« 4月 2017 5月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

西向き極小のベランダガーデニング。 初心者ならではの失敗とチャレンジの記録です。

昨夜のチャリティーサッカー、楽しかったなぁ。
久しぶりに、リラックスした時間を過ごせました。
しか〜し!カズさん、カッコ良すぎるぜー!華がある!
被災地でこの試合を観られた方はごく一部だと思いますが、
カズさんと同年代のお父さん、お母さんたちに、元気の素が届いていれば良いな、と思いました。

さて、本題です。大した記事を書いていなかった割には、ウチのベランダね、大混雑しております。
気がつけば、こんなですよ。
今のからこれじゃぁ、先が思いやられる…。

ぎゅうぎゅうぅーなんだわさ。

元々、春は育苗があるから…と、冬の間は少なめに栽培して、スペースを空けておいたつもりなんですけど。全然足りないや。どうすんの!?私。

これでまだ、予定の半分だもん。

ここ暫く寒い日が続いていたんですが、昨日はポカポカの良いお天気。
こういう日が続けば、外に出しっぱなしにできて良いですよねぇ。
はやく本格的に暖かくならないかしら。そしたら、ベランダの隙間という隙間に、ポット置いちゃうんだ。

メロン「パンナ」ちゃん。

なかなか大きくなってくれなかったパンナも、少し成長いたしました。良かった。
ウリ科はこの他、キュウリと金糸瓜の苗も作ります。
今年の夏は、本気で節電しなくちゃいけないから、緑のカーテンも豪勢に仕上げなくちゃだわ。

黒トマトのKUMATO

コストルート・ジェノベーゼ

「主に食材な備忘録」のduckbillさんから頂いたトマトたちも元気に育ってます。種まきから6週間ちょっと経ちました。KUMATOのほうが少しだけ成長が早い感じがします。寒さに強いのかなぁ?
コストルート・ジェノベーゼは、何故か葉っぱが少し丸い感じです。品種によって、こんなに違うんだねー。

タイ・ピンクエッグ

ピンクエッグは、少し徒長しちました(汗)
ま、良いか。どうせ深植えしちゃうし。なーんて言ってるから、いつまで経っても育苗上手にならないんでしょうね。ピンクエッグには少し気温が低いようで、茎が紫っぽいですなぁ。頑張ってけろー。

神楽南蛮。何とか生き延びてる…。

寒さに敏感っぽいピーマン系、残念ながらバナナピーマンは蒔き直しとなっちゃいました。
この神楽南蛮も、よーく見ると葉先が茶色っぽいんですけど、何とか頑張ってくれているので、様子見です。そうそう、この種は「地味に暮らしは南向き」のユンイさんからの頂き物でございます。

白ナスちゃんたち。

そういや、おナスも全部頂き物だった!
白ナスと縞々のカプリスは「プチガーデン」のか〜ちゃんさん、緑長ナスは「葉っぱの笑子らいふ」の葉っぱさんからの頂き物の種。あらやだ、頂き物ばっかりだわね、私ったら。

おナスを育てるのは初めてなんですが、↑こんなに茎って細いもんですかねぇ??
ヒドイ徒長はしていないものの、頭でっかちですごく心配なんだけど…。
早くガシッと太くなって欲しいなぁ。

場所がないっちゅうに、レタスまで。

そうそう、葉物も少し播き始めております。
悲しいニュースばかりで塞ぎがちだけど、播かないと始まりませんからねっ。
もうすぐ4月。そろそろオクラなんかも始めますかー。

元気があれば、何でも出来る。元気があれば、乗り越えられる!
元気だそうぜ!日本!

Posted on 3月 30, 2011 at 8:04 am by Naomi / 15 Comments

いやいや、3月はね、そもそも忙しいんですよ、年度末ですからね。
そいでもって地震だし、福島の実家は原発事故が心配だし。

…完全に良い訳ですがね。
最近、あんまりベランダ野菜の世話が出来てなかったのですよ。
おまけに寒かったりですしね、期待のスナップえんどうが(汗)

ヤバーい!!

少し前に5つほど収穫してから、どんどん弱ってきちゃってんの。
寒さでやられちゃったんでしょうかねぇ?

花は1個だけ…。

凄ーく美味しかっただけに、何とかココから踏ん張って頂きたいのですがねぇ。
この春はマメ科に力を入れていたはずなのですが、どうもね、盛り上がってきておりません。

うーむ。着果しないなぁー。

ソラマメの水耕栽培は、それなりに花は着けているけども、全然着果しないの。
エキゾチックな花はきれいで良いんですけど。何か育て方を間違ったのかしら??

順調に咲けども…

最後は、しわしわ〜。

つい最近もミゾレが降ったりしてましたから、気温が足りないのでしょうか?
うー、解んないなぁ。気長に待つしかないよなぁ。

唯一、調子が良さげなファラオさま。

ファラオさまこと、紫エンドウは水耕栽培に向いてるのか、ぐんぐん育っております。我が家で唯一、調子の良いお豆。もう少しで物干し竿に到達します。
夏のトマトみたいに、ジャングルになれば良いなぁ!

もう収穫できそうな鞘も。

始めの頃にできた鞘は、大分パンパンになってます。
と言っても、大量に収穫できる訳ではないので、豆ご飯はまだまだ先のお話。

美味そうなんだけどー。

そういえば、紫エンドウって、絹さやみたいに、若いうちに食べられないんだろうか?
ガンガン収穫できるようになったら、試しに食べてみよう。

盛り上がりに欠けるお豆さん祭りですが、春本番が祭り本番のはず!
桜もボチボチ咲き出しそうですし、あきらめずに期待しちゃうんだから。
世話もちゃんとやりますから、お豆さん、頑張ってけろー。

Posted on 3月 27, 2011 at 4:54 pm by Naomi / 8 Comments

寒いじゃないかよぅ…。
お彼岸過ぎの初日からこの寒さですか。凹むなぁ。

育苗中の夏野菜たちも寒そうだー。

「地味に暮らしは南向き」さんの記事で、育苗中の水分コントロールはセルトレイよりもポットの方が上手くいくよね、というのを読んで、「私も!」と意気込んでポット上げしたんですけどねぇ、

…寒いし日は当たんないしで、室内待機でございます。

さて、育苗ともう一つ取り組んでいるのが、ボカシ肥作り。
福島の原発の水温が下がって欲しいけれど、こっちの温度はもっと上がって欲しかったの。

緑の袋の中は、段ボール箱に入ったボカシ。

水分調整を慎重に続けていたところ、今朝の温度がやっとここまで来まして。
これは、成功するんとちゃうの?

54.2度なり〜!

ちなみに、今回の材料は、以下の通りです。
メインは油かすと米ぬか。かなりシンプルで、簡単に手に入る材料だけとなっておりますよ。

ホームセンターで手に入るものでお手軽。

米ぬか コーランネオ(発酵促進剤) 油かす くん炭
5 1 3 1

この材料と水を混ぜ合わせて、発酵させております。
暖かい時期なら、コーランネオは入れなくても良いのかもしれません。鶏糞なんかも入れると良かったのかもしれないけど、初心者なので、シンプルなレシピにしてみました。

最初、水分が足りなかったせいで、発酵が始まりませんでしたが、丁度良い水分量で発酵が始まると、こんな具合に

水がどんどん出てくる!

箱の中がビジョビジョになってきます。
あんまり水分が多くなっちゃうと、今度は発酵じゃなく腐敗してしまうので、均一な水分に保たないといけません。
空気も入れてあげなくちゃいけないんだそうですよ。好気性発酵させてますからね。

真っ白け〜〜?!

中はこんな具合に、菌で真っ白け。
しっかりマスクをして、手袋をして、換気をして、
バイオハザードな作業「切り返し」を行います。

コロニーはどうしたら???

ごろごろと塊がありますが、これって、菌のコロニーなんですってさ。
割ってみると、中も白い菌がいっぱい。
この塊って、崩しちゃいけないのだろか?? もう塊だらけなんですけど…。

こんな具合に、かなーりアヤフヤな作り方をしておりますが、今のところ部屋に置いておいても匂いで困ることもなく。この調子で良いのかな。いけないのかな?
ワカンナイけど続行するしかないなぁ。どうなっちゃうのか、楽しみです。

暖かいので、つい。

電気に頼らない、立派な暖房器具が出来たので、箱の上にカゴを置いてみたりして。
加温が必要な種まきも再開。
このボカシ、こたつの中に入れておいたら、立派な暖房になるんじゃないかしら?(笑)
ダメ?

Posted on 3月 22, 2011 at 2:52 pm by Naomi / 6 Comments