« 8月 2019 9月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

西向き極小のベランダガーデニング。 初心者ならではの失敗とチャレンジの記録です。

なでしこJapanの試合を観ながら、
「澤選手ってさー、クィーンと呼ぶべきなんだろうけど、どうしてもキングって言いたくなっちゃうよね」
「気持ちはわからんでもないけど、やっぱ女性だし。失礼だろー」と夫婦で揉めていた澤選手の愛称。キング・カズが、あっさりと「澤はゴッド。」と結論を出してくださって、スッキリしてる私です。

さて。台風が来るみたいです。
震災で被害の合った地域を、避けて通ってくれると良いのですがね。
東京も朝から、時折強い雨が降ったりしております。関東はやっぱり注意しなくちゃダメっぽい気配。

トマトやオクラは、通路で避難中。

棚の上に乗っていたトマトに自立できるよう支柱を立てて、通路に下ろしております。
室内には様子を見ながら取り込もうと思ってますが、見通しの良くなったベランダでやっぱり心配なのがコレ。蔓物野菜たち。

蔓物はどうにもできないなー。

中央に這っているのは「シカクマメ」ですよ。
沖縄野菜だそうで暑さに強いらしく、緑のカーテンにと育てておりますが、種まきが6月に入ってからだったのも手伝ってか、まだヒョロヒョロなんです。茎もとても細いの。

一応、天井までは届きました。

先端は摘心済みです。縦に延びて行くのはすごく早かったのですが、葉っぱがあまり大きくないので、スカスカのカーテン状態なのね〜。

インゲンみたいな葉っぱです。

もっと大きくなるのかなぁ??

10cmおきぐらいに節が出来ていて、そこから枝(?)に葉っぱ3枚。
涼しげで綺麗な葉っぱですが、もうちょっと密度が高くなってくれないと、レースのカーテンにもならないなぁ。

株元もスマートです。

マメ科とあまり(我が家では)相性が良くない水耕栽培なので、こんな風なのかもしれませんが、ちょびっと弱々しいのよねぇ。土に植えると、もっと逞しいんだろうか。
こんなに細くて、台風…大丈夫なのかな (^-^;

節から脇芽らしきものが。

脇芽っぽいものが各節から出てきているので、「これで終わり」ってことは無いと思うのですが、この状態から葉が茂るまで、どれぐらい掛かるのかは全く不明。
花も淡いブルーで綺麗らしいんですけど、ご報告はいつになるやら。
果たして夏が終わらないうちに、カーテンができ上がるのでしょうかね(笑)

細腕だけども、ひとまずは台風を乗り切ってもらわねば。
なでしこを見習って、頑張っちょくれ!

Posted on 7月 19, 2011 at 1:19 pm by Naomi / 9 Comments

なでしこJapan!カッコイイぞー。やりましたね、ワールドカップ優勝!
諦めない気持ちって、とっても大事だなー、と感動しちゃいました。
だけど、超眠い〜〜。

そうそう、台風の進路も気になるところですねぇ。ベランダの暴風対策もしなくちゃいけませんから、すっ飛びそうな小さな苗なんかをちょっと移動させて、室内菜園を始めてみました。

北側の出窓、通称「裏の畑」

毎年ココで、お盆休みぐらいからはビオラの育苗をしたりするのですが、今年は暑いので早めに活用しようという魂胆です。
北窓なので、朝と夕方の2回が日光浴タイム。日中の最も暑い時間帯は陰になってしまうけれど、小さい苗や種まきセルトレイには乾燥しなくて丁度良いのです。
この場所は我が家では「裏の畑」と呼ばれております。

バナナピーマン。ツボミがいっぱい着きました。

一番背が高いのは、バナナピーマン。「これ以上プランターを増やすまじ」かなんりょうさんから分けて頂いた種で育ててます。室内でも葉っぱが随分大きくなって、ツボミも沢山着きました。室内だと実が生っても、収穫までの時間が長く掛かるのかしら?

まだまだ小さい色白プチ太郎。

小さいほうは、「すくすく水耕栽培」yaefit1500さんに頂いた「色白プチ太郎」という白いパプリカ。yaefit1500さん宅で突然変異したパプリカです。まだ小さいけど、分岐点が出来てきたので、そろそろ花芽も着いてくれるかな。

イチゴの市吾じいさん。

今年不発に終わったイチゴ祭り。懲りもせずまたしても親株を保留してたりもします。ランナーの出てくる気配無しです。もういい加減ダメかしらねぇ?と思いつつも、未練タラタラに水やりしてます。

フランネルフラワー。

一番暑さが心配なのが、このフランネルフラワー。「園芸でちょこっと科学」のともこさんから種を分けて頂いて育ててますが、もう4ヶ月近くたつのに、この小ささ。不安だ〜〜。
何とか夏を乗り切って、秋に大きくそだって欲しいもんです。

5月の終わりに蒔いた、バジル。

去年はこの裏の畑で、すごく良い感じに柔らかい葉を着けてくれたバジルは、どうも成長がイマイチで、ペットボトルに定植したのはまだ1週間ぐらい前。根っこが育ってくれれば、後は早いと思うんだけどなー。これからに期待です。

断根・摘心したダダ茶豆。

「プチガーデン」か〜ちゃんさんに頂いたダダ茶豆は、7月の始め頃蒔いて、今やっと挿し芽中。何故か子葉が傷ついちゃっていて、あんまり調子が良くないけど…なんとか生命力で踏ん張っていただきたいわ。

その他もろもろ、蒔きました。

秋用の野菜も、少しづつ種まきを始めております。
チコリーやブロッコリー、ミニハクサイやレタスなんかも。
室内なので徒長しないように気をつけなくちゃいけませんが、朝日が当たる場所って、発芽が揃いやすいような気がするんですよねー。
気のせいかな?

というわけで、裏の畑もボチボチ始動。
ココの野菜達も、今後はときどき記事でご紹介していこうと思います。
特に暑くてベランダに出る気が起こらない日は、室内野菜にばかり記事ネタが集中する恐れアリ、かもね。

Posted on 7月 18, 2011 at 7:52 am by Naomi / 11 Comments

水耕栽培で育ててるメロン「パンナ(TF)」ちゃん。
こういう育ち方で良いのかどうなのか分かりませんが、ネットもどんどんと増えてきてます。

7月1日号。今、7cmぐらい。

同じパンナTFを育てていらっしゃる「ベランダ道場」のまっくさんのところでは、もっと長細い感じなんですよねー。
って事は…ウチのはこのサイズで止まっちゃうのかなぁ?ドキドキ。

7月3日号。大きくならないなぁ。

ちなみに、あわよくば2玉ぐらい欲しいなぁ〜♡なんて残してある7月3日号は、ちっとも大きくなる様子無しでございまして、まるで私の欲を見透かされたかのよう(笑)

これがダメなら、もう少し上の方の雌花に期待!なんて思ってたツボミは、

あれれ?咲かないの?

こんな風に、しぼんでしまいました。
うーむ。1株1果が限界ってことなのか? 一球入魂で行きなさい!という神のお告げか。
あ、いや、多分先週末の留守で水切れさせちゃったせいかな。

だけど、まだこれは調子の良いほうでしてねぇ。
2株あるうちのもう1株は、成長具合があまり良くないんです。

矢印の所が、小さい株の生長点。

それでも雌花は着けてくれたので、受粉だけはさせましたが、もしかしたらまだ株が充実出来てないのかもしれないなぁ。
やっと1mぐらいの背丈で、葉っぱも小さめなんですよねー。

7月7日号。小さいままだなぁ。

こんなんじゃ、まだ実を着けられないよ、というメッセージなのかしら。やっと咲いた雌花は人工受粉させたけれど、なかなか膨らんで来ないのです。
次の雌花が咲いて着果が確認できるまでは、このまま摘果せずに置いておこうと思うんだけど、無理をさせずに摘果したほうが良いのか…悩むなぁ。

雌花っぽいもの発見!

この雌花が勢いのある感じで咲いてくれると良いんですけどね〜。
微妙だわ。どうなるのかしら、ドキドキ。

メロンはこの、悩みながらドキドキしながら一喜一憂で育てる感じが、たまらんのです。
恋する乙女かっ。(笑)
去年のメロン「かわい〜ナ」は、そこそこ放任でも育ってくれて初心者に優しい品種でしたが、パンナちゃんは多少の戦略が必要なようでございます。…って、ここまで成り行きに流されといて、今更ですけどね。
またそれも、恋愛みたいだわね。

こんな行き当たりばったり栽培で収穫まで行けるのかな〜?
まだまだ、悩んでドキドキする日が続きそうです。

Posted on 7月 16, 2011 at 7:22 am by Naomi / 6 Comments