« 10月 2019 11月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

栽培した野菜品種一覧はこちらからどーぞ!どれもこれも下手っぴですがねぇ。

ブロッコリー取り違え事件

ブロッコリーです。
水耕ブロッコリー、また今年も懲りずにやるつもりです。

仮定植中の4株。

発泡スチロール容器がまだ空かないので、とりあえずの仮定植。
畑のブロッコリーの残りの苗なので、元々は培養土に種まきしたものですが、
根っこを洗って、水耕栽培に移行しています。
去年も栽培した「連山2号(ロマネスコ)」と、今年は「スティックセニョール」にしました。こまめに収穫できるほうが、使いやすいもんね。

芋虫めーっ!!むかッ!(怒)

ちょっと油断した隙に、豪快に芋虫に食われましたが、
生長点は何とか死守しました。

茎も良い感じかも〜。

今回は「すくすく水耕栽培」のyefit1500さんに分けて頂いた、大塚ハウス液肥で育てております。育苗を土でやっていたのが良かったのか、大塚ハウスのお陰なのか、茎の太り方が順調な感じがするんですよ。
去年の今ごろの連山なんて、ヒョロヒョロでどうしようもなかったんだもの。
あれに比べたら、すごく良い。実に良い。

4株ある苗のうち、2つはスティックセニョールです。1つは連山。もう一つが……
判んないのよねぇ。

連山(左)と、連山だったはずのもの(右)

というのも、種まきしたのが7月の後半。蒸し暑い時期だったので、連山はビックリするぐらい徒長しちゃってたんです。
去年も何度も蒔き直ししたので、今年は多めに種まきしたんです。
その中でも、まともなものをポット上げして、徒長の激しいものは胚軸切断して、挿し芽した…はずなんです。

何が何だか。

連山の葉っぱってね、普通のブロッコリーと違って、丸い葉っぱなんですよ。
だから、ラベルを付けなくても判るだろう、と思って、
何も目印を付けなかったのよ。

連山の葉っぱは、まあるい。

スティックセニョールは記憶によると、あまり徒長せずに育った印象があるので、胚軸切断したのは連山だ、と思い込んでいたのです。
が。どうなの?これ〜。

胚軸切断の株。丸くない葉っぱだー。

うーむ。連山じゃ無いよなぁ。
あれぇ?それとも、普通のブロッコリーの種を蒔いたんだっけ??

考えれば考えるほど、判んなくなっちゃった。
斯くしてこの1株は、花芽が着くまでのお楽しみ〜と、なりました。

面倒でもラベルは付けましょうね。そうしましょう。ね。

Posted on 9月 29, 2011 at 3:21 pm by Naomi / 4 Comments

コメントありがとう! 「ブロッコリー取り違え事件」

  1. う~ん、まだ取り違えとは、はっきりと分からない。

    でも、ラベル等は付けた方がいいですね~

    ポチ、っと!

  2. Naomi より:

    2011年9月29日 7:28 PM

    @kasugao90さん、いらっしゃいませ♪
    最初は、胚軸切断した苗なので、それで雰囲気が違うのかも…と思っていたんですが、
    それにしても違い過ぎますよねぇ…どうなのかなぁ?(笑)

    「見ればすぐに判るから」と言わずに、ちゃんとラベルを挿しておけば良かったですね(^-^;
    まだラベルのついてないポリポットがあったりしたので、この後、慌てて付けました。
    慌ててたからなー、また間違えたかも〜(爆)

  3. う~む・・・Naomiさんでもそう言う事があるんですね。
    私はセッセと育てて大きくなったら、雑草だったってのが良くある事なんですけど・・・。(涙)
    なんかせっかく芽が出てるからもったいなく思うんですよね。(汗)
    もしかしたら紫蘇みたいなこぼれ種かも・・・って。(笑)

  4. @akkyanさん、いらっしゃいませ♪
    >>う~む・・・Naomiさんでもそう言う事があるんですね。
    ありますよ〜(^-^; ただ恥ずかしいから、普段は記事にしないだけ(爆)

    水耕栽培だと培地も熱湯消毒しちゃったりするので、こぼれ種のワクワクイベントは無いんですよ〜、残念ながら。
    だけど畑のほうは、「あれ?これトマトじゃね?」みたいな事がいっぱいあって、
    収拾がつかない事になってます(笑)

    草刈りしてたときに、近所の女の子が、「この草、ネギの匂いがするから、きっとネギだー」というので畑の隅に移植してあげてたら、立派なネギが出来まして(笑)
    そんな戯れも楽しいもんですね。

    雑草だってさー、「雑って言うな!」と思ってますよ、きっと本人は。
    akkyanさんに愛されて、幸せだったと思うわ〜(爆)

Comments are closed.

  • メールアドレスは公開されません。
  • コメント欄はWordpress.com / Twitter / Facebookのログインアカウントを使用できます。もちろん、これまで通りにメールアドレスでも認証できます。
  • 著しく広報・宣伝が目的のコメントは削除いたします。