« 10月 2020 11月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

西向き極小のベランダガーデニング。 初心者ならではの失敗とチャレンジの記録です。

実家の母が持病の治療のために10日ばかり入院していたので、その間に実家の縁台を新調したりと、まさにブログ記事向きなこともやっていたのですが、それはまた次回。
先ずはこれを書かないといかん、というものを今日はご紹介です。
留守番の独りぼっちの実家で、一気読みしました。

本屋さんだと、介護コーナーかな?

著者の野田敦子さんは、実は私が時々お手伝いしているウェブマガジン「どうする?Over 40」を運営しているカリーナさんです。

この本には彼女のご主人が脳出血で倒れた二年前からの、彼女の心の中が丁寧に綴られています。

表紙を見ると、介護関連のハウツー本かな?っていう雰囲気ですが、そうではありません。
「まずは地域の包括支援センターに連絡を!」とか「介護サービスの種類」とか、そういう事は一切書かれておりません。

でも、そこには生々しい現実と、人の発する言葉に見え隠れする感情と、その間で戸惑い、揺れ動くカリーナさんの(凡人なら)言葉にできないような感情が、見事に言語化されています。

私の父の末期癌発覚から亡くなるまでの9ヶ月間にも同じように感じた場面が数多く出てきて、ああそうなのよ!うんうん、そうだよねと、何度も頷きながら読みました。

そして、私は「家族のために頑張らなくちゃ」と自分を鼓舞して看病したけれど、ふと涌いてくる「これが何年も続いたら厳しいなー」という黒い心や、まだ命があるうちから、自分のダンナに新しい喪服を作らせるという乾き切ったドライな心を、無理に否定しなくてやっぱり良かったんだ、という安堵に包まれました。

私は今も尚、「延命措置はしない」というサインをした事を、本当にそれで良かったのか?と問う時があります。
最期の日、息の荒くなる父の側で「私はとんでもないことをしたかもしれない」と悔やみ、唯々泣くばかりだったけど、それは私の都合でしかなく、父の生き様としてはきっとあれで良かったんだと、改めて思うに至りました。

介護や看護には終わりがあります。
そうは分かっていても、頭の中でぐるぐると色んな感情が交じり合い、決して「善い人」ではない自分を見つけてしまうと、とても苦しくなってしまう。
大切な人の命の重さに耐え切れずに、自分の生をついつい軽んじてしまう。

そんな時に開くといい、1冊だと思います。

これから読むかたのために内容にはあまり触れずにおきますが、Amazonなどの書評を読んでいただければ、どんだけ素晴らしい内容かを察していただけるのではないでしょうかねー。
私のようなこんなチンケな感想文ではない、素晴らしい文章が並んでおりますぞ!
晩秋の夜長に、ぜひどうぞ。
コロナ禍の孤独な入院生活ですっかり読書好きになった母も、ときおり涙ぐみながら夜更かししながら、夢中で読んでおります。

そして最後に。この本を書いてくださって、カリーナさん、本当にありがとう。
マジで救われたよ。
心から感謝します。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

夫が倒れた! 献身プレイが始まった [ 野田敦子 ]
価格:1430円(税込、送料無料) (2020/11/7時点)

楽天で購入

 

 

Posted on 11月 7, 2020 at 11:14 am by Naomi / 4 Comments

秋をササッと通り越し、すっかり冬のような寒さの東京です。

美味しかった!もはや高級魚のサンマ。

先週、福島の実家からサンマを送っていただき、今季初!塩焼きで食しました。
東京のスーパだと、細っい小さいのが高くてねぇ…。
送っていただいたのは、とても大きくて脂の乗った立派なサンマでした。
今年は(と言うより、今年も、ですか)不漁で高騰との事ですが、中国の漁獲量が増えたのも大きな原因だそうですね。もやは庶民の手には届かないお魚となってきました。残念。

もう秋だしー、なんて9月の終わりに少し種まきをしましたが、急激な寒さで成育イマイチ。
雨と寒さを避けて室内に置いてある時間も長いので、ちょいっと(いやかなり)徒長気味です。
毎度のことですが。

東京べか菜とルッコラ。安定の徒長。

本当はもっと色々と播きたかったんだけど、あっという間に寒くなってしまい、やる気が削がれてしまいまして。
今は野菜はこの2種類だけ。
長雨が落ち着いたら、いつ播いてもOKな葉大根とか小松菜を少し播こうかな。

ビオラの芽はちっちゃーい。

今回は秋まきの花の種も少し播きました。
いつものビオラは、涼しくなってから播いたので、あっさりと発芽してくれて良い感じ。

暑い時に播く時は、冷蔵庫で発芽させたりとか色々やってたけど、涼しくなってから播いたほうが圧倒的に簡単ですねぇ。
どうせ夏播きしたって年内に咲いてくれた試しもないし、暑くて溶ける心配もない。これからもお彼岸過ぎてから播くようにしようと思います。

ビオラは種も双葉も小さくて、育てるのが実は苦手です。
野菜の双葉はどれもそこそこ大きいから、老眼でもそれほど困らないんだけれど、ビオラぐらいの小ささになってくると、とても注意が必要です。

小さな種が育ち花が咲くと、あんなに小さいものがよくぞここまで!と感慨無量はあるのですが、年齢とともに、そんなことより、見えなくて面倒くさいよビオラなんて苗安いじゃんという考えが勝るようになってきました。
苗を買ってまで育てようとは思わないんだけどね。
そこがまた…私の厄介なところですが。

小さい双葉といえば、これにはビックリましたよ。

花の種も播きました。

ビオラの手前にある、何も生えていないかに見えるセルトレイ。
実は結構発芽してるんですよ。

ズームしてみると…ほらね。

この極小の芽はユーストマです。別名トルコギキョウ。1mmぐらいの双葉です。

小さ過ぎるわ。ピント合わせも無理。

自分で育てた花を仏壇に手向けたら喜ぶかなぁーと思って衝動買いして播いてみたんですけどね、
もうこれ、サイズを見た途端に挫折感100%。10年以上ベランダ菜園の種播いてるけど、こんなに小さいのは初めて。

無理だぁーこれ花咲くまで面倒見るの無理だー!

ネットで色々と検索してみると、ユーストマ(トルコギキョウ)の種からの栽培は、素人には非常に困難とありました。
この小さい双葉で成長もノンビリらしくて、発芽までで挫折するかたが多いみたい。
難しいからこそ!と、チャレンジするかたも多いみたいだけど。

ビオラの十分の一ぐらいの双葉だもん。

ユーストマはローガンズ(老眼の人々)には栽培が難しいでしょうな、私はしばらく発芽していることにすら気づかなかったよ(笑)

私ね、ビオラがいつもそうなんですけど、小さい小さいものをじっくり育てるのって、上手くできないことへの悲しみがもやもやと付きまとってくるんですよ。年齢とともに目が悪くなってきたり手先が不器用になってきたことを、まざまざと突きつけられる感じが切ないの。
小さく生んで大きく育てる喜び…みたいなことには、もう最近は魅力を感じないのが正直なところです。
種も双葉も大きいほうが楽だもん。5m先からも苗がちゃんと見えるぐらいだととても嬉しい。トマトは生長が早いから好きだけど、キュウリとかバカみたいに双葉が大きいのも好き。
大きい双葉があっという間にこんなに大きくなったよーってのがとても楽しく感じるようになってきた、って事は、そうとう老化してるのだろうか (^-^;

でもやっぱり種から育てるのは好きだから、次から種を買う時は、種の大きさにも注意を払おうと思います。できれは5mm以上が良いなぁ。双葉だって1cmは無いとなぁ。

パッケージで選んじゃイカン。

園芸コンセプトは歳とともに変化してくる。それは往々にして、身体的な老化に伴う「諦め」の場合もあるだろうし、生活パターンの変化もあるかもしれない。実家の母は、父がせっせと手入れしていた庭のスプレー菊を弱らせてしまい、さっさと見切りをつけて15株も新し苗を買って植え替えてたけど(笑)それもまた良し。

努力したりチャレンジしたりも良いけれど、園芸スタイルは歳とともに無理なく変えて、気軽な楽しみをキープしていくのも大事よねと、しみじみ思う秋寒の午後。

何かデカイものを播きたいなー、最初から大きいものを更に大きく楽に育てたいなー。
球根でも植えてみようかなー(水耕だけど)

Posted on 10月 19, 2020 at 3:36 pm by Naomi / 4 Comments

今日で9月もお終い、ということで慌てて更新しております。

1ヶ月前、何となく秋の匂いが…なんて書いてましたが、もうすっかり秋本番となりました。
ここ数年は、一旦涼しくなると、すんなりと季節が動く感じですね。去年も9月の初めに「涼しくなった」と思ったら、そのまま秋に突入していった記憶があります。季節にメリハリがついた感じです。

あっという間に秋本番。

去年と同様…と言っても、台風被害は勘弁して欲しい。
今年は実家の母が一人なので、台風のサポートは私の担当。地震はいつ来るか分からないけど、台風はある程度予測がつきますから、しっかり準備しておきたいものです。去年は9月から関東も台風被害がありましたもんね。

一応、非常食や飲料水、自分用の長靴や去年売り切れて探すのが大変だったブルーシートや養生テープを買いそろえておきました。
実家にはやたらと物があるんだけど、肝心な時に使えるものが何もなかったんで、去年はとても苦労したんです。

台風シーズンに備えます。

写真を撮るのを忘れちゃったけど、停電になった時に自動で点灯するライトも、母の寝室とリビングに設置しました。

夜中の停電だと、懐中電灯が枕元にあっても探せないぐらい真っ暗だもん。
慌てて転倒すると大変!つって懐中電灯は沢山あるんですが、それを探せなくては意味が無いでしょうに。

そんなこんなで、相変わらず忙しく東京と実家を行ったり来たりしておりますが、去年の今ごろは父が抗ガン剤治療で入退院していて、病院と実家の2ヶ所に通っていたのよね、ブログではまだ内緒にしていたけれど。
10月に入ると、大型台風を心配した父が、急きょ「退院して家に帰る!」ってわがまま言い出して。暴風雨の中をタクシーで迎えに行ったりして。

あれからまだ1年も経っていないなんて信じられない。
川の増水で警報が鳴り響く夜中、年寄り二人を2回に避難させたりして、去年は本当に大変だったなー。

今年はそれに比べると随分と楽です。
こんなものを植える余裕も出てきたりしてます。

菊苗。通販で買って見ましたー。

花を育てるのが母の趣味なのですが、最近はとりわけ、仏壇の供花に出来るものが中心になってきています。
小菊は以前から育てているのですが、今年は切り花向けのスイートピーやラナンキュラスも増やす予定です。

なんて書くと、亡くなった父のために母が甲斐甲斐しく…と読めますが、父が育てていた庭木や盆栽などは「花も咲かないし、つまんないからもう要らない。」とあっさり伐採する母でもあります。
女心は幾つになっても難しいね…。

まぁ、母が一人で手入れできる庭に変えていくのが正しい方向ではあるので、100%、母の意見中心で問題はございませんけど。

庭だけでなく、家のあちこちが変化しつつあります。

最近は毎日母が洗濯物を干す縁側のリフォームを検討中。
作り付けの濡れ縁が狭いので、転んで落ちないように、広いウッドデッキ風なものに変えようと娘二人で企んでいます。

でもね、新しいのを買うのは良いんだけど、古いものの撤去や処分が大変なんですよ。

濡れ縁の下には良く解らん端材が目一杯詰っています。これも一緒にどうにかせねば。

ゴミ処理問題は、田舎の親のサポートの「あるある」だよね。田舎だとどうにも処分に困るものは、妹が車で自宅のある神奈川まで持って帰ってたりししてくれてますが、母曰く「お父さんは兎も角ゴミを捨てるのが苦手だった。全部捨てるのには私の寿命が間に合わない」くらい不用品があるようです。

この痛んだ濡れ縁を、倍の奥行きにしたい!

上に書いたわたし用の長靴も、去年までは「長靴ならいくらでもあるから」という父のものを借りていました。サイズは合わないわ古くて重いわで散々でした。

穴が空いている長靴、ゴムが劣化してべとべとになった長靴。

1つ自分のを買ったので、4つ父の長靴を捨てました。(でもまだ2つあります)

使えない物が多い実家で毎週ゴミと格闘して「お父さんたら、なんでこんなもの溜めてるの!」と、毎度母娘で憤慨。まぁー不用品の多いこと多いこと。

でもね、ふと思ったんですよ。足が不自由だった父には、どれも「何かで使うかもしれない」素材だったんだろうなーと。

私たちにはゴミにしか見えない木っ端や紐や、古いビニールシート。使って曲がった短い針金、10cmしかないホースの切れ端。

どれも父が「未来に使うであろう」と判断したものであって、ゴミではなかった。車にも乗れなくなり簡単には新しいものを買いに行けなくなった父が、こつこつ溜めた材料だったんだと思います。そう思うと愛おしい。

 

…けどまぁ、捨てますよ。要らんわ(笑)

 

東京の自宅のほうでは、忙しさにかまけて、上旬にトマトをダメにしてしまいましてね。
2シーズンも頑張ってくれて、ありがとうございました!と、枯れた葉を落として、ボチボチ撤去していくかぁーなんて思いつつ。

あー終った…(9/8の様子)

その後、お墓掃除やらお彼岸やらで慌ただしくしており、すっかり手薄になったベランダで、全滅したと思っていたトマトが見事に復活しておりまして。

涼しくて快適なのかね、本日はまたこんな感じで目を楽しませてくれています。

人のものはがんがん捨てられるのに、自分のものはなかなか捨てられん。
台風来る前に、いい加減、撤収せねばなー。

だって勿体ないじゃん。

Posted on 9月 30, 2020 at 9:36 am by Naomi / 8 Comments