« 6月 2021 7月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

西向き極小のベランダガーデニング。 初心者ならではの失敗とチャレンジの記録です。

ものすごーく暖かい日もあったりして。
立春を過ぎて、春の匂いを感じる日が増えてきました。

相変わらず実家通いは続いていますが、なんかこう、自分の楽しみを作らないといかん!と思いたち、庭の整備を始めました。

と言うのもですよ、ちょっと聞いてくださいよ。
本題から外れますけど、
どうすんの?オリンピックやるのかね?
半年後の事が決まってないって、どういう事なのよ。
もしやるならば、ですよ。きっとそれまでにCovid-19が落ちつくなんてあり得ないでしょうよ、いくらワクチン打ったとしても、だ。
海外からのお客様が東京にあふれ返るのであれば、私はその間の電車移動は無理だと思ったわけですよ、高齢者がいるからね。
やれ勝ったよ酒盛りだ、負けたぞやけ酒だみたいな人がたくさん乗ってる電車になんて、乗れるわけないじゃん。どんだけ精神強くてもしんどいと思う。かといって母を独りで放っておく訳にも行かない。

そうなるとですよ。ずっと実家にいる事になって、
ベランダでの夏野菜の水耕栽培が出来ない。

だから今年は、種まきをまだしておりません。
サンマルツァーノだけは何とか育てたいんだけど、いかんせん、オリンピックがはっきりしてくれないと何も決まりません。
2月半ばまで待って、中止か延期なら種まきするけど、決まらなかったら今年は水耕も全部、購入苗。もし決行するなら、東京のベランダ水耕は、今年はお休みかなぁ…。
なんだか自分の居場所が定まらないような、そんな寂しさを感じています。

自粛疲れも溜まってきてるけど、東京に住んでる人は、オリンピックの不透明な先行きも、ストレス疲れを増幅させている気がします。
みんなあんまり言わないけど、「やらない」って言ってくれたほうがスッキリして良いんですけどね。

さて文句ばっか言っても仕方ないので、実家の庭仕事に戻ります。
今回は力仕事が多いので、ダンナ氏も召喚。ひとりでは出来なかった作業を手伝ってもらいました。

まずは、かつては庭でメインを貼っていた盆栽棚でございます。
父の生前からすでに、ちょっとずつ枯らしてしまっていて、もう殆ど枯れ木が乗っかっているだけの棚。

私が小さかった頃は、さつきの盆栽が沢山あって、春には色とりどりの花を咲かせていましたが、さつきのお手入れって大変なんだよね。
父が歳をとるとともに、1つ減り2つ減り、とうとう去年は1鉢しか咲きませんでした。

これを移動したかったのです。

盆栽棚だったもので、今は枯れ木置き場。

かつては父の車があったから、この棚は庭木側にピッタリと寄せて作られていました。庭木側は土留めで高くなっていて、実は入り込んで除草作業をするのが難しかったのよ。
梅の木があるので夏場は半日影でだから乾燥に弱い花ものなんかには良さそうなのに、すっかり荒れ地になっちゃって。
盆栽棚側から入れたら手を入れられるのに良いのになぁ、と、ずっと思っていたんです。

庭木側から段差があります。

棚は父の手作りで、脚はただブロックやコンクリ版を重ねてあるだけだから、二人でやれば移動は簡単です。
本当は撤去しても良いんだけど、1周忌もまだだし、あまりにも処分し過ぎるのも何となく気が引けてしまいます。
今はまだ「父の庭」であり、その保守は、母にとっては大きな意味があるようです。
だから私もあまり大きく変化させないように、まめに水やりをしたり、庭木も選定したりしています。

でも、「せねばならない」庭のキーピング作業って、やっぱり面倒くさいし、寒い冬も暑い夏も大変なのよねー。せめてもっと使いやすくしたほうが、母も楽しくガーデニングできると思うんだな。
そして少しずつ、母は自分のための場所を作っていって、今度は自分の庭にしていく。
もちろん私も、自分なりに手を入れて、庭に少しの居場所を作る作業が必要なのです。

そうでないと、ただのご奉公になってしまって、ちっとも楽しくないんだもん。

動かして隙間を空けました。

とりあえず、入り込んで作業が出来るように隙間を空けたら、ものすごいスッキリ!
出っ張っている材木は、後で切っちゃおう。
どうにも作業出来ずにムラに植わっているリュウノヒゲを整理すれば、新しい花壇として使えそうです。

母が整地してくれた盆栽棚のあった場所。

もう一ヶ所、門のすぐ内側、ここにも最近まで盆栽棚がありました。
ここにあった棚は流石に邪魔でしかなかったので、庭の不用品改修の際に撤去。その後、母が綺麗に除草をしてくれていました。
ここは夏野菜の小さな畑を作ります。今年はプランターでキュウリは作りませんよ、夏の水やりが大変なんだもん。

棚の足場にコンクリ版が埋めてあった…

さてさて土はどんなかな?と掘り起こしてみると、盆栽棚のために入れたコンクリ版が2つ。
ダンナ氏を呼んでおいて良かった!掘り起こして撤去してもらいました。

畑として使えるのは40cmの奥行きで2mほど。母は「こんなに小さな畑じゃ何も出来ないよ」と笑ってたけど、充分でしょうよ。
東京の菜園マニアなめるんじゃないよ、プランター4つ分だよ?
充分過ぎるほどだと思うんだけど。

そういえば震災の年、福島の園芸店で苗を買った時に、「ベランダで育てます」って言ったらお店のかたに、「へ?ベランダ? あの…洗濯物を干すところに?ですか?」って言われて笑った事を思い出しました。
東京の水耕サイバーなめるんじゃないよ、ベランダがあれば充分過ぎるでしょうがー笑。

堆肥は、台所の生ゴミを使います。

今回は台所から出た生ゴミを乾燥させたものを堆肥として使う、というのも楽しみのひとつです。
乾燥機でパリパリになった生ゴミから、母が大きな見た目の悪いものは取り除いて、溜めておいてくれていました。
香ばしい良い匂いがする生ゴミ堆肥。どうなのかなぁー使えるのかな。
多分、ちゃんと完熟させないと植物にはアカンだろうから、2月の今、土に混ぜておけば、少なくとも2ヶ月は分解できるはず。
4月の上旬に定植したとしても、きっと大丈夫。だよね…。

消費期限ってあるのかなぁ?

それとこれも、よく解らん余り物の「有機カルシウム」という代物を漉き込みました。
いつ買ったものなのか分からないんだけど、カルシウムって経年劣化するんでしょうかね?
これらと、少し土が硬く感じたので、腐葉土を漉き込んでおきました。

この畑は門柱のすぐ脇なので、とても目立つところにあります。
なので今回は緑色の支柱の自作やぐらではなく、近所のホームセンターで「ガーデンアーチ」なるものを購入しました。
ほら、良くおしゃれなお宅で、モッコウバラとかからんでるやつですよ。
でもウチではここに、キュウリが絡みます!トマトがぶら下がります!
じゃーん。

私の畑スペースにガーデンアーチ立てた!

週1回しか来ないからどうなるか分かりませんが、地面にマルチでもすれば、何とかなるでしょう。
内側にはネットを張ってキュウリ、両脇外側にはトマト、って感じですかね。
ふふっ。楽しみが1つ出来ました。
可愛らしい畑になると良いなぁ。

Posted on 2月 8, 2021 at 7:43 pm by Naomi / 10 Comments

昨日、やっとマイナンバーカードを受け取りに区役所に行ってきました。

数年前から「作らなくちゃ」と思ってはいたのですが、手続きが面倒で持ち越しになっていました。
でも今回からは、e-TAXで申告しないと青色申告の控除額が減っちゃうし、父が亡くなった時の諸々の手続きの際にも「マイナンバーカードがあれば」と思う場面が多々…。

やむなく取得することにしましたけど、免許証を持っていない私には、証明書としてもやっぱり便利かもしれない。
持ち越し案件がひとつ減り、スッキリしました。

そして。持ち越しといえばこれも。
やっとコートを作りました。今度は自分のコート。

コートを作った。区役所に着ていったよ。

前回、ダンナ氏のモッズコートを作ったのはもう2年前の事ですが、「来年は自分のを作ろう!」と心に決め、どんなのが良いかなぁーと楽しみにしていたんです。
けれど2019年の秋冬は父の癌治療で時間が作れず去年まで持ち越し。
年末もバタバタしていてなかなか取り掛かれなかったのだけど、布地の縁かがりのためにロックミシンを買いまして、大寒を前にやっと完成いたしました。

裏地のつけ方が良く解らなくて苦戦したけど、自分でパターン(型紙)も引いた大作です。
おばあちゃんぽいレトロなデザインも、今どきあんまり売ってなさそうで気に入ってます。

裏地をつける「どんでん返し」が理解できず苦戦。

最近、ファッションに興味が無くなってきたなーとずっと思ってたんですが、そうではなくて、服を買うことに情熱が注げなくなった、というのが本質かもしれないなー。

でも作るのはとても楽しい。デザインを考えるのも、苦労して型紙を作るのも楽しい。
ひとつ作ると、いろんな欲がわらわらと涌いてきます。
もっと上手に縫えるようになりたいなーとか、これに合うこんなパンツを作りたいなーとか。

実は学生の頃から、自分の服を作るのが好きでした。
でも一時期、自分で縫った服が下手くそで、恥ずかしくて着れない時期があって、すっかりソーイングから遠のいてしまった。
なんだろう、自意識過剰だったんでしょうね(笑)私以外の誰も、そんなところ気にしていないのに。
若かったから、縫製の悪い自作服のせいで、自分が低く評価されるのが嫌だったのかもしれないなぁ。カッコ悪いと思っちゃってた。

最近また、縫い目が曲がってても多少形がおかしくても、自分で作った服に愛着が持てるようになってきました。
服地屋さんに行くと、可愛らしいコスプレや面白いファッションに身を包んだ若い子が沢山います。
みんな自分で作ってるんだな、すごいな、自由で可愛いなー!と元気をもらえます。

御年79歳のイギリスのデザイナー、ヴィヴィアン・ウエストウッドが言ってた。do it yourself! 服は自分で作りなさい、って。
(でも作れなかったら、ワタシの店で買ってね、とも。笑)

ソーイング熱、再燃。随分と長く持ち越してしまってたな。

とうとう買ってしまったロックミシン。いっぱい縫おう。

持ち越し繋がりで、もういっちょ。
ベランダ片づけました。

毎年「冬トマト」なんつって、ビニールカーテンで保温して栽培してたけど、今年は留守が多いので、ビニールカーテン止めてたの。
強風が吹くと、煽られて怖いから。

お疲れさまー。「Mr.浅野のけっさく」終了。

そしたら見て!下の写真。
良ーく見ると、影で写るトマトの枝に、沢山の鳥が停まってんの。
メジロです。

実家から帰宅してお茶で一息入れてたら、妙にベランダで鳥が啼いてる。ざっと見積もっても10匹以上。

もうとんでもない密な状態でメジロが楽しそうにおしゃべりしながら食してるんで、これはイカン!と。
ベランダも早めに何とかしなくちゃと思ってたけど、片づけられずお手入れもせず、酷いことになってしまっていました。
人間の影が見えないと、野生はすぐに蔓延るねー。

メジロが沢山写っています…ちょっと怖い。

鳥のレストラン全部撤収!すっきりしました!

メジロは可愛いけど、関東でも鳥インフルエンザが報告されてますから、あんまりベランダに集まって欲しくないのです。
糞が汚いし、階下にも迷惑ですしね。

そういうわけで、色々スッキリしている今日この頃です。
折角片づけたので、暖かい日に消毒&殺虫でもしたろうか、と思います。

そうそう、久しぶりに気象庁の早期予測が見たくてアクセスしてみたら、こんなに分かりやすいPDFになってました。
2月半ばまでは暖かそうねー、
ベランダの準備は持ち越さずに、早めにやらなくては!

気象庁の季節予報の解説PDFより。

Posted on 1月 20, 2021 at 10:20 am by Naomi / 6 Comments

先週あたりから、母の調子がすこぶる良くなっていて、今日は東京でのんびりしています。
母は2ヶ月ほど苦しんだ膝の痛みも軽減したようで、家から300m先にあるスーパーには、独りで買い物に行けるようになりました。

本人曰く「今年は年女だから頑張らなくちゃ!と思ったら、段々いろいろ治ってきた」そうです(笑)

それならばと、試しに処方されていた痛み止めの服薬を減らしてもらったら、幻覚のような悪夢も減り、気持ちもどんどん前向きになってきたみたい。
良かった。
帰り道につくづく「“普段通り”って、本当に幸せだ」と思いました。いつ一変するか分からないけど、今はとても平穏。
心配は唯一、covid-19の事ぐらいです。

庭における母の主な興味は、スプレー菊のこと。

関東はまた緊急事態宣言が発令されています。
連休の所為か、昨日の繁華街は普段と変わらない人出だった気がします。友達同士で集っている人々も多かった。

田舎では「こんな中、東京から娘さんが頻繁に来てるのよー非常識よね」と、後ろ指さされるかもしれない状況。
幸い実家の周りの人たちは、気の善い方ばかりで理解があるから助かっておりますが、感染症対策に対する個人の温度差は、かなり広がっているような気がしてなりません。

私は実家では、自分の食事と入浴、2階の自室にいる時以外は、ずっと不織布マスクを着けるようにしています。
一昨年から父の抗ガン剤治療(抵抗力が落ちる)の為に実家ではマスクをしてたけど、流石に今回はかなりシビアです。
もし私がウイルスを運んでいると大変だもの、かなり気を使っています。
どうしても母は食事中も豪快にしゃべりたがるから、さっさと自分だけは食べ終えて、マスクをしてからおしゃべりに付き合う。
鼻をかんだら即効手指消毒。
おかずは全て個別に小鉢に。
トイレは出来るだけ母の使わない2階のを使う。

兎も角、自分も高齢な母も罹患する訳にはいかないので、出来ることは全部やるしかないですなー。けれどきっと、これから先もこの状態は長いだろうから、苦もなく続けていけるような工夫も大事だと思うんです。持続可能、サステナビリティってやつです。

この期に及んで会食が止められないような政治家とか、アテにしちゃいけません。今だけと思えばこそできる我慢は、徐々に破綻していく。

感染症に対して地道に長く続けていける自衛策を、各々が育てるべき時期が来たのではないでしょうかね。

通販で新しい苗を買ったのですが…

昨日の朝6時、実家の気温はマイナス6度でした。
この秋から始めた母の「スプレー菊の品種増やし」は難航を極めています。
苗の葉が凍っていました。厳しいなぁ、枯れてしまうかな。

本来、小菊は花の終った冬、寒さが厳しい時に株元に「冬至芽」と言う新芽が出てきます。
これを分けて植えたりして増やしていくらしいんですが、去年の秋に「いつも同じ花ばかりでつまらない」という母に、10数品種、スプレー菊の苗を買ったんです。

秋咲きの大きめのものは地植えに、夏咲きのものはとても小さかったので、植木鉢に植えました。
けどどちらも、この寒さに負けてしまいそうです。

昔から何年も咲いている菊は流石に強くて、元気なんだけどなー。

菊の冬至芽。ずっと植えっぱなしの品種は元気ですが。

きっと色々と工夫したり手を尽くせば、上手く育つのだろうと思います。
寒い夜間は家に取り込み、暖かい日中は日向に置くとか。
ビニールで覆って、蒸れるような日差しの時は外す、とか。

ホースの中の水が凍ってしまうの

やろうと思えば色々と出来るかもしれないけど、母が独りの時にも出来るか、と言ったらそれは難しい。

例えば水やりのホース。
父は使った後にきちんと水を抜いて巻いていたから、雪が降っても凍りつくことはなかった。
けれど母は、重たいホースを巻いたり伸ばしたりが大変だから、伸ばしたままで放っておく。
そうすると夜のうちに、中に残った水が凍ってしまうの。
「片づけなくちゃだめ」というのは簡単だけど、言った所で続けられなければ意味が無い。私が来れなくたって続けられないと。

だから私は、例え庭木が枯れようとも、母が出来る範囲で良い、と思っています。

ダメになる品種は、ウチには合わない。寒くても水不足でも、頑張れる品種だけ残れば良い。
持続可能な庭造りが今の実家には一番大事。

サステナブル・ガーデニングって言うんでしょうか。

持続可能なガーデニングが大事。

父が愛した庭をそのままの姿で残すのも大事かもしれないけど、生きていく母が楽しく持続していけることが、もっと大事だと、最近思うようになってきました。

父と楽しんだ夏野菜栽培のプランターも、今の母には扱えない。真夏の炎天下の水やりは難しい。
そういったわけで、今年からは地植で楽しむ事にしました。

夏野菜のプランター栽培を止めます。

庭の不用品を処分した際に、撤去した盆栽棚跡地。荒れて雑草だらけだったけど、母が綺麗に片づけてくれました。
小さなスペースですがここに「ウチの畑」を作ることに。春までに保水力のある土をこさえていこうと思います。夏野菜の新しい居場所です。

久しぶりの露地植え栽培、ちょっとワクワクします。
自宅ベランダの水耕栽培も、今年は楽に維持できるものを考えていこうと思っています。

新型コロナの所為で暮らしや行動の様々が制限されて、諦めざるを得ない事も多いけど、新しいことにチャレンジするのは何も制限されていません!
動いていこう。もっと心を頭を動かして行きましょうや。
Stay Home, but keep on moving!

Posted on 1月 11, 2021 at 3:32 pm by Naomi / 4 Comments