« 11月 2019 12月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

西向き極小のベランダガーデニング。 初心者ならではの失敗とチャレンジの記録です。

毎週のように、月曜は山の写真から始まってますねぇ、最近の私のブログ。

安曇野の山々。

と言っても、今回はいつもの新潟県田麦山ではなく、長野です。
実は、仕事でお世話になっているカメラマンのNさんがこの春、安曇野にお引っ越しされたんです。ご招待を受け、私たち夫婦と仕事仲間の4人で長野ツアーとあいなりました。
Nさんは私よりも10歳年上なのですが、気さくな「ちょい悪オヤジ」でございまして、気の合う飲み仲間でもあります。

長野って言ったら、コレでしょー。

安曇野での昼ご飯は、もちろんお蕎麦!
もちろん、生ワサビ付き!
採れたての生ワサビは、辛さの奥に甘さまで感じるような、複雑で爽やかな味わい。美味ーい!!
残ったワサビと下ろし金をお土産でいただきましたよ。こういう心遣いが嬉しいですなぁ。

大王ワサビ農場

折角なので、そのワサビの名産地、大王ワサビ農園に立ち寄りました。
観光農園なので、お客さんが一杯でしたが、せせらぎが何とも涼しげ。ワサビの上には日除けがしてあって、強い直射日光から守られていました。
ココってね、山から流れてくる川じゃないんですって。湧き水なんですって。あちこちでポコッポコッと、水が生まれてるんだよ。

水路には水車が。

まさに夢の景色。

ワサビ田の近くの水路には古い水車小屋があって、うっとりするような景色。夢で見た景色みたい!と思っていたらば、やっぱり、黒沢監督の「夢」のロケ地だそうで。
そうか、どうりでデジャビュのように思えた訳だ(笑)

安曇野の街は山々に囲まれた平地なので、この日は流石に暑かったのですが、目に入る景色が爽やかだし、コンクリートの面積も少ないからか、東京に居る時のように怠くなったりしないんですよねぇ。

安曇野観光を楽しんだ後は、Nさんの別荘のある高遠まで大移動。高遠は長野県中部の上伊那郡にあります。山間部の小さな町です。

どうしても気になる田んぼや畑(笑)

Nさんの別荘は山の中腹になるので、安曇野よりも遥かに涼しい。付近の棚田では地酒に使う酒米が緑に揺れておりました。

ご自分で建てたんですって!

オサレなロッジ風のこのお宅は、少しづつ少しづつ、ご自分でお建てになったんですって。すげー!!
「金無ぇからさぁー、自分で建てたんだよ」って軽く笑ってますが、そういう問題なのか?!パワフル過ぎます。

東京に住んでいる時に建てたそうで、毎週のように長野に通い、木材を加工し、建具や家具を作り、時間をかけて出来た別荘。まさに大人の隠れ家のような。クーラーなんて必要なしです、当然。超快適!標高が高いからか、蚊も殆ど居ないのよねぇ。

恰好良過ぎるぞぅ!

室内も良い感じでしょう?スピーカーも手作りだそうで、これでジャズを聴きながら、デッキでバーベキューですよ。
この日は夕方に皆で温泉に行ってしまったので使いませんでしたが、お風呂とサウナ室まであったりして、相当凝った作りになってました。

「豊かさ」って何でしょうねぇ? ここには下水も入っていないし、ガスも通っていないから、薪ストーブだったり合成洗剤が使えなかったりします。
夜になると外は真っ暗で動物も出てきます。用水路に子鹿が落ちて死んでたり(!)スズメバチが巣くったり。

だけど本来、人間が「暮らす」ってのは、暑かったり寒かったり、いろんな生き物がいたり…そういう自然と「折り合いをつけて生きて行く」って事なんじゃないの?と思ってしまいます。東京の暮らしと比べれ確かに不便です。でも比べるものがなければ「不便」な事って、そうそう無いのかもしれない。

天上。どんだけちっぽけなんだ、私。

中央道の渋滞をぐっと堪え、辿り着いたコンクリートジャングル東京。
中野の我が家は、、、とんでもない暑さに見舞われていたようですなぁ。

やっぱりね (^-^;

ここで、この暑さと「折り合いをつけて暮らす」のって…。緑のカーテンが撃沈してるではないかっ(笑)
決して長野や新潟と比べないようにしないと、ブルーになってしまいます。
東京も変わらなくちゃいけないんだよね。
地方の原発で作ってもらった電気をガンガン使うことを前提とした街づくりは、やっぱりおかしいと思う。後先考えないにも程がある。

さ、そんなこんなで、本日は第4回キャンドルナイト!
午後9時からですよ〜。夕立でも降って、涼しくなると良いねぇ。

Posted on 7月 11, 2011 at 8:21 am by Naomi / 7 Comments

枝豆とは全然関係ないのですが、
長靴の干し方を最近になって覚えた我が家です。
一本のビニール紐の両端を甲の部分をで縛ると、物干しにぶら下げて干せることに気付きました。グッジョブ、旦那。

長靴のGOODな干し方

長靴に頭をガンガンぶつけながら、写真を撮りまくった本日のモデルさんはこちら。

土中緑化した枝豆「おつな姫」

風が強い日が多くて、どうにもメドゥーサ状態になっちゃいましたが、土中緑化&断根・摘心したあの枝豆です。6月の終わり頃から、花を咲かせております。

開花から10日ほどです。お豆出来てます。

3粒鞘もできました。

水耕栽培だからダメかな?と思ったのですが、思いの外、良い感じかもしれません。
ガンガン液肥も吸ってますからね、ぷっくりと大きな実になってほしいもんです。
液肥切れだけは注意して、確実に収穫せねば。

葉っぱも大きいのよー。

花が咲き始めたときにはまだ小さくて、「あれ?もうこれで成長は終わりなの?」と思いましたが、そういう訳では無いみたい。
葉っぱもどんどん大きくなって増えてきてますし、節々から出てくる側枝には、葉っぱだけでなくツボミも着いてます。
まだまだ開花は続くみたいです。

どんどん出てくる、側枝(の側枝)

花もちゃーんと咲き続けてます。

枝豆ってこんな育ち方なんだっけ?と言うぐらい、去年までのものとは違う印象です。
こ、これはやっぱり、

育苗方法のせい? だよね…きっと。

ちなみに、土中緑化しただけで、断根はしなかった土栽培の枝豆は、こんな感じ。そーそー、これが今までは我が家のデフォルトでしたっけね。
葉っぱも少ないし、葉も全体的に小さいんです。花の数も当然少なめです。

手前が断根なしの土栽培。

実入りも寂しいのう。

水耕栽培と土栽培じゃ比較にならないですけど、私と同じように育苗してらした「ベランダ菜園でまったりライフ」のnyaoさんの記事で、見事な比較栽培の様子が紹介されてますよ。
記事を読むとやっぱり、

育苗方法のせいだよね、きっと♡

と(笑)。思わずにはいられないんですよねー。

ちなみにワタクシ、先週また枝豆を種まきしたのですが、留守中に見事なモヤシになっておりまして、ちょっと遅いけど、また昨日蒔き直しました。
もうそろそろ枝豆の播種は限界でしょうかねぇ?
もう一回ぐらい播きたかったなぁ。

秋の澄んだ青空の下でビール、ってのも良いよねぇ♪

Posted on 7月 6, 2011 at 9:06 am by Naomi / 14 Comments

昨日は嵐のようなお天気でした。
風があまりにも強くて、写真を撮るのが難しいくらいだったのですが、
夏野菜の収穫が始まったので、超ハイテンション。

まずはこちらです。どーん!

キュウリ「フリーダム」でかっ!

ちょっと大きくしすぎましたねぇ。ビックリ。
土日は新潟の田んぼで留守をしていたのですが、帰ってきたらこんな事になってまして。
出かける前は、10cm無いぐらいの状態だったんだけどなぁ?
何でしょう?留守をしてる間って、すんごく育ちません??
たった1日半だったのに、驚異の成長っぷりなんですよねぇ。

カーテンっぽくなってきました。

子蔓もいっぱーい!!

水切れさせちゃって生長点を泣く泣く摘心した株には、子蔓がいっぱい出てきてました。
やっぱりね!オーキシン濃度が下がったからかな?と思いきや、

そういうタイミングだったの?

摘心してない方にも、元気な子蔓が出てました(笑)
タイミング的な問題だったのかもしれません。なーんだ。
でも摘心したほうが圧倒的に量が多いので、まぁ「当たらずとも遠からず」かな?

摘心株は、側枝が多いのです。

5本も出ちゃってるんですよねぇ。どうやって仕立てたら良いもんだろか…。
3本残すぐらいが適当なんでしょうけど、親蔓がこんな短さですから、どうしようかと悩み中。

オクラも最初の花がこんなに大きな実をつけてました。

早いよー、もう。

で、でかくなってる…。

葉っぱが巨大化してまいりまして、7本がひしめき合っております。
こんなに密植してもオクラって関係ないのかなぁ?
予想に反して、怖いぐらいに大きくなってきてるんですけど…。ちっともコンパクトな姿じゃないよー。

留守中にまとめて幾つかの花も咲いたみたいで、着果してるものが沢山。
きっと日曜の朝は綺麗だったんだろうなぁ。

4つほど開花済みでした〜。

…居ない時に限って面白い事になってるなんて、残念だわぁ。
まだまだツボミはあるので、そのうちに良いタイミングでオクラの花見ができると良いな。

という訳で、初収穫の図!

やったー!

風が強かったので、小振りなキュウリも一緒に収穫しました。
が…。
そんな時に限って、仕事が夜遅くまで続いてしまい、今朝の時点でも、まだ食べてないの。
どこまで残念なんだ、私(笑)
採れたてを食すのはお預けとなってしまいましたが、今日のんびりと、しっかり味わって頂こうと思います。

何たって、我が家の初物ですからね。

追記 2011.07.06

このキュウリ、母の手作り梅干しを使って、梅キュウでいただきました。
小さいキュウリの方が、香りも甘味も強くて、圧倒的に美味しかったです。
収穫時を見逃さないようにしなきゃいけませんね〜。

幸せだぁ〜〜♡

Posted on 7月 5, 2011 at 8:44 am by Naomi / 9 Comments