« 10月 2018 11月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

西向き極小のベランダガーデニング。 初心者ならではの失敗とチャレンジの記録です。

お寒うございます。
なんていう挨拶を使いたくなるような、手足の冷えを感じる季節になりましたね。
相変わらず、右足の具合は芳しくなく、スポーツの秋に何もせずに冬本番になってしまいました。
このままでは重量級になってしまう!と、一念発起し、今ね、ダイエットしてるんですよ。
最近のダイエットサポートサイトって良く出来ていて感心するんですが、私は「あすけん」ってところに登録して、せっせと毎食の記録をつけています。
足りない栄養素とかグラフで確認できて、すんごい面白いですよ。食べ過ぎるとちゃんと叱られるし。
筋肉量をできるだけキープしながら、無理しない減量が出来ると良いなぁーと思っております。

さて。そんな不動の人にもやさしいベランダ菜園。
種まきも卓上ですから。ほんと、有難いわー。
畑じゃこうはいかないもんね。

今年の催芽グッズ。

予告通り、11月13日の一粒万倍日に、トマトの種蒔きをしました。
例年より2ヶ月前倒しです。ええ、バカですとも。
良いんだよ、こういう実験栽培も大事ですから。

ウチはねぇ、真夏の西日は凄いけど、冬〜春は、本当に陽当たりが足りないのね。
だから普通のスケジュールで育てても、開花までかなり時間が掛かってしまい、収穫が遅くなっちゃうんだな。

4月の開花が目標。そのためには厳寒期育苗で加温が必要になるので、私にはかなりハードルが高い実験です。
上手くできるだろうか。不安だ…。

トマトだけでこんなに溜まっちゃった。

もう10年もベランダ菜園やってると、種が溜まって溜まってどうしようもなくなります。
我が家では少しでも長もちするようにと、種は冷蔵庫で保存しているのですが、いい加減に整理しないといけませんなぁ。
リピート栽培の品種はもう大分固まってきているので、出来心で買った古い種などは、順次処分していかなくては。

さて、来年の品種ですけども。
まず、実家でとても評判の良かった「プチぷよ」は、育苗確定。
でもこれは、土栽培のミニトマトになるので、播種は来年の1月ですな。
あまり大きくしてしまうと移動できなくなるのでね。

実家用ミニトマト「プチぷよ」は1月開始。

中玉ラインは悩みに悩んで、「Mr.浅野のけっさく」を買いました。これは初めての品種なので、播種はやはり、通常通りの1月にしようと思います。
その代わり、懐かしのシンディースイートを実験に使おうと思います。
シンディースイートは、私が最初にベランダ水耕で成功したトマトなのよねー、懐かしいわ。
流石に種は新しく買いましたよ。

中玉は「Mr.浅野のけっさく」をメインに。

大玉は「クオールディブエ」と「サンマルツァーノ」

大玉は不同のツートップ。
もうサンマルツァーノ無しのベランダ菜園なんて、何も育てないのと同じだもん!
だがしかし、今年試したF2でも特に問題なかったので、今回播くのは全て自家採種のF2。2代目の種を使います。

そして今年は上手く育苗できずに涙をのんだ、クオールディブエ。生食トマトの王様だと、私は思ってるんですけどね。
この2つは早速、種まき播きー♥️

そして、種袋の捜索中にふと見つけてしまったものが…

初めて自分で播いたトマト。

さっきの9年前の記事のシンディースイートは、この種袋のものでした。
もう今のパッケージと、デザインも違うんですな。
これ、捨てずに持っていたんだなぁ…。

ひっ…

これは…(笑)流石に発芽は難しいだろうな。
捨てようとしたときに、どこからともなく悪魔の声が。

「発芽率、どんくらいまで下がってるのかねぇ?」

んー。どうせ捨てるんだから、残り全部播いてみちゃうか。

在庫処分。2個ぐらいは発根するかな?

ピルケースに湿らせたキッチンペーパーを敷き、その上に種を並べます。これが我が家の種まき。

正確には「催芽」と言って、この状態で根っこだけを出させます。
根っこが出たら、セルトレイや小さなポリポットに植え付けるという寸法ですよ。

トマトは嫌光性の種子なので、光が当たらないように、お菓子の空き箱で遮光して、ヒーターで暖めながら催芽させます。

お菓子の空き箱で遮光中。

4〜5日は掛かりますかね。

などとノホホンと過ごしていたらば…

ひゃっ!?

まさかの100% 笑

今朝見たら、10年もののシンディースイートが発根率100%で祭り状態。
強いなぁー、トマトってほんと凄い生命力だわ(笑)

クオールディブエもサンマルツァーノも発根を開始。
極寒の真冬より、やっぱり発根しやすいのかもしれないな。

トマトの種を植えたら、次はピーマン&茄子も播いちゃおうかなぁ〜と、目論み中。
バカはまだまだ続く、どこまでも。

Posted on 11月 16, 2018 at 2:18 pm by Naomi / 4 Comments

前回、「次回の記事は多分、“バカと呼ばれても構わない。トマトの種を播きました。”です。」などと締めましたが、
種まきは11月13日(火曜)と14日(水曜)のW一粒万倍日に開始することにしました。

というわけで今日は通常のベランダ報告です。

良いお天気で暑い!

本当はこの週末に、ビニールカーテンを設置しようかと思っていたんですが、旦那氏が留守のため、来週に持ち越し。
東京はお天気良くて、昨日などは暑いぐらいでした。これでビニール被せちゃったら蒸れてウドン粉病発生しそうだし、まぁ良いか。

来週からは最高気温も20度を切ってくるようですから、本格的に冬の準備をしなくては、と思っているのですが…。

まだまだ咲いてるんだなぁ、これが。

相変わらず咲いてるし(笑)

このままビニールカーテンで温室化すると、冬まで咲き続けるのかしらね?
それはそれで良いかもしれないな。冬の朝顔。

前回花盛りで可愛らしかったカイエンペッパーは、しっかり着果してくれまして、初々しい青い実が沢山生っております。
本当に唐辛子系はとても長もちしてくれますな。水耕栽培じゃなくても、鉢植えや移動できるプランターなら、越冬は楽勝だと思います。

次々着果するカイエンペッパー。

万願寺も小降りながら豊作。ありがたや。

久しぶりに茄子も小さな実が出来ました。
この品種、どうも我が家の環境では、あんまり肥大してくれないようで、小茄子サイズで収穫しないと硬くなっちゃう。
来年は違う品種に変更かな。

秋ナスちゃん♪

本日の収穫〜♥️

そんなわけで、本日の収穫です。小さな幸せ。
豚肉といっしょに、ぴりりと辛い中華炒めにでもしましょうかね。

さてさて。11月は種蒔き月間と先に決めていたので、10月のうちに「種蒔きリハビリ」していた葉物野菜。
ルッコラはそろそろ間引き収穫ができそうですね。

なかなか発芽しなかったキク科の野菜なんかも、やっと芽吹いてくれて、ホッとしているところです。

そろそろルッコラも食べられそう。

スティッキオの本葉が出てきました。

スティッキオも、発芽率があまり良くなかったものの、本葉が出始めてきまして。
菜園ブログの「園芸でちょこっと科学」さんにが、スティッキオの記事を書かれてまして、ああ、そういう感じに育つんだー…と、少しイメージが沸いてきてます。
なんかもっといっぱい播いて良かったみたいですね、また追加で播こうかな。
スティッキオは保温をすれば冬でも播けるようなので、引き続きチャレンジしてみようと思います。

さてさて。そんなこんなで、夏の間は物置と化していた栽培棚を掃除しました。
夏野菜の種まきはもう流石に加温が必要なので、ヒーターも出しました。LEDライトも電源オン。

心躍る準備。

100均でこんな可愛らしいピルケースを見つけたので、今年はこれで催芽させようと思います。
色ごとに取り外せるので、温度管理や遮光なんかも自由度高そうでしょ?

これ便利そうです。

さぁ、次の火曜日からは始めますよ!
次回の記事は確実に、「バカと呼ばれても構わない。トマトの種を播きました。」です、お楽しみにー!!

Posted on 11月 11, 2018 at 11:47 am by Naomi / 4 Comments

(タイトルの、誰が乙女じゃ!っていう突っ込みは拒否します)

難儀しているのですよ。
走ったり歩いたり、無茶に使い過ぎたのか、短腓骨筋(足首から小指側にはしる筋肉)を痛めてしまいました。
年齢的に何か痛んでくるのは仕方ありませんから、原因をしっかり理解して、回避できるような運動能力を身につけていこう…とは思っておりますが、いやしかし鬱陶しいもんです。しばらくは理学療法で様子見。お爺ちゃんたちに混ざって、毎日整形外科に通わねばなりませんの。

おまけに、重心を乗せたり無理に曲げないように気を使わなければならず、なんかこう…つい年寄りっぽい動きになっちゃうんだな。
ふと「どっこいしょ」って言っちゃう、よたよたしちゃうのよ(笑)
ダメだよね、気をつけないと雰囲気に飲まれて本当に年寄り臭くなっちゃうわ。

10月もそろそろ終わり。11月からは予定通り「種蒔きチャレンジャー」として出動するんですから、それまでに気持ちをビシッとシャキッと切り替えないといけませんな。

さて。ベランダの夏野菜もそろそろお開きにして、例年通りにビニールハウス化したいところです。
サクッと片づけて…と、ここのところ毎朝思っているのですが…。

今朝のベランダ菜園。

まだ咲くかー。頑張ってる。

小さいながらも、まだ花を咲かせる朝顔に、毎度やる気を削がれます(^-^;
最近は宿根の朝顔なんかも多くて、そういうのはもちろん冬を越せるのでしょうけれど、これは普通の朝顔なんですよ。
肌寒い朝にキリッと咲いてくれて、本当に可愛らしい。

でも、そろそろ種摂りして、撤収させていただきましょうかね。
支柱になってしまったピーマンも一緒に撤収予定です。

一方、先週まではこちらも、そろそろ収穫&撤収だなーと思っていたカイエンペッパー。

そろそろ収穫&撤収かと思いきや…

こちらも、まだ咲くか!

何故か一枝だけ花盛り。後から出てきた側枝なんでしょうか?
勿体ないので、長い枝は収穫後に剪定して、小さくまとめて、室内にでも入れようかと思っております。

あー、こういうのが判断を鈍らせるんですよね。季節外れに花が咲いてくれたりすると、有難いなぁーっておもっちゃう。勿体ないから…って、いつもダラダラと栽培してしまうんだよね。私の悪い癖です。

でもまぁ、カイエンペッパーは隔年栽培で事足りるので来年はお休み。少しぐらい長引いても良いか。
(あっ、完全に判断鈍ったね今。)

オンシーズンの作業のほうは、色々と種を買ったので、葉物野菜などを播きました。
ルッコラやベビーリーフ類、ちょっと遅くなっちゃったけど、のらぼう菜などなど。

葉物を蒔いたけれど…

でもね、一番楽しみにしていた「スティッキオ」だけ、何故か発芽せず!
んー。もっと時間がかかるのかな。気温が足りないのかな、温室に入れてみようかな…。

発芽適温は20〜25℃、発芽までは1週間程度との事なので、今週末までに変化がなければ、加温栽培に切り替え手みましょうかね。

どうした?スティッキオ!

楽しみにしていたスティッキオの発芽が遅いので、もやもやした気持ちをぶつけるかのように、
何故かエンドウ豆播いてしまいました。
エンドウはさぁ…ウドン粉だかダニだか良くわからんボロボロ状態になったりするから、怖くてここ最近はご無沙汰していたんですよ。赤花だからスイートピーみたいで可愛いんだけどね…。

んー。ダニ対策の心の準備は出来てるし、ちょっと挑戦してみようかな…などど心揺れて播いてしまった…。
そしてサクッと発芽しちゃったので、多分、このまま育てると思います。

動揺して豆を播いてしまった。

何となくこんな風に、種蒔きリハビリをしつつ、今、気持ちを盛り上げているところでございますよ。へへ。

というわけでみなさん!次回の記事は多分、「バカと呼ばれても構わない。トマトの種を播きました。」です。
お楽しみにー!!ww

Posted on 10月 30, 2018 at 2:20 pm by Naomi / 4 Comments