« 6月 2019 7月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

西向き極小のベランダガーデニング。 初心者ならではの失敗とチャレンジの記録です。

ジメジメです。
東京は結構な量の雨が降っている今日この頃。
おまけにさっき、ちょっとドキッとする地震があったりして。先日の山形の地震の余震かと思ってびっくりしちゃった。

お天気の所為もあって何となく気持ちが沈みがちなんですが、朝顔が咲き始めてくれてくれました。
これからは爽やかな花が毎朝見れると思うと、ちょっと気分が上がります。

朝顔が咲き始めてます。

さて、ベランダはすっかりジャングル化しておりまして。
あちらこちらのトマトが熟して可愛らしい様相でございます。
そろそろ収穫ラッシュ第一弾ちゅー感じでしょうか。

色づいてきてます!

待望の「Mr.浅野のけっさく」も!

今年の目玉「Mr.浅野のけっさく」も色づいてきました♪
収穫の時にちゃんとレポしますが、結構大きめの実で良い感じです!楽しみだなぁ。

そして、大玉クオールディブエも、謎のトマトも色づいてきております!
どれも今週中に初収穫できそう。

クオールディブエも!

だがしかし、だ。

写真でお気付きの通り、ちょっと葉が傷んできてます。
毎朝の葉水と、週1で「アーリーセーフ」は続けているのですが、ハダニはなかなか防除できませんで…。
(とは言うものの、何もしなかったら、ウドン粉病も同時発生して、もっと大変なことになってるんだと思いますが。)

毎朝、葉水はかかさないのですが…

大抵、6月の終わりと8月の終わりに、トマトサビダニの大発生に見舞われるパターンが多いので、今も気が気じゃないのですが、トマトサビダニに効果てきめんの薬品「コロマイト」は、シーズンで2回しか使えません。
だからなるべく、ハダニ程度では使いたくないのです。

日々の防除で何とか凌ぎたいところなのですが、んー、早くから茂らせすぎたせいか、ここ最近の葉の痛みが気掛かり。

ハダニだと思います。

ハダニかサビダニなのかのチェックは、スマホ+100均のマクロレンズが簡単です。
サビダニの場合は独特な葉の痛み方をするんですが、どうかな?そうかな?と悩むより、実際に見て探すほうが確実よ。

スマホのマクロでチェック。

痛んで切り落とした葉(特に裏側)をマクロレンズで覘いてみると、こーんなに大きく犯人の姿が映し出されます。
スマホに写ってる、薄茶のクモみたいなヤツがハダニです。

サビダニはハダニよりも小さいけれど、独特の形なので、すぐに判るんです。これは去年の写真ですが↓こういう白いドロップ型の生物を見つけたら、これはコロマイト攻撃すべし。
葉の痛み方も独特なのがお分かりいただけると思います。

去年のサビダニの姿(記事へリンクしてます)

でも今回はハダニの大繁殖…という感じなので、去年買っておいた「モレスタン水和剤」の1回目を発動しました。
モレスタンはシーズン5回まで。サビダニにも適用があり、無臭なのでベランダでも使いやすいです。
パッケージに「うどん粉病」って大きく書いてあるので気づきにくいけど、殺虫殺菌剤なので、マルチな働きをしてくれます。

 

ちなみに、我が家の病害虫対策ローテーションはこんな感じです。
ハダニ・ウドン粉病の同時防除と、サビダニ発生時の対策を中心に、ダニ類に耐性がつかないように複数の薬剤での構成です。

薬剤の使用はできるだけマイルドなものを選ぶようにしていますが、それでもできれば、出番が無いほうが嬉しい。
やっぱり防除に力を入れるのが、家庭菜園では鉄則だと思います。
でもどうにもならなくなったら、無理を続けるものストレスになって全然楽しくないので、そういう時はしっかりと薬剤を選んで正しく使うのが、私はお勧めです。

さて、今年はどこまで太刀打ちできますことやら。
ビシッと気を引き締めて、戦いに挑もうと思います!

Posted on 6月 24, 2019 at 11:12 am by Naomi / 4 Comments

梅雨入りした途端、ほんと毎日降ってます。じっとりです。
5月の乾燥と高温に辟易していたので、梅雨も歓迎です。
良かった。梅雨に入って気温が下がってくれて。
毎日、真夏のような液肥の消費量でしたからねぇ…。
お陰でこんなにもっさりと成長してしまいました。

すでにジャングル。

さてね。液肥の消費量が多い時期に付き物なのが、「トマトの尻腐れ」ですよ。
上の写真でも、ちらほらとそれらしき実が写ってるでしょ?

これね、5月の上旬からもう出てきていたので、「傷かしら?」と思ってたんですが。
改めて見ると、尻腐れっぽいですよねぇ。

  

ピンクエッグ、尻腐れ?

最初に出たのはピンクエッグ。
もともとピンクエッグは尻腐れが出やすいようで、2011年にも悩まされていたようです。

それと、良くわからん謎の品種にも尻腐れが出ております。

謎のトマトも尻腐れ?

どちらも、広範囲に出ているわけではないので、一時的なものかと思うんですが、あんまり暑い日が続いていたから、ちょっと気にしていたんですよ。

温度が高いと、どうしても液肥の消費量が増えます。
きちんと濃度をコントロールできていればいいのですが、いつもと同じ調子で液肥を追加してると、吸い上げの多い分、栄養過多に陥ってしまうようです。

「尻腐れはカルシウム不足」って良く言うけれど、水耕栽培の場合は、不足よりも過多になってしまう方を気をつけるほうが対処が楽です。

土に植わっているとこうはいかないから、カルシウムスプレーを使うしかないですけど、水耕で毎日ガブガブと液肥を消費してしまう場合は、濃度を薄くするとか、暫く水だけにするとか、そういう風に調子を取ると良いと思います。

サンマルツァーノは問題なし。

そんなことがあったので、大玉関連の尻腐れにビクビクしていたのですが、サンマルツァーノは問題なく肥大中です。
サンマルツァーノも、一度尻腐れが出始めるとかなり厳しい品種なので、要注意です。

クオールディブエも無事。

クオールディブエも問題ない様子でホッとしております。
ちなみに私は、尻腐れしても黒い部分を取り除いて食べてしまいますが、尻腐れ果はどの道、あまり大きく肥大できないようです。

栄養過多の時の実だから甘いんだけどね。

Mr.浅野も、もちろん大丈夫。

恐らく、尻腐れの心配はないだろうと思っている「Mr.浅野のけっさく」ですが、これが案外良いサイズに肥大してきました。
F1の新しい品種だから、育てやすくなっているとは思うのですが、始めての栽培品種なので、夏の高温期には細かく目を配ろうと思います。

さてー。そんな具合に5月の液肥の消費量が半端無かったので、
とうとう!来月あたりにはずっと使ってきた液肥、大塚ハウス(現OATハウス)を再購入せねばなりません!!!

わ〜〜いヽ(´▽`)/ やっと再購入!
(といっても1号のみですが)

ちょうど夏場なので、高温期に適した配合の液肥にチェンジしたいと思います。

Posted on 6月 10, 2019 at 9:45 am by Naomi / 6 Comments

お暑うございます。
5月なんですよ、まだ。
なのにこうも連日暑いと、すっかり8月のような錯覚を起こします。

我が家の夏野菜も、すっかり真夏のよう…。
(いやそれは私が悪いのだけど)
トマトはすでに天井付近まで伸び、立派な緑のカーテンに仕上がってしまいました。
この樹勢ですから、高温とからっとした空気の所為もあり、最近の液肥の消費量が真夏並でビビっています。
尻腐れが怖いので、今日は液肥ではなく、ただの水にしてみました。
この暑さだと、3日に1度くらいは水でも良いかもしれないなぁ。

緑のカーテン、できました。

少し切り戻して風通しを良くしようと思っていたのですが、最近の厳しい西日対策に丁度よく、切り戻しは梅雨に入ってからで良いか…と、先送りです。
今年の梅雨は、どうやらかなりムシムシと暑そうなので、ウドン粉病予防が肝心になりそうですねぇ…。
あとサビダニも一発来るのかな…。不安だなぁ…。

さて、本日のベランダレポでございます。
まずはすでに収穫が始まっているシンディースイート。
所々に熟し始めた赤が入り、ベランダが賑やかになってきました。

シンディースイート

サンマルツァーノは開花が早かったはずなんですが、最初の頃の花房は肥大しておらず。
うーん、今回のF2はイマイチだったかなぁ?
少しずつ肥大してきていますが、花数の割にはちょっと寂しい印象です。
ま。まだ5月なので焦っても仕方ないけれど。

サンマルツァーノ

タイ・ピンクエッグは1株だけの栽培ですが、綺麗に肥大が始まっております。
これは1月15日播種なので、標準的に綺麗に育った、という感じです。
すでに芯止まりしております。やっぱり1mぐらいにしかならないようですな。可愛いです。
こちらはもう種が無いので、忘れずに自家採種せねば。

タイ・ピンクエッグ

そして今年の目玉、「Mr.浅野のけっさく」ですが、これも今、凄く調子がいいようです。
初チャレンジなのでまた別に記事を書こうと思いますが、同じ中玉のシンディースイートと比べると、がっちりした茎で樹勢も逞しい。
実のつき方も、ミニトマトのように綺麗。色づくのが楽しみです。どれぐらいのサイズになるかしらねぇ♥️

Mr.浅野のけっさく

そしてクオールディブエ。
生で食べる大玉トマトとしては、すっかり我が家の定番品種となっております。

クオールディブエ

大玉なのでいつも木ボケ(葉ばかり茂って実が着かない状態)しがちなのですが、今年は上手いこと着果してくれました。

だがしかし。

良くわからない何か

2株のうちの1株が、何だか分からない実をつけてます!
何だこれ?クオールディブエのはずなんですけど??
樹勢と実の形からいうと、うちにある種では「ローマ」っぽい感じ…。
もちろん、播いた覚えなどございません。芯止まりしないので、サンマルツァーノと取り違えた訳でもなさそう。

クオールディブエは「牛の心臓」ですけど、これ、どう見ても心臓じゃないです。
不味ければ問題ないのですが、美味しかったらどうしよう。何か命名しますかね。

固定種の種でも、こういうことってあるんだね。

縞むらさき

その他の野菜は今、こんな感じです。
ナスは早めに播いて大正解。「縞むらさき」は種袋の写真だともうちょっとふっくらしそうだったのですが、うちではこれが限界みたい。
第一果なので、早めに収穫することにします。

ハラペーニョとバナナピーマン

ハラペーニョやバナナピーマンも、第一果はそろそろ収穫したほうが良さそうです。
バナナピーマンは久しぶりの栽培ですが、これは採種もする予定です。

キュウリ「四川」

今年は始めて「あく抜きベラボン」で育苗してみましたが、実はキュウリやスイカ、オクラなどは上手く育苗できなかったんです。
春遅くまで寒い日があったことも原因かもしれませんけど、何度も枯らしてしまい、スイカなんて種が無くなっちゃって。
あく抜きベラボンはペーハー調整されていると思うのですが、やっぱり酸度が高いのかなぁ?

スイカは初チャレンジだったので今年は諦め、キュウリだけでも何とか…と頑張って今なお育苗中。
小さなセルトレイじゃなくて、ペットボトルに給水紐もちゃんとセットして直まきしたら、やっと素直に育ちつつあります。
朝採りキュウリ、無いと寂しいもんね。

本日の収穫

というわけで、本日の収穫です!
夏らしい彩りになってきました。これから長く収穫できるよう、毎日きちっと成長のお手伝いをしていこうと思います。

あとね、全然関係ないんですけどね、
最近また、新しい手芸を始めました。
グルーガン(ホットボンド)っていう武器を手に入れたんですよ。熱でプラスティックの棒を融かしてボンドのように使うヤツね。
それが本当に便利で、ペーパークラフトなどを始めてしまいました。

新しい趣味、ペーパーフラワー

紙はいたって普通の色画用紙。それを花びらの形に切って、少しカールをつけて、グルーガンで接着していくだけなんですけど、こんな風に割と立派な造花が出来上がります。

花の形状を考えて、これを平たい紙で作るにはどうしたらいいのかを考えるのが、すんごい楽しいんです。
グルーガンだとほんの数秒でがっちり接着できるので、勢いにまかせてひたすら紙切ってくっつけてます。そのうち立派な作品ができたら、またここで自慢させてくださいな。

Posted on 5月 27, 2019 at 10:57 am by Naomi / 4 Comments