« 12月 2017 1月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

西向き極小のベランダガーデニング。 初心者ならではの失敗とチャレンジの記録です。

昨日発芽しました。大玉トマトの「ルネッサンス」です。

大玉トマト「ルネッサンス」。かわいーー!

催芽開始が1月13日、発根が1月16日、発芽が1月21日です。
発根から発芽までは加温をしていませんが、大体4日ぐらいで小さな芽が出てくれてます。
可愛いですね、双葉って本当にいじらしいわ。

種まき。

本場が出てくるまでは、小さなセルトレイで育てます。
シニアなお目々なので、キッチンペーパーから種を剥すなんていう、繊細な作業は遠慮しておきました。
そのまま埋めちゃった。これは楽で良いわー。
1粒づつ切り離して催芽しておいて正解でした。

あまり肥料が豊富でないものを。

このところ暫くは、この挿し芽・種まき培養土を使って育苗しています。
自家製の再生土は消毒もしていないし、毎度ナス科ばかり育てているので、住んでる微生物も多分偏っていると思うのよ。
なので、新しく買った、種まき専用土を使っております。

あんまり多肥ではないほうが、徒長も防止になるかなーとも思います。

覆土は重たい「砂」

覆土は「川砂」を使っています。
何となくですが、少し重たい掛け布団のほうが、しっかりした芽に育ちそうな気がして。
それと、どこに種まきしたのが忘れてしまうお馬鹿さんでも、この違いがあれば迷わないしね。
発根した順番に埋めていくので、忘れちゃうのよねー、折角セルトレイなのに2つ生えてきちゃったりするんだもの。

さて。今後は温度と水分の管理になっていく訳ですが。

温度のほうは、今年から、特に何もやらないことにしたんです。
というのも我が家はリビングと寝室が続き間で、1つのエアコンしかないんですが、今年はこれを最低温度で夜間も動かしてるんです。夜は14度です。
気密性の高いマンションなので、余程寒い日でない限り、ほぼアイドリング状態が続くみたい。
タイマーでゴーっと一気に暖めるより電気代が安くなってるようなんですよねぇ…。

(何故もっと早くに気付かなかったのか、勿体ないことをしていたなぁー。)

LEDライトがあるだけで、加温無し。

なので、夜間も14度以下にならないし、日中はそれこそ、お日さま当たれば栽培棚は25度ぐらい。
リビングの目立つところで育苗してるってのはインテリア的には問題あるでしょうけれど (^-^; 特にオサレな家って訳でも無いから、良いんだ、これで。
異変があれば、家人も気付いてくれるしさ。

すんぐりとした「良い苗」に育っておくれ!
「苗半作」を心に刻んで、頑張るぞい。

保存

保存

Posted on 1月 22, 2017 at 6:06 pm by Naomi / 2 Comments

お寒うございます。
わたくしはすっかり靴下の2枚履きが定着してしまいました。
こういうのって一旦始めると、春までもう、元には戻せないんですよねぇ。何故でしょうねぇ?

ビオラ。2株しか育たなかった…

さて。先週末13日の一粒万倍日に、夏野菜の催芽を開始いたしましてね。
去年よりはかなり早いんですが、
やっぱり、茄子やピーマンは育苗に時間がかかるし、大玉トマトもウチは花房着くのが遅いですし。

それより何より…
例えば上のビオラなんて、30粒ぐらい蒔いてポリポットも5つあったのに、結局残ったのはこの1鉢だけなの。

そうなの。育苗が下手なの。
だから蒔き直しのことも考えると、この時期に始めるのがよろしいかと。

先ずはナス科から。

種まきの順序としては、まずはナス科です。
特に茄子やピーマンは、定植できるサイズになるまでに時間もかかるので、真っ先にスタートさせたいところでございます。
とりあえず、第1段は以下の通り。

  • 万願寺唐辛子
  • 西洋早生ピーマン
  • 茄子「とげなしラクロ」
  • トマト サンマルツァーノ
  • トマト ルネッサンス

その後、中玉やミニトマト、ウリ科と進んでいく予定です。

培地は、湿らせたキッチンペーパーです。

種まきと言っても、まず最初は「催芽」といって、発根だけさせる方法をとっております。
発根した種を土に埋めて発芽させると管理が楽なんですわ。そんなに加温しなくてもちゃんと芽が出るから。

その代わり、催芽中はヒーターでしっかり温度管理して、種のお目覚めの手助けをします。

…あ。なんか珍しく可愛らしいこと言ったわね、今ワタシ。(笑)

ともかく、いきなり土に蒔くんじゃなくて、湿らせたキッチンペーパーに種を置くわけですよ。

少し空気も入れておきます

そして、小さなジップ袋にいれて、空気を少し入れておきます。
空気が必要です。空気抜いちゃダメ。

去年までは、大きく切った1枚のキッチンペーパーに、6粒ぐらいをまとめて蒔いていたんですが、今年は1粒づつ切り離すようにしました。
細かい作業が面倒ですが、このほうが種をとり出すとき、根を傷つけずに済みそうなので。
ペーパーが剥がれなかったら、一緒に埋めちゃえばOKだしね。

25度でキープ。

この袋を、日光が透らない缶に入れて、爬虫類用のミニヒーターの上に置きます。
温度は25度前後でキープできるように調整しています。
一応、温度計も一緒に入れて、目視で確認できるようにしております。あんまり見てないけど。

早ければ3日ぐらいで発根するんですが、袋が小さいからすぐに空気が無くなってしまうようなので、毎朝、空気量とペーパーの湿り気をチェックします。
長いものは10日ぐらいかかったりもしますんで、種がカビていないかどうかも、目視でチェックしたほうが良いですね。
トマトよりはピーマン系のほうが高い温度を必要とするようなので、様子を見ながら今後、温度調整していきます。

今年こそは新しい育苗マシーンなどを製作し…と思ってたんですが、結局は毎年同じ方法になってますな。

発根開始!調子イイ!

本日、大玉トマト「ルネッサンス」が、100%発芽率で赤缶卒業でございます!
ここまで根っこが出ちゃったら、もうどんなに寒くたって、引っ込められないだろうよ、がははは!

先ほどは可愛らしく「お目覚めのお手伝い」なんて言ってましたが、まぁ、催芽させるってそういうことです。

発根した種はセルトレイに埋めて、今後は土で発芽に挑んでいただきますよ。
水耕用の苗も、私は土のポリポットで育てます。本当はスポンジか何かに蒔いてそのまま水耕苗にすれば楽なんですが…

そうだよ、下手だからだよ。何度も言わせないでちょうだい。

割と好調なスタートが切れたような2017催芽祭り、じゃんじゃんいくよ!
まだまだ蒔くよ!

Posted on 1月 17, 2017 at 1:10 pm by Naomi / 6 Comments

ぴゃー、寒い寒い。
ここのところ、東京も痺れる寒さでございまして、最低気温がマイナス2度とか。
まぁ1月20日が大寒ですから、そりゃ寒いのは当たり前なのですが。

13日、催芽開始しました!

そんな寒い中、早くも夏野菜の催芽を開始しましたーヽ(´▽`)/
という記事にしようと思っていた矢先。
ベランダでちょっとした事件が起きましたので、今回はそっちの記事を書きます。

毎年、雪が降るような寒さの前って、食害が酷いんですよ、鳥の。
メジロだったりする事もあるんですが、ガブガブ大食いなのは、ヒヨドリです。

でも今年は、防鳥ネットも張っているし、これまではほぼ無害でした。
やったー!工夫した甲斐があった!と喜んでいたのですが…。

食害が酷いのです…。

ここ数日、こんなに防御しても食害がある。
これは体の小さなメジロかな?メジロだったら仕方ない、防ぎ切れないよなぁ…と、 悶々としていたんです。

それが。

昨日、買い物から帰ってくると、何やらベランダで物音がする。

ばさっ。ばさばさ。
ばさばさばさばさばさばさ、「ギョヒーーーーーーっ(←鳴声)」

え??

え”ーーーーーっ!!何やっとんねん!!

カーテンの隙間から覗くと、なんとヒヨドリ大暴れ。(^-^;
出口を見失って、パニック状態でした。

その後、暫くそっとしておいたら、小さな隙間から上手く脱出してくれてホッとしましたが、
怪我でもされたら大変だったなぁ。

野鳥が嫌いなわけでは無いんですが、野生の生き物は病原菌なんかも持っているだろうし、食べる野菜を育てているので、ベランダにはあんまりウェルカムでは無いです。

こんなに喰ったんか…

寒い時期は鳥だって、命をかけてベランダ野菜に挑んでくるのは解っているつもりなんだけれど、
これほどまでの執念とは。
改めて「スゲーな、野生は。」と思いました。

防除するだけを考えるんじゃなく、怪我をさせないことも少し考えなくては、とも思いました。

完全防御。

何故かヒヨドリにはさっぱり人気のないサンマルツァーノですが、収穫目前なので、ビニール袋で完全防御しました。
ネットぐらいじゃ焼け石に水ですが、ビニール袋は流石に嫌みたいで、かなり効果があるんです。
少しは登熟温度の足しにもなるだろうしね。

流石のマイナス気温で弱った。

もう痛んでしんなりしてしまった枝も多いので、ベランダ作業が出来る気温になったら、
トマトは撤収作業を開始しようと思います。

野生とは上手く付き合って行きたいとは思うけれど、困ったもんだなぁ。
ヒヨドリよ、
もうちょっと遠慮というものを覚えてはくれないだろうか。
そして、お土産の糞は迷惑であると気付いてくれ。頼む。

Posted on 1月 16, 2017 at 10:11 am by Naomi / 6 Comments