« 8月 2021 9月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

西向き極小のベランダガーデニング。 初心者ならではの失敗とチャレンジの記録です。

トルコキキョウ、別名ユーストマが咲きました。
とてもエレガントで愛らしい花です。ピンクのしぼりが入ってます。

咲きましたー!水耕ユーストマ。可愛い〜〜!!

長かったー。
まずあの双葉を見たら、咲くとは思わんよなぁ。
そんな訳で、ここまでの道のりを振り返ってみたいと思います。

1mmに満たない双葉…。

最初にユーストマに挑戦しようと思ったのは、去年の今ごろ。こちらの記事で紹介しております。
父の仏壇に供えたくて種を買ったのでした。
サカタの「ダブルバイカラーミックス」という品種です。

ミックス種子を播きました。

ところがあまりの双葉の小ささいに驚愕。双葉が開いても老眼じゃ見えない。開いても1mmの小さな双葉。
これは……困難だと容易に予想がつく。
案の定、1mmの双葉が5mmぐらいになるまでに水切れさせたりして枯れちゃう。ふと気がつくと全滅してる。霧吹きでの水やりは案外難しいのです。
冬の間も加温しながら挑戦したりしたけど、なかなか本葉が出るまで育たない。
ネット情報でも「苗で買うのがお奨め」なんて。そっかー、種からはやっぱり難しいのか。

2月。水耕直まきで再挑戦。

そこで、だ。
手間をかけても育たないのならば、と、駄目元の放置栽培に切り替えました。
我が家の放置栽培は、通称「水耕直まき栽培」。
ペットボトルの水耕容器をセットして、そこに直に種を播くというやり方です。培地は「あく抜きベラボン」。
液肥は野菜の時より薄めが良いだろうと、適当に半分の濃度で入れておきました。

この時は2月だったので、ペットボトルを栽培用ヒーターの上において、乾燥しないようにラップで蓋をして放置。
桜が咲いてからはベランダに出して、確か4月の終わりぐらいまで、ラップをしたままだった気がするなぁ…。
忙しかった事もあり、気合いの入った放置っぷりでした。

6月。中央がユーストマ。本葉が3cmぐらいに。

コロナが蔓延する中、実家を行ったり来たりで忙しくてベランダ野菜の世話もままならぬ時期だったので、当然、ユーストマのことなんて忘れているぐらいでしたが、6月になる頃には苗らしい大きさになりまして。少し間引かなくちゃと思うぐらいの成長が見えました。

でもミックス種子なので、成長の悪いのを間引いちゃうと同じ色しか咲かなくてつまらないかも?と、間引きを思いとどまり、成り行きに任せることに。
しかも全く液肥は減らないから、結局は何もせず。完璧な放置栽培を貫いております。
それはそれで凄い。

7月。1株だけ育ってきた。

7月に入ると、1株だけが大きく育ってきました。
多分この頃、この株の根が伸びて液肥に届いたんだと思います。
本来、春播きのユーストマは7月から開花期なので、2月開始だけど少し成長が遅かったですね。
もうちょっと液肥の水位を上げておいても良かったかも。

8月に入って、急に伸びる。

8月に入ると薹が立ち、勢い良く伸びる伸びる!
2月から半年間、全然減らなくて入れっぱなしだった液肥を交換してあげました。
ちなみに根っこはこんな感じです。細い直根。これは植え替えが嫌いなタイプの根っこですね。
土で栽培する時も、できるだけ移植しなくて済むようにしてあげると良いかもしれないです。

根っこは細いです。

2リットルペットボトルです。ひょろりーん。

2リットルのペットボトル水耕でも、この根っこなら3株ぐらいは問題なく育ちそうです。背丈がちょっと不安定だから、何かしらの支柱があると良さそう。
本来は草丈80cmになる切り花用の品種なので、このアンバランス感でもウチのはまだまだ成育不良、ってとこですね。
もうちょっと液肥濃度を濃くしても良かったのかもしれないとか、液肥水位が低かったかもとか、色々と反省点はございますが、一先ず、

ユーストマ、大勝利!

って事でよろしいかと思います。
大勝利…というよりも、戦わずして勝つ方式が、ユーストマには意外に合っていた、という事でしょうか。

来年は大量生産に踏み切りまっす。請うご期待。

ちなみに、サカタさんにユーストマの育てかたの特集ページがあります。ジフィーを培地にするやり方で失敗少なそう。
秋播きで挑戦したいかたは、今週末にでも是非〜。

https://sakata-netshop.com/shop/e/esowing-howto-eustoma/

Posted on 9月 10, 2021 at 8:51 pm by Naomi / 6 Comments

朝顔だらけで可愛らしい東京のベランダ

村井理子さんの「全員悪人」というエッセイが面白くてですね。
認知症のお義母さまを中心におこる様々な事件が、お義母さまの目線で描かれています。
ネットではnoteで「補稿」が時折公開されていて、これまた面白いんです。

よそ様の介護のすったもんだを「面白い」とか言っちゃって申し訳ないのだけれど、どこをどう読んでも面白いから仕方ない。

介護って、苦しく暗く悲しいイメージが多いけど、笑っちゃうことも沢山あるんだと思います。
冷静な目線で感じて、センスある言葉で表現すると、こんなにも面白おかしいものなのか、とはっとします。

この週末は、実家に戻りませんでした。
母に「大丈夫。頼みたい用事もないし、元気だから来なくて良い」と、珍しく自信満々に告げられたのでね。

最近の母はとても元気に頑張ってます。
暑いけど近所のスーパーにも買い物に行けるようになったし、庭仕事も毎日少しづつやれている。勿論、デイケアも休まずに通っています。
何よりも今、精神状態がとても落ち着いている。

父が亡くなってから暫くの間…まさに去年の今ごろのことまでは、実はぼんやりとしか覚えていないそうです。

幻視に苦しんだり夢見が悪かったりしてたけど、それも最近は「自分の脳が見せているんだから怖がる必要ないんだ」と自覚し、あまり落ち込まなくなってきました。80歳過ぎて急に一人暮らしだもん、そりゃストレス溜まっておかしくもなるわー、と自分で笑ったりしてます。

時間薬が効いてくるのを待つしかないね、なんていう考え方は実はあまり好きではなかった。
でも。悔しいけど確実に効いている。

時間が経つにつれ、赤みがさしてくる朝顔。

それはきっと私にも効き始めていて、母を過保護に見守らなくても、気持ちがざわつかなくなった気がします。
これまでは、見張るように関わっていないと落ち着かなかった。

もちろんそれは、今、相手が落ち着いているからこその安定なのでしょうし、いつ何時、変わるか分からない。

でもこの落ち着いている隙に、村井さんのように、介護について老親について、冷静に思考できる技を何とかして身に付けたいと思っています。そしたらこのブログでも、少しは面白おかしく書けるようになるのかもしれないよ。

なんてな。

サンマルツァーノ。

さてさて。
ウチのベランダのトマトが、第2開花期を迎えております。
まだ暑いから、あまり着果しないかもしれないけど、季節は着々と秋に向かって動いています。

ちょっと涼しくなってきたら、また、うどん粉病やサビダニの心配をしないといけませんが、それでも新しい芽は見ていても清々しいね。

サンマルツァーノ、第2期開花期。

今度は闇落ちさせないぞ!と。

蕾の数自体は割とあるので、今回は水切れ要注意で、闇落ち(尻腐れ)させないように、気を使ってまいりましょう。
少し葉掻きをして、水分蒸発量を少なくしてやろうと思います。

それとね。今年は作物少なくて寂しいベランダなのですが、予想外のものが順調に育っております。
ちょっと嬉しい。これよ。何だと思う?

1本だけ大きくなりました。

つぼみができたーーーー!

野菜ではないけれど、まさか育つとは思っていなかった、トルコキキョウです。
なんと。蕾がつきました!しかも水耕で!

あの1mmにも満たない芽がこんなに大きくなるなんて。
時間の経過って凄い。

開花したらこれまでの経過を振り返ってみようと思ってます。お楽しみにー!

Posted on 8月 30, 2021 at 12:50 pm by Naomi / 4 Comments

ネオ盆

大友克洋の『AKIRA』の舞台は、2019年のネオ東京。
翌年2020年にオリンピック開催を控え…というまるで予言のようなSFコミックの連載が始まったのは1982年だそうです。

その頃はまだ高校生だったから、お盆はお墓参りに行って、親戚が集まって賑やかに食卓を囲んだ時代。

今年のお盆はずっと雨でした。

私の実家では、迎え盆は13日の午前中、手持ち提灯を持って墓参りし、お墓でロウソクに炎を灯して家まで持ち帰ります。
そしてそのロウソクを仏壇に置き、線香を手向けてご先祖さまをお迎えします。

送り盆は16日の午後、今度は仏壇のロウソクを手持ち提灯でお墓まで運び、線香を手向けてご先祖さまをお送りします。
つまり、往きと帰りの2回、ロウソクの炎を運ぶの。

そして提灯の炎は、ご先祖様が迷ってしまうから、絶対に消さないようにせねばなりません。
お墓までは500m。歩いて5〜6分。
でもね、結構消えるのよー提灯の中でも。

子供の頃、このイベントが怖くて嫌で仕方ありませんでしたが、何故か「おまえが持って行きなさい」と、いつも提灯を持たされてた記憶があります。

そして今年は、このコロナ禍。おまけに悪天候。
線状降水帯の豪雨で、お盆どころではなかったかたも多いと思います。
神奈川に住む妹家族も、まだワクチン接種が終っていない家族がいるので帰省を見送りました。ということは、車も無し。

私と、シニアカーを押して行くという母84歳のみで、何とかお盆のイベントをこなさなくてはなりません。

っていうか、お盆なんて生きてる人のためにあるんだから、できる範囲で好きにやれば良いじゃん、と思うのです。
コロナ禍以前の世界には、もう暫く戻ることはないのではないかと思っているので、新しい生活様式と同じように、新しい季節のイベント様式も模索して行く必要があるんじゃなかろうか。
ネオ盆。シン・盆(新盆)は去年やったので、今年からはネオ盆。

というわけで、こうしました。

提灯に刺せる小ぶりのLEDロウソク。

LEDロウソク(笑)
これなら雨でも暴風でも消えないし、提灯を燃やす心配もございません。何なら提灯ごと自転車のカゴに入れても大丈夫。

あまりにも雨風が強かったら都会風に、玄関前で迎え火だけ炊くようにしようと思っていましたが、やっぱりお墓に行かないと落ち着かないと言う母に雨合羽を着させて、小雨の中、墓参りに行きました。
あまりにも急激な変化は不安になって、母は夢見が悪くなったりするから、ギリギリの所で折り合いをつけます。
当の母も「別にお墓にお父さんが居るわけじゃないけど。」とぼやきつつも、頑張った満足感はたっぷり味わえた様子。

妹家族には、仏壇&盆棚の写真をLINEで送ってリモート参りをしてもらい、近況をご先祖様にご報告。
16日にお墓にこれまたLEDロウソクでお送りして、無事にネオ盆を終了。

静かなお盆も良いもんだ。

でもね、田舎はこれで終わりじゃないんだよ…。
来週月曜日には、菩提寺で施餓鬼(せがき)会というイベントがあって、新しい塔婆ができあがるので、それをまたお墓にもって行かねばならんのです。

なんでこんなにお墓ばっかり行ってるのよ(笑)
これこそ不要不急だと思うんだけど。
コロナ禍の2時間半の電車移動はかなり気も使うし緊張する。なのに何故だ…。
ご先祖様のために命を削るみたいで、何かモヤっとする。

墓を閉じてしまう人の気持ちがとてもよくわかる。
それは信仰心は関係ない、物理的にイベントがこなせなくなっていく中で出した結論なんだよね。

庭のあちこちに咲く高砂ユリ。

私もコロナワクチンの2回目接種から2週間が経ち、多分、体内に抗体が出来上がってきたであろう状態になりました。
しかしながら、感染拡大が止まりません。東京は人出もそれほど減った感じはなく、まだまだ油断はできません。

ワクチンを打った人も、しっかりと不織布マスクと手洗い・三密回避で自衛して行かないと、大変なことになりそうよ。

どうか皆様もご自愛ください。ご安全にね。

Posted on 8月 18, 2021 at 9:54 am by Naomi / 4 Comments