« 4月 2021 5月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

西向き極小のベランダガーデニング。 初心者ならではの失敗とチャレンジの記録です。

あっという間に園芸ハイシーズンになりましたね。
今年は暖かくなるのがやっぱり早い。街中の藤の花もすでに満開ですもんね。

藤の花が今年は早いね。

実家ではオオデマリとツツジの咲き始め。

実家の庭木も梅が終わり、椿やモクレンが終わり、これからの季節はオオデマリやツツジ、ライラックが楽しめます。
楽しめます、ってか、大変なのよ。掃除がね。

花がらの掃除が大変…

椿の時も落ちた大量の花びらの掃除を、良くまぁ頑張れるな〜と母を尊敬しましたが、週末に手伝うだけでも結構大変。
でも放置しておくと腐って滑りやすくなってしまうから、地道に掃除。
庭に憧れるけど、庭って保守が大変だよね、と改めて思う今日この頃です。

実家は父の好みの和風の庭。

最近気がついた母の口癖が「花屋敷の婆さん」、なんですよ。
花屋敷の婆さんはどうしようもねぇなぁーってご近所さんに笑われるかな?とか、花屋敷の婆さんはいつまで経っても死なねぇなーって言われちゃう。とか。

そんなに花咲いてないんですけどね(笑)
自分のことを「花屋敷の婆さん」って呼ぶんです。
きっと自分の目指すべき姿が「花屋敷の婆さん」なんだと思います。

「ずっと前、NHKで外国の、花屋敷のおばあさんの話をやってた」とうっとりしてましたが(多分、ターシャ・テューダーさんの事と思われます)
父は端正な和風の庭が好きだったけど、母は、庭一杯に咲き乱れる花と共に暮らしたいんでしょうね。

私は基本的には食べられない植物に興味はなかったんで、花物の知識は皆無です。
特に宿根草は全くの手探り。最近はシンビジウムやクリスマス・カクタス(シャコバサボテン)の植え替えしたり、スプレーマムの株分けしたりと、花物を色々と都度勉強しながら対応しておりますが、まぁーーやること多くて参っちゃう。

たぶん母は、花咲く庭でせっせと土いじりする娘と穏やかな時間を過ごす…そんな感じに憧れてるんでしょうけれども。

小さかった菊苗も大きくなった!

けどなぁ、実際は毎週末、通院だ買い物だ掃除だゴミの整理だでバタバタ過ごすので精いっぱい。
庭仕事だって、必要最低限をパパッとこなすだけになっちゃう。正直、結構しんどい。

今週もパパッとこなすだけこなしてきたのは、こちらです。どん。

母、水切れを恐れて、ちょっと徒長させましたけど。

アーチにネットを張り、夏野菜定植。

東京で発根させて、育苗を母に任せたトマトと、実家で種まきしたキュウリ。
1ヶ月以上も丁寧に面倒を見てくれて、結構大きくなりました。
私的にはもうちょっと根っこが増えるまで定植は待ちたかったんですけど、来週の初夏のようなお天気では、水切れが心配!と訴えられて、仕方なく定植。

ほんと、心配ばっかりしてる。年寄りってさ。

両サイドにトマト、中央にキュウリ。

南は門柱側なので、こっちにキュウリは生るんだろうな。

帰りのバスが来るまでの間に急いで植え付けたら、根っこの少なさを見て今度は「あれっ!Naomiの言う通りちょっと早かった!どうしよう、枯れちゃったらどうしよう!」と、新たな心配事が増幅(笑)

ウチの母は、昔から失敗にくよくよと落ち込むタイプでかなり面倒くさい。
それが年齢とともに重症化してきたようで、「失敗したらどうしよう」という不安がとても大きいみたい。
私なんて、成功するほうが稀よ?失敗してもどうって事ないよ?ってなだめても、なかなか納得してもらえません。
良いよ。もし枯れちゃったら一緒に苗を買いに行きましょう。それはそれで楽しいよ、と諭して家を出ました。

今週後半は母のコロナワクチン接種の申し込みの件があったりして、また実家へ移動せねばならないのだけど、東京は緊急事態宣言が発令されそうです。どうなることやら。

早くワクチンが広まることを祈るしかないですが、
みな様におかれましても、じっかり自衛して、健やかにお過ごしください。

Posted on 4月 19, 2021 at 4:50 pm by Naomi / 4 Comments

年度末

3月は色んなことがあって、1年のうちで一番落ち着かない月です。

11日は、東日本大震災から10年目の日でした。
私は直接、あの震災で知り合いを亡くした訳ではないのだけれど、それでも、
あの時の映像や音声、写真、文字だけのニューステキストであっても、見るとやはり心がざわめいてしまいます。

もう大分散ってしまったけど今年も沢山生りそう

そして18日は父の命日。
今年は1周忌のため、昨日13日土曜日、私たち夫婦と妹家族が集まり、慎ましやかに法要を執り行いました。

本当は1周忌は、親戚も呼びたかったんだけど、Covid-19がまだ落ち着いていないので断念しました。
高齢の人たちを呼ぶのはリスクが高過ぎますもんね。
せめてワクチン接種が終っていたら良かったんだけどな…。とても残念。

当日は朝から大荒れのお天気だったけれど、法要の直前から雨が止み、お墓参りが済むまで傘の出番もなく済みました。
帰ってきた途端に雨ザーザーで雷も鳴りだしたので、これはお父さん、神通力ゲットしたのかもねと皆で大笑い。

奇跡的に雨が止んだ!

家での簡単な会食の前に母が、
「私ももう泣くことが減ったから大丈夫。その分の涙雨だと思って、お天気悪いけど許してね」と挨拶。
我が母ながら、何とも可愛らしかったです。

泣いていないわけではありません。長い時間、仏壇の前で物思いにふけていることもあります。
それでも皆に心配を掛けないように踏ん張る母に、心からエールを送りたい。

1年間、私も母も家族もみな、良く頑張ったと思う。
毎月の月命日の墓参りも良く頑張った。気分的は何かどこか、一区切りついた気がします。
3月は何かと区切りの月でもありますな。まさに公私共に年度末。

まだまだ3月中は、仕事もアホみたいに忙しいしお彼岸もあるしがっつり忙しいんですけどね。
(コロナ対策でまた今年も確定申告の期限が延びてくれて、ものすご助かってます)
でも今年は、桜の花を愛でる時間ぐらい、作ろうと思ってます。桜吹雪の中で、自分一人の「打ち上げ」を、心の中でやりたいな。

さて。実家の育苗状況ですがね。

今、母が育ててるのは中玉トマト。
これは、私が東京で発根させたヤツを持っていき、ポリポットに埋めて、陽当たりの良い窓辺で母が管理しております。
夜は室内でも寒いから、食器洗いカゴのフタをかぶせたりしてるみたい。

マメに移動したりフタをかぶせたりしっかり管理できてます。

シンディスイートは本葉がでてます。

その甲斐あって、すくすく育って本葉もしっかり出てきてます。昨日は写真を撮るのも忘れちゃって、これは先週の写真ですけど、徒長する事もなく、加温なしでも発根させしてれば、トマトは問題なく育苗できますね。

東京から催芽した種だけを持っていく方法だと、大量に運べるし、電車での移動もとても楽。
キュウリも実家で育てる予定なので、そちらもそろそろ発根させようかなと思ってます。
ただ…キュウリは双葉も大きいから、タイミングが難しいね。帰る2晩前から加温して、催芽しなくても持っていっちゃおうかな。

発根は東京で。

催芽した種だけ持っていきました。

その他、試しに…と思って、こんな事もやってみてますよ。
昔使ってた小さなペット用ヒーターを実家に持っていき、発芽温度20℃の花の種を発芽させる練習です。

玄関に発芽コーナー作りました。

カバー無しだけど、23℃あるので使えそう。

撒いたのはアスター。
ケースに入れちゃうと大げさになっちゃうから、水切りカゴを乗せただけの簡易版ですが、地温23℃にはなるので、そこそこ発芽するんじゃないかな。

ウチにはペットがいないけど、こういう小さな生命の面倒を見る事は、高齢者にとっては、というか高齢者じゃなくても「朝起きる励み」になるみたいで、毎朝の変化を楽しみにしてるようです。苗購入も楽しいけど、やっぱり種まきは人生を豊かにする、と改めて思いました。

Posted on 3月 14, 2021 at 6:51 pm by Naomi / 4 Comments

先週末、東北を中心とする大きな地震がありました。

東京もそこそこ揺れはしましたが、咄嗟にスマホで確認した震源地情報に「福島県沖」の文字を見たとき、激しい動悸を覚えました。

幸い津波の心配はなくホッとしましたけど、10年経った今でも、自分にとってもあの震災は大きな恐怖だったのだと痛感。

でもその10年の間、皆ただただ怯えていたのではなく、次に大きな地震があっても困る事のないよう、淡々と頑張ってきたのだと思います。
震度6を越える地震があっても、大きな2次災害がなく、普段通りの生活が出来てるって凄いことだよね。
各所で停電があったけれど復旧は早かったし、新幹線が止まっているけど、迂回すべく他路線が臨時列車を出して早々にフォロー。
日本って凄いなぁと思う。

私は東京におりましたが、ちょうど実家には妹家族が泊まっていてくれたし、郡山の義実家は落下物が多くて片づけが大変だけど、怪我はなかったようです。

きっと3月11日付近には、煽るような報道番組が増えるんでしょうけど、そんなお祭りの影で後ろで、たくさんの人が皆の暮らしを支えていて、そして皆もしっかり生きている、ということを心に刻みたいと思います。
そういう10年だったんだと思います。

東京も梅が咲き出してます。

さてね。中玉トマトをどうするか、ですよ。いきなりですけど。

三寒四温のこの季節になると、種まき病がうずき出すんです。
オリンピックがどうなるのか、全く見えてきていませんが、今年のベランダ水耕トマトはサンマルツァーノだけと決めています。
でもこれ苗が手に入りにくいので、やっぱり種まきはしなくちゃいけない。
そうか、どうせ種まきするのなら、実家の三二菜園で育てるトマトは、育苗から母にやらせてみようかな…なんていう欲がふつふつと涌いてきまして。

実家の近くには、小規模のホームセンターと小さな種苗店があって、春になれば何とか苗は買えるのだけど、トマトに関して言えば、ミニと大玉の品種は潤沢でも、中玉トマトは選べるほど無いの。今年は地植えだから大玉も楽しそうだけど、一人暮らしの母は、大玉だと食べ切れないのよね。
かといって、ミニトマトは収穫管理が大変。

私が自分の為に選ぶなら、エアルームから選ぶと思うんだけど、母は変わった色とか形の野菜はあまり食指が進まないみたいなので、普通に真っ赤な中玉トマトで何か適した品種はないかしら〜と検索するも、今年はあんまりときめくような新品種も出てないね。

私が水耕で育てた中玉だと、まずは、サカタのシンディースイート。初めて育てたのが2009年でした。我が家の重鎮、10年選手。
これはとても旺盛に育って、甘くて美味しい中玉トマトです。
けど、蔓のように背丈がどんどん伸びてしまって収集がつかなくなるのが難点。
緑のカーテンではなくて、地植で支柱を立てて芯止めして…という方法だと、どれくらい収穫できるのでしょう?

シンディースイート。写真は2019年栽培。

去年と一昨年は、Mr.浅野のけっさくでした。ウチでは大きめのミニトマトサイズにしかならなかったけど、甘味と食味はピカイチ。
実家のコンテナ栽培ではあまり沢山は収穫できなかったけど、亡くなった父も美味しいと絶賛した中玉です。コンテナでは水切れが頻繁だったけど、地植えならもっと楽に育つかもしれません。
難点は茎が硬くて折れやすいところよね。誘引が大の苦手な母にはちと難しいかな…。

Mr.浅野のけっさく。2019年・2020年栽培。

育てやすさはレッドオーレが一番でしょうかねー、育ち方も実割れの少なさも優等生。これは実家でも栽培して、そこそこ収穫出来た記憶があります。
でも、水耕に比べると、あまり甘味が出なかったのよね…。ましてや母は、完熟前にまち切れずに収穫してしまうタイプだから、酸っぱい酸っぱいと言って食べてました。魅力半減よね…。

レッドオーレ。2018年栽培。

どの品種も一長一短ではありますが、悩んだ揚げ句、今年は実家で育てた事が無い「シンディースイート」にチャレンジしてみようと思います。
シンディースイートは10年以上の付き合いだけど、土での栽培は未知数ですから、ちょっとドキドキです。
しっかり摘芯して、地植えならではの美味しさが出ると良いなぁ。

催芽までは加温するので東京で。25℃〜30℃で管理。

例年は東京でしっかり苗を作ってから持っていっていましたが、今年は催芽(発根)したらそのまま種だけを実家に持っていって、母と一緒にポリポットに埋めようと思っています。催芽さえすれば、陽当たりの良い窓辺なら加温なしで行けそうなので、植え付けるまでの苗は、母に管理してもらうつもりです。

留守がちで陽当たりの悪い東京にあるよりも、実家にあるほうが多分良く育つんじゃないかしら。
何より、母の「しごと」がある事が大事だし、育苗に慣れてもらうのにはトマトは最適。丈夫だもんね。

負担になり過ぎないように工夫して、初育苗を楽しんでもらおうと思います。
慣れたら好きな花苗の育苗も出来るようになるし、楽しみが増えるかもしれません。

今、ベランダにあるのは、ビオラとアスターだけ。

ちなみに今、東京のウチのベランダにあるのは何故か花苗だけ、という珍しい状況です。
お陰ですっかりヒヨドリも来なくなりましたので、我が家もそろそろ始動ですかね。
10年もの間、この三寒四温の季節を、毎年同じように種まきで迎えてきたんだなぁ。

でもね!今年は育苗も省力化を目指しますよ、請うご期待!

Posted on 2月 16, 2021 at 3:26 pm by Naomi / 4 Comments