« 11月 2019 12月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

栽培した野菜品種一覧はこちらからどーぞ!どれもこれも下手っぴですがねぇ。

本葉と「嬉しいもの」が出てきました。やったー♪

先週末、ランキングに参加してる「日本ブログ村」で、順位が大幅にアップしていてびっくらこきました。
アクセス数も増えてるなぁ、良し!みんなこのBlogの魅力に気付き始めたかぁ〜(ニンマリ)と思って、ログをチェックしてみたらば。

ページビューの1位「ヒヨドリ対策」
2位「アブラムシ、秘密兵器投入」……。

この2ページで稼いでおりましたよ…。
それだけ、皆さん、困っているのねぇ。
でも他の記事も頑張って書いてるので、どうぞよろしくねー♡

さ、という訳で、またしても底面吸水中の図。

仲間が増えて、お風呂がきついよー。

仲間が増えて、お風呂がきついよー。

本葉が出てきてるものが多いので、全部トマトと一緒にEC値0.7の液肥にしました。わさび菜はもうすでに徒長しておるので、これ以上びよ〜んと伸びないと良いのですが…。
どうか茎がしっかり太くなりますように。

わさび菜の本葉。

わさび菜の本葉

わさび菜の本葉は、ちいさなギザギザが入っていて可愛らしい。その一方ミニ白菜の本場は、葉脈もしっかりと見えるし、なんとも生意気に白菜っぽいのですよ。

ミニ白菜の本葉

ミニ白菜の本葉

ミニ白菜は、あまり徒長せずにしっかりした感じです。育てやすいといいなぁ。
この調子で頑張ってもらいたいので、後で春栽培について調べてみようと思ってます。暖かい季節に結球させるコツとか、きっとあるんだと思うんだなぁ。

トマト「ミサキさん」こと「シンディースイート」(意味は深く聞かないで)は、ここの所、風が強くて外には出せておりません。背も高くなってきたし、何か頑丈なミニ温室を考えないとマズイですねー。

シンディースイート。本葉にも産毛(?)が。

シンディースイート。本葉にも産毛(?)が。

色も随分濃くなってきました。ちなみに、「小寅」ことTiny Tigerは、まだこんなおチビさんです。

ちょびっと本葉出してみましたー。

ちょびっと本葉出してみましたー。

ミニ白菜より小さいんだな、これが(笑)
兄弟たちが増えるようにしてあげたいのですが、いかんせん、発根しないのよー。
どばーっと追加で催芽しますかねぇ。
タイトルの「嬉しいもの」は、小寅兄弟の発根じゃなかったのよー。

これっす。

水耕ブロッコリー!目が覚めました〜!

水耕ブロッコリー!目が覚めました〜!

わはは、今頃になってどうするつもりなんだべ?
大きくなる前に花盛り必至なのでしょうね、多分ね。
でも、やる気を見せて頂いただけでも、大変嬉しゅうございます♪
花も菜の花みたいに食べられんのかしら?ね。

Posted on 2月 7, 2010 at 9:27 am by Naomi / 2 Comments

コメントありがとう! 「本葉と「嬉しいもの」が出てきました。やったー♪」

  1. あ、地道にクリックしてた成果があったかな(^^;;
    ブロッコリー出てきましたね。遂に!!
    確かにもうすぐ花が咲きそうな雰囲気アリアリですけど、うちの庭のスティックセニョールもまだまだ収穫できてますから、ブロッコリーも中球1個くらいまでは行けるんじゃないでしょうか(^^)

    ミニ白菜、今が播種の適期ですか…。準備したいけど、トンネル栽培だっけ(^^? 種子バーナリゼーションだからある程度保温必要なんだよね?
    ん~~、あ、独り言Tweetしてしまいました(^^;

  2. Naomi より:

    2010年2月8日 1:21 PM

    応援クリック、ありがとうございます!鳥虫以外の記事でもアクセスされるよう、頑張りますp(*^-^*)q

    ブロッコリーは、小さくとも食べます、食べますとも!
    ただ、小さいもんだから収穫時が判らにゃい…。おいしい時期に食せるかどうかは、微妙です(笑)

    ミニ白菜は、2月はトンネルしなはれ、と書いてありました。色々調べて13度以下はマズイと知ったのですが、「種子バーナリゼーション」って言うんですね。
    かなり慎重にやってるつもりなんですけど難しそうっす…。
    今も外で日光浴させてたら12度でしたもん。ダメだコリャ、です。

    ユンイさんのTwitterのログを見たらば。
    奥様はもしかして、水どうファンですか?
    テレビ神奈川はベトナムLast Runも中盤。
    3回見てるのに、私また泣きそうな気配だったり(笑)

Comments are closed.

  • メールアドレスは公開されません。
  • コメント欄はWordpress.com / Twitter / Facebookのログインアカウントを使用できます。もちろん、これまで通りにメールアドレスでも認証できます。
  • 著しく広報・宣伝が目的のコメントは削除いたします。