« 4月 2018 5月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

西向き極小のベランダガーデニング。 初心者ならではの失敗とチャレンジの記録です。

寒かったり暑かったりで、もはや今、季節が何なのか分からなくなっております。
あーー、今年のベランダ菜園はかなり出遅れちゃったな、焦るなぁ…なんて思ってたけれど、
良く考えたらまだ5月半ばじゃないですか。
焦ることないんだわ。1ヶ月ぐらい先走った感覚でしたよ。

万願寺、咲き始めました。

さて。前前回はサビダニの襲来で瀕死のトマトたちの様子をレポートしましたが、あれから2週間。
その後、どうなったかと申しますと…。

サンマルツァーノF2。蕾出てます。

じゃーん。大丈夫だった!
殆どの苗が無事に生き残りまして、今、一生懸命に復活しております!
良かった。よくぞ耐えてくれた!
しっかり薬(コロマイト)で対処した甲斐がありました、もー死ぬかと思ったよ。

サンマルツァーノのF2なんて、しっかりとした蕾が見えてきてます。これが一番早く開花しそうです。

レッドオーレも蕾が出ました。

ちょっと貧弱だった中玉レッドオーレも、綺麗な成長点になりました。
一度痛んだ葉はもう元には戻らないけど、これなら今後の成長は問題ないでしょうな。蕾も出てきたので、この調子で予防対策を続けていこうと思います!
もう二度と、あんなツライ思いはさせないからね!

何とか持ちこたえたp(´∇`)q

瀕死だったKUMATOとミニトマトの「プチぷよ」も何とか生存しております。
気のせいかもしれないですが、ダニ対策してやったら根の成長も順調になったような。これらも近々定植予定です。
良かったわー。ここから挽回して、ぐぐぐいっと大きく育っておくれ。

クオールディブエ、残念…。

ただ1株、大玉のクオールディブエは残念ながら撤収となりました。
根が元気だと、全部枯れても根元から新しい芽が出てくることもあるのですが、これはもうダメっぽいです。
根も弱々しかったからねぇ…。

クオールディブエはこの1株しかなかったので、今年は残念ながらオアズケとなってしましました。
諦めきれずに種播くかもしれないけれど。
何てったって、まだ5月ですから(笑)

少しずつ、ベランダの緑の面積が増えてきています。
もう少し何か種蒔きして、さらに賑やかに夏を待とうと思います。

そういうわけで、「史上最低のベランダ菜園」シリーズは呆気なく終了です。

緑が増えましたー。

ところでね。
GW終わりに体調を崩し蕁麻疹でちゃったんですが、実はまだ少し、不調を引摺っております。
あれからずっと「体に優しい食生活」を送っておりまして、お陰で内臓疲労はすっかり回復した(気がする)んですけども、相変わらず蕁麻疹が出現しちゃうんですよ。

気付かない所でストレス貯めていたりするんでしょうね。
また慢性化なんてことになったら大変なので、これを機に、ガツガツバタバタした暮らしを少し見直そうかなーなんて気になってます。

とはいえ、そもそも大雑把でいい加減な性格の私が「丁寧な暮らし」とかナチュラルスローライフとかそういうオシャレな生活は到底無理。
無理ですけど、せめて年齢相応に自分をいたわったり、もう少し気持ちにゆとりをもたせられたら良いな、と思ったわけですわ。

それでね。
「ゆとり」の形を、まず整えてみたんですよ。

この折畳みチェアーは「ニーチェア」と言って、そこそこ有名なイスなんですけど、もう数年前に座面の帆布がちぎれてしまって、ずっと仕舞い込んだままだったの。

帆布がちぎれてしまったニーチェア。

とてもシンプルな作りで、帆布の座面の中にパイプが通っているだけの組み立て式。
本当は張り替え用の座面も販売されているのだけれど、ウチにあるのは古いモデルで、どうも今売っているものとサイズが合いそうになかったんです。だから諦めて、そのうち処分しようかと思ってました。

以前はこのイスに座って、ぼんやりとベランダ菜園眺めたりしていて、それはとても良いゆとり時間だった気がするんです。
そういう場所がないと、そういう時間も失われるのでしょうな。

このイスを復活させたらもしかすると、暮らしのリズムが変わるかもしれない…と一念発起。

6号帆布で縫ったった!わーい、復活。

ネットで調べてみると、家庭用ミシンでDIYしたというブログ記事を発見。
そうか、それならば!と、帆布を購入してガガガガガーとミシン踏み踏み。
いつもなら「面倒くさい」と腰が上がらない事が多いんですが、肝臓が元気になったせいか(?)妙な行動力を発揮し、あっさり完成。
どうでしょう?パッと見た目は自作に見えない!(自画自賛)

参考にしたブログでは4号帆布(かなり分厚い)で作っていらっしゃいましたが、厚物の扱いに自信が無かったので、私はひと回り薄い6号帆布。6号でもわりとしっかりと良い感じです。元の生地より薄い分、ハンモック感がアップしたかもしれない。

参考にしたのはこちらのサイトです。有難いことにパターン図も掲載してくださっています。

自分だけのカタナをつくる ~ Bike &DIY ~

これであたしの「ゆとり時間」復活よ!ぐふふっ♥
じっくりとベランダを眺める席ができたので、野菜のお手入れも今後は、なおざりにならないと思います!(ホントか?)

Posted on 5月 17, 2018 at 8:52 pm by Naomi / 4 Comments

サビダニ襲来のその後を書こうと思ってたんですが、雨風が強いので、GW後半戦のお話を。

前半は福島県の郡山市、旦那の実家に帰省しておりましたが、後半は自分の実家に一人で帰省しておりました。
毎年恒例の手土産を持って。

手土産はコレ。

もう何年になるだろう。冬に夏野菜を種蒔きするときに、実家用のトマトなども少し蒔くんです。
私は水耕栽培だけど実家は普通にプランター栽培なので、普通に土で育苗して、ゴールデンウィークに持っていきます。
そんで、親子で植え付けるのよ。
何かの儀式みたいに、毎年やってるんですよ。

これは親子共通の話題作りにとても役に立っていて、春先から、やれ土作りはどうするだの肥料は何が良いだの、父と母と娘でことあるごとにガヤガヤと盛り上がるんです。

中身は土栽培の実家用の苗たち。

(しっかし、何故か、土栽培の苗はサビダニつかなかったのよねぇ。表皮がしっかりしてるからか…?)

スペースはちょっとしか無いけど。

実家の野菜スペースは、プランターが5個ほど。元々は父も母も野菜には無縁で、青じそが庭にあったぐらいだったけど、今では毎年、何かしら育てております。
夏野菜ももちろんだけど、冬も春菊やらホウレンソウやら、自分で種蒔きしたりもしているようです。

CFプチぷよと、レッドオーレ。

今年のトマトは、皮の食感も良さそうな「CFプチぷよ」と、中玉のレッドオーレ。
窒素過多なのか、大玉はいつも尻腐れさせてしまうので、今年は中玉にしました。
それも皮の薄そうなヤツ。
もう入れ歯だから、トマトの皮が硬いと噛み切れないんですってさ。

去年からお気に入りのキュウリ。

それから、去年大豊作で、今年は株数を増やしたい!とやる気満々のキュウリも持参。
長く栽培できるように種も持っていき、株が疲れてくる前に交代苗を作ることを提案してみました。
上手くできるだろうか。楽しみです。

ナスは近所で購入した苗。立派…。

今年はナスはウチでは良い苗が育たなかったのですが、「近所の種屋さんに、すんごい良いナスがある!」と、母が購入しておりました。
確かに。すんごい逞しい苗…。持参しなくて良かったわww

無事に植え付けを終え、飲んだり食べたり、終始はしゃいでいたゴールデンウイーク。
最終日に、あれー?ちょっと疲れちゃったな、動きたくないなー、と思ってたら…

10年ぶりのまさかの蕁麻疹フィーバー!(´;ω;`)

暴飲暴食で、肝臓も疲れちゃったんでしょうか。
また慢性化しないようにと、超ーーー摂生していかなければなりません (´;ω;`)

ついでだから、ダイエットでもやったろかいな。

そんなわけで、サビダニその後はまた次回にご報告しまーす!

Posted on 5月 9, 2018 at 9:34 am by Naomi / 4 Comments

郡山へ帰省してました。

ゴールデンウイーク前半は、ダンナさんの実家、福島県郡山市に帰省しておりました。
いつもの年なら福島は今がちょうど桜の季節なんですが、暖かい日が続いた今年は、もうすっかり葉桜になっておりました。

八重桜、かわええ♥

藤はまだ咲き始め。

それでも東京よりは少しゆっくり季節が進んでいるようで、八重桜がちょうど見頃でしたし、藤の花も咲きはじめの可愛らしい姿を楽しめました。
いつも思うんだけど、福島の春って、やたらカラフルに感じます。
東京だって街路樹のツツジがあちこちにあるけど、福島はこと、街中に花が多い感じがします。気のせいかな。

さて。毎年のことですが、ゴールデンウイークに数日家を空けるときは、こうやって、野菜苗をお風呂場にしまっていくんです。
外に出していくと水切れが心配だし、部屋の中では地震で倒れたりすると大惨事だし。

暗いお風呂場で少しの間お留守番してもらうのが恒例だったんです。
今年も勿論、そうやって家を空けたのですが…。

お留守番よろしくね。

3日間留守にしただけだったのに。
帰ってきてびっくらこきました。
見てこれ。

ぎゃーーーーーっ!!

生長点から焦げるように枯れております(´;ω;`)
3ヶ月間頑張って育てたのにぃ(´;ω;`)

そう。

これはサビダニ!!

見つけた。憎っきサビダニめ!!

ちょっと前に水耕栽培の師匠duckbill氏のブログで「100円のスマホ用マクロレンズが凄いゾ!」という記事を読んでいたので、早速近所の100均にダッシュし、撮った写真が上の写真。
中央の白い涙型みたいなの、あれがサビダニだと思います。

くっそー。

ここ数年は被害がほとんど無かったので完ぺきに油断していました。
今年は気温が高いからダニは気をつけなくちゃね、なんて前回の記事で書いていたのに。

バカなのか。バカなんだな。

旅行に出る前に予防しておけば良かった…なんて後の祭り。

さて。どうしようかねぇ。
サビダニはしっかり駆除しないと、いずれは枯死しちゃいますからねぇ。
潔く諦めて、苗を購入してくるってのもひとつの選択肢なんですが。

根っこが勿体ないよねぇ。

地上部は酷く食害されて弱ってしまったけれど、折角育ってきた根っこが勿体ないと思ってしまったので、一先ずは駆除することにしました。

ここまで食害あるときはね、もうこれでないと駆除は無理。お久しぶりです、コロマイト先生。
葉の裏も表も茎も、ガッツリ散布して徹底駆除よ!

 

ちなみに、コロマイトはトマトの場合、2回までしか使えないの。
だからコロマイト散布後は、アーリーセーフを小まめに散布して再発を防止していく地道な作戦でいこうと思います。
アーリーセーフはうどん粉病対策でも毎年使うのですが、トマトサビダニにも適用があるのですわ。
ただ、本当にマメに使わないと全然効かないけどね。
そのかわり、こちらは散布回数の制限はございません。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【住友化学園芸】アーリーセーフ 100ml【10P03Sep16】
価格:820円(税込、送料別) (2018/5/2時点)

 

全てがずぶぬれになるぐらいコロマイトを播いたので、もし苗に体力があれば、そのうち側枝が出てくるんじゃないかと思います。
考えてみたらまだ5月が始まったばかりだし。

と、言うわけで。
花粉だらけのビニールカーテンを洗い、新しい麻ネットを張って、シーズン開始でございます!

史上最低なボロボロ苗で!ww

麻ネット貼ります!

定植完了 (  ̄^ ̄)ゞ

うーん…大丈夫な感じが全くしないけど。(笑)
見窄らしいなぁ。
サビダニで弱るとうどん粉病にもかかりやすくなる気がするので、ホント、気を引き締めてお世話しなくちゃ。

どうなるこちやら。

2018年、シーズンインのベランダは、このようにボロボロ苗の並ぶ目も当てられないスタートとなりました。
どうなるのかなー?
自分でもちょっと楽しみになってきました(笑)
「史上最低のベランダ菜園」シリーズ、今後もどうぞお楽しみに!!

Posted on 5月 2, 2018 at 3:58 pm by Naomi / 10 Comments