数の実が着いています、いやっほぃ♥️

Mr.浅野のけっさく、二年生。(越冬株)

ミニトマトサイズ。

本当は中玉サイズになるらしいのですが、いつも欲張って実を着け過ぎて、すっかりミニトマトサイズになってしまいます。
けど、甘くてコクがあって、やっぱり美味しい。
今回の収穫分は、なんと、実割れゼロ!食べるのを慌てなくても大丈夫。

去年は実家でもこれを栽培し、父も「美味しい」と言ってましたから、仏壇に供えてこようと思います。
去年の今ごろは、父も元気にこのトマトの面倒を見てたなぁーと思うと、ちょっと切ないけれど。

実割れ無し!!素晴らしい!今期の初収穫。

先週の週末、母と一緒に近所の施設に、ショートステイの見学に行ってきました。
新しいし、老健でも特養でもない複合型介護施設でリハビリがメインだから、活動的で良いかと選んだ施設。

でも母は「お年寄りばかりの場所にいると、老いることに飲み込まそう」と、あまり良い印象を持たなかった様子。
母よりも幾分若いかたも多いようでしたが、その殆どが車椅子。母は「ここへ来なくて済むように、もっと自分で頑張る!」という結論を出しました。

もともと腰痛の際のショートステイに…と思っていたのでデイに通わせるつもりはなかったんですが、本人の心の中で何か、上昇志向が芽生えたようです。
思っていた方向とは違うけど、それはそれで良し!とします。

先々週の突然の腰痛から施設見学の話を進めていたのですが、その4日後の父の月命日には「私も墓参りに行く。」と言い出し、シルバーカーを押しながらも、1km弱をしっかり歩いた母。きっとそれも「しっかり自分の足で歩まなければ」という心境の現れだったのかもしれません。

父の月命日は、墓参りに行ってます。

ちなみに今週は、お天気が良ければ二人で電車に乗って、隣町のイトーヨーカドーに夏物のバッグを買いにいく予定を立てています。
まだ腰痛コルセットはしておりますが、実に3年ぶりのヨーカドーショッピング。できるかな、どうだろう。とても楽しみです。
ショッピングに行けたらきっと、母も自信がついて、もっと気力が沸くかも。

これまでは出来ないことをサポートするために実家に通っていましたが、これからはやりたいことをサポートする機会を増やしてあげたい。そう思います。
介護に向かっていくのではなく、元気に暮らしていけますように。
生きているみんなが、元気な夏でありますように。

Posted on 6月 22, 2020 at 1:58 pm by Naomi / 6 Comments

福島に住む義父母は、情報も積極的に集め、自らしっかりと健康管理している、謂わば「素晴らしい高齢者」です。
あれだけ元気でしっかりしていたら、「高齢者」と言われるのは面白くないだろうな、と思うぐらい。

お父さんもお母さんもお変わりないだろうか…と、ボンヤリ考えていたところ、メールでこんなに可愛らしいアマビエさんの写真が届きました。
義父が作った切り絵です。

義父の切り絵作品。デザインも愛らしいアマビエさん。

今年は私の実家のことやコロナ騒ぎで、しばらく帰省できておりません。
緊急事態宣言が解除されたと思いきや、東京のコロナ新患数は増加傾向で、気の抜けない日が続きます。
毎週実家まで、2時間半かけて電車とバスで移動してますから、かなり神経も疲弊しています。
でも。この切り絵の御利益を信じて、もう一踏ん張り頑張りせにゃいけません。ありがとう、お父さん!

福島の両親の事を想うと、ついつい、
「それに比べると、ウチの実家ったら…」と愚痴が出てしまいます。
実は先週、母が腰痛を訴え、車椅子で休日診療の病院に運ぶ、というアクシデントがあったんです。

検査の結果、特に骨折などはしていない、いわゆる普通の腰痛、という事で安心したのですが、
やれトイレに立ち上がれない、やれ痛くて食欲が無い、
痛みで何度も目が覚めるからお化けが出る…などなど
独りではおいておけない状況になってしまいまして。

カータンさんの「親のトリセツ」、何故か当の母が気に入ってます。

結果、私が1週間ほど泊まり込んでいたのですが、母の口から出るのは感謝の言葉ではなく、
「面倒ばっかりかけてもう死んでしまいたい」という悲観ばかり。

おおむね頑張って「そんなことないよー、お母さんは今までがんばってきたのだから、今は甘えていいんだよー」などど優しく諭すのですが、
流石に1週間も聞いてると頭に来るもんです。

あーわかったわかった、んじゃぁ、死んでご覧よ。
ちょっときつく叱って、泣かせてしまいました。

私に叱られてビックリしたのか、その後は気持ちもしっかりしたようで、腰痛も今は治まりました。
もしかしたらその腰痛も、精神的なストレスからくるものだったかもしれません。

けれど今回のことで、入院するような病気や怪我ではなくても、独りでは暮らせない場合もあると痛感。
母自身も、どうしたらいいのか…と、とても不安を覚えたようです。

まぁ、何かあったら取り合えずは私が来るんですけど、私も介助は素人なので、何れにせよショートステイの準備はしておかないといけないと強く思いました。
今週末、妹と一緒に、近くの施設を見学にいく予定です。
父の癌のときも本当に思ったけど、高齢者の状況はあっという間に変わってしまう。待った無し。
できる準備はしておかなくちゃ、間に合わない。

どんより。

さて。その一週間で、ベランダは上の写真のザマだー(笑)

留守の間はダンナ氏が頑張って水やりしていてくれたのですが、「暑さのせいでトマトが弱っていくよ、どうしよう」と不安だったようです。
お手数おかけいたしました。ごめんよ。

サビダニです。

これは暑さだけでなく、ハダニ&サビダニですねぇ。
Twitterで去年のサビダニの記事↓が何故か今ごろ「いいね」されてるなぁ?なんでだろ?と実家で思っていたのですが、梅雨を前に、一気に全国で大繁殖しちゃった模様。
サビダニを確認するのに、スマホにマクロレンズを取り付けると簡単だよー、動画も撮れちゃったよ、という話です。
前半の母の話が長くてちょっとウンザリするけど、その辺は適当に読み飛ばしてね。

見えざるもの。(+ トマトサビダニ動画あり)

風の強い日も多かったので、折れた枝も多数。
実が重くなってきたから、支え切れなかったんだね。適当にしか留めてなかったもんね。

ハダニも凄かった。

強風で折れた箇所も多数。

きっちり薬剤を散布し(今回はコロマイト)、痛んだ枝と葉を落とし、茎をしっかりとネットに固定。
やることやると、スッキリします。

本来は毎朝の葉水で多少は防除できるのですが、今年は留守の時間が多いので、薬剤のローテンションでがっつり対応していく方針です。
ダンナ氏にもあまり負担は掛けたくないしね。

私が東京に居る日は、葉水の変わりに、アーリーセーフを散布しておくことにします。

スッキリしました。葉っぱはだいぶ減ったけど…。

今回のサビダニ&枝折れは、いずれも私の準備不足が原因です。そろそろそんなシーズンだと分かってたのに。
でも。悲観しても仕方がないことは明白!
反省だけで良し!
そして状況に応じて、やることをしっかりやる。
それでも枯れちゃったら、枯れちゃったでいーじゃないか。

状況は変わっていくものだ。

植物も人生も世の中も状況はころころ変わるけど、
感情に流されてる暇はこれっぽっちも無いのだ!と呪文のように唱えつつ、今日もがんばろう。

サビダニかなー?と思ったら、速ルーペで確認、薬剤散布。
待った無し。
宜しくお願いしますよ、本当に。

(サビダニにアマビエさんは効きません)

Posted on 6月 15, 2020 at 11:18 am by Naomi / 4 Comments