« 9月 2017 10月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

栽培した野菜品種一覧はこちらからどーぞ!どれもこれも下手っぴですがねぇ。

猛暑対策を始めてます。

お暑うございます。お久しぶりです。
朝7時にもう暑くて、ほんとグッタリしちゃいますねー。
ウチのベランダなんて連日40℃になっちゃって、もうトマトも花咲かないし、色んな成長が止まったかのようですわ。

そりゃそうです。トマトなんか花なんて全然咲かない。いくら夏野菜と言っても、最適温度は昼気温25~30℃、夜気温10~15℃ですよ。この暑さで頑張れっていうほうが酷ですわ。

20150803_1

朝から暑くて嫌になる…

毎年夏は暑いのは分かっているし、夏野菜も真夏は夏休みするのも分かっているのですが、今年は暑くなるのが早かったので、野菜達もちょっとしんどいようです。
そこで今年はちょっとした工夫を始めました。

少しでも夜温を下げてあげよう、という魂胆です。

前回の記事で、ナスの花がおかしい&根っこが伸びないということを書いたのですが、その記事を見て、Twitterで色々とアドバイスしてくださったかたがいらして。
水耕栽培の場合、もしかしたら液肥の温度が高すぎない?特に休眠中の夜の高温と乾燥は野菜もひねくれるよ?とヒントを頂けたのです。

そこで!お世話のコンセプトを「良く眠れるように気づかう」としました。
そりゃそうよね。人間だって、暑くて眠れない日が続くと危険だもんね。

さてさて。まずは対策その1。

液肥の補充は夕方、日が陰ってからたっぷりと

20150803_3

根っこ出てきましたーー!!!

日中の気温で液肥はやっぱり温度が高くなってしまいます。特にペットボトルの容器なんかだとどんなにアルミシートで遮光しても、やっぱりぬるま湯になっちゃうのよね。

そこで、液肥の補充を夕方にして、朝は日中にカラカラにならないかどうかのチェックだけ。
もうこれ以上は温度が上がらないであろう時間になったら、冷たい液肥をナミナミと入れるようにしたんです。それだけでも割と温度は下がります。

その甲斐あってか、例のナスの根っこがぐーんと伸びてきましたよ。
もうこれなら液肥をちゃんと吸い上げられます。一安心だわー。

20150803_2

さらに保冷パックも活用!

さらに対策その2。

氷も使って液肥を冷やす

物凄く熱い温度まで液肥が上がってしまった時は、お肉買ったりすると貰える、こういう保冷パックを容器の中にドボンと入れて、しっかり温度を低くしてあげるようにしました。
沢山の液肥が入ってる容器の場合は、少しの液肥追加では温度が下がらなかったりするので、こういう凍らせたヤツのほうが手っ取り早いですね。

20150803_4

アブラムシも死に果てましたが…

まぁそんなこんな、ともかく夜までに液肥を冷やしてあげる作戦をかれこれ10日ほど続けているのですが、ちょっと効果があるような気配が。

暑さのせいでアブラーは居なくなったのに、蕾があっても花が咲かなくなっちゃたトウガラシ。
今朝からまた咲き始めてくれたんですよ。秋までお休みかなーと思ってたのに。

20150803_5

咲いたねぇ!

それと。これはちょっと番外編ですが、
実は6月にタネを蒔いて、落花生を育ててるんです。でね、これは元々、日向土を使った永田農法で育てようと思ってたんですよ。流石に水耕栽培じゃ無理かな〜と思いまして。

20150803_6

7月のとある日の落花生苗。

だけど永田農法って、真夏は乾燥が激しくて、管理が大変なんですよ。まぁだから水耕栽培にくら替えしたんですけどね。

この暑さの中、保水能力の無い日向土だけでは到底無理。外泊なんて持っての外。
みすみす枯らすことになり兼ねませんので、これにも予め乾燥防止の対策を施しておきました。
対策はこれです。

夜は絶対に乾燥させない

20150803_7

園芸用の分厚いフェルトを使います

入れ物は組み立て式のコンテナ。カゴっぽい作りなので、風通しと水抜けは抜群です。
そこに分厚いフェルトで枠を作り、最低限の保水はできるようにしてみました。
このフェルト、100均のものとはお値段も相当違うけど、厚みががっつりあるので、一度水やりすると底面はなかなか乾かないんです。

本当は永田農法って乾燥が大事なんでしょうけれども。(^-^;
微妙なコントロールが、私にはちょっと難しいのでね。

20150803_8

ミシンで縫って、フェルトの箱を作りました

20150803_9

育ってきたので、これも一安心。

移植から1週間ほど経ちましたが、側枝も沢山出てきたので、そこそこ気に入って貰えたようです。
これも水やりは夕方にたっぷり。
日中暑くても底面付近は乾かないから、あんまりぐったりしてないみたいです。

暑い時期は色んな工夫が必要ですが、今を何とか持ちこたえれば、秋の実りが豊かだと信じたい!

Posted on 8月 3, 2015 at 3:13 pm by Naomi / 10 Comments

コメントありがとう! 「猛暑対策を始めてます。」

  1. うちは日中の暑くなる前に入れてますよ。PETボトル氷(“▽”*)
    もうね、ウチの冷凍庫はPETボトル氷ばーっかしww
    自分らの食材は入らないです(-_-;)

    でも氷を入れるのと入れないのとでは、かなり違いますよねぇ。
    まず根が溶けなくなって元気っぽいですし(*´▽`*)

    氷投入のタイミング・・夜なんですかぁ。。。
    悩むなーーーーー
    うちのお野菜は眠れてるのかなぁ・・・。
    昼も夜も入れるってのは難しいし・・・(゜゜)

    1. Naomi より:

      2015年8月4日 12:25 AM

      semireyさん、いらっしゃいませ♪

      >> うちは日中の暑くなる前に入れてますよ。PETボトル氷(“▽”*)
      ああ!やっぱりそうでしたか。
      そうかぁ♪ semireyさんも実感として効き目を感じておられるのですね。
      私もまだ10日程ですが、それでも、日中のうな垂れ具合も少なくなってきてるし、良い感じだなぁーと思ってます。

      >> 氷投入のタイミング・・夜なんですかぁ。。。
      これね、東京は今、夜でもベランダは30℃以上なんですよ。
      適度なアルミシートのカバーだと、逆に保温になってるみたいで(笑)日が落ちてもぬるま湯なんです。(^-^;
      朝、液肥を触ってみて、ちゃんとまともな温度(笑)ならば、今のままでもOKだと思いますよ!
      頑張りましょうやネ!p(´∇`)q

  2. 水は、比熱が大きいのでなかなか冷えない。
    夜も熱帯夜。
    この時期は、植物も暑さで参ってしまいますね~

    ポチ、っと!

    1. Naomi より:

      2015年8月4日 12:28 AM

      kasugai90さん、いらっしゃいませ♪

      >> 水は、比熱が大きいのでなかなか冷えない。
      そうなんです。株の根元は冷たくとも、液肥タンクはお湯のままなんですよ、夜でも。
      熱帯夜はまだまだ続きそうなので、暫くはこの方法でやってみたいと思います。

      kasugai90さんはちゃんと夜、眠れていますか?
      自分たちも気をつけて行きましょうーー!!

  3. やっぱいろいろと工夫されてるんですねえ。。。(汗)
    うちは朝、水やって、夜帰ってくるともう枯れてるのがチラホラ・・・。/(゚o゚)ゝ

    そういえば唐辛子類はうちも北側に移したら花が咲き始めました。f(^^;)
    移した理由はそこしか置場が無かっただけなんですけども。。。(笑)

    ミシン・・・やっぱ上手いんですねえ♪
    フェルトの箱もカッコイイし。(^o^)b
    最近ミシンも触ってないなあ・・・。(汗)

    1. Naomi より:

      2015年8月4日 9:12 AM

      akkyanさん、いらっしゃいませ♪

      >> うちは朝、水やって、夜帰ってくるともう枯れてるのがチラホラ・・・。/(゚o゚)ゝ
      ですよね。この季節は、余程大きなプランターじゃないと、夜間の水分が足りなくなっちゃいますよね。

      北側に移動した唐辛子、大正解ですね (*^-^*)
      茹だる暑さで陽に当てるよりも、涼しく管理することを優先するほうが良いという話も聞きました。その調子で秋に向かって、調子が上がりますように♪

      ミシンねー、目が悪いので、縫い目がもうふなふなふなふな酔ってるんです。
      アップではお見せできません。(笑)

  4. >今年は暑くなるのが早かったので、

    残暑も長いとか言ってますよね。
    秋が短いパターンが一番いやなのに(-_-;)

    私はお湯になってから、あわてて保冷剤を入れてます。
    出遅れすぎですよね(^-^;
    以前はもったいないと思ってましたが、お魚を買って、小さい保冷剤をもらえると、ちょっとうれしくなります。

    1. Naomi より:

      2015年8月4日 9:19 AM

      いずみさん、いらっしゃいませ♪

      >> 秋が短いパターンが一番いやなのに(-_-;)
      ほんとうにーー(´・ェ・`) 春と秋、毎年どんどん短くなってるんじゃないかな?なんて思ってしまいます。
      あまりにも暑いので、冬のブロッコリー等の種まきが億劫でしかたないです…。
      残暑が長いとなると、また今年も上手く育苗できなさそうです(泣)

      >> 私はお湯になってから、あわてて保冷剤を入れてます。
      私も夕方に投入ですから、お湯になってから、ですね(^-^;
      でもそうやって、少しでもひんやりした時間帯を作ってあげると、きっと野菜も、大分楽なんじゃないかな〜。

      保冷材、私も最近は貰うと嬉しくて、ああ、気の利く良いお店だ!と思ったりします(笑)

  5. Naomi さんのところで夜に液肥を入れるっていうのを拝見し、さっそくまねさせていただいてます。おかげさんで、とっても調子いいです。ナスがちっとも花咲かなかったのが咲きだしましたあ。ありがとうございます。
    液肥の追加をする人間も、朝はなにかと大忙しだけど、夜はお日さまもいないから楽ちーん。
    あ、保冷剤作戦もためしてみようっと。その前に冷凍庫の整理しなきゃ、ですが(^_^;)ははは。

    1. Naomi より:

      2015年8月17日 8:07 AM

      ともこさん、いらっしゃいませ♪
      最近は少し、夜の風は涼しくなったかなぁ?と思ったりもしますが、やっぱり日中の気温が半端無いので、液肥の温度は結構高いですよね。
      ともこさんも夜の液肥投入になさったんですね!まだまだ暑いのに、おナスの調子が上がるとは、努力の甲斐がありましたね!!
      慌ただしい朝は、私も雑なお手入れしかできないので(笑)このパターンがすっかりお気に入りです。
      あまり液肥の減らない小さな株なんかは、保冷材、便利ですよー。ぜひお試しあれ♥

      こんな苦労をしなくても良い、涼しく爽やかな秋が、早く訪れると良いですなぁ。

Comments are closed.

  • メールアドレスは公開されません。
  • コメント欄はWordpress.com / Twitter / Facebookのログインアカウントを使用できます。もちろん、これまで通りにメールアドレスでも認証できます。
  • 著しく広報・宣伝が目的のコメントは削除いたします。