« 7月 2020 8月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

栽培した野菜品種一覧はこちらからどーぞ!どれもこれも下手っぴですがねぇ。

小寅こと「Tiny Tiger」を食す。

いよいよ、やってまいりました!!
機は熟したり!
小寅も熟したり!!

かわゆす♡

かわゆす♡

縞々もすっかりゴールデン。なかなかのルックスのトマトですなぁ。
採れたてはあまりにも温い状態だったので、少し冷やしてから頂くことにしました。

さぁ、体重測定!
最初に裂果しちゃったものより、少し大きめ。大きさは4cm弱ですねぇ。種袋には5cmってなってましたけど、遠く及ばず。

ちょっと大きめのミニトマト、って感じ。

ちょっと大きめのミニトマト、って感じ。

ウチの場合、なんでもカンでも小さめの仕上がりなので、気にしないわぁー。
さてさて、中身はどうかなー。
切っちゃって!

つゆだく。

つゆだく。

シンディースイートの断面と比べると、小寅の方が果肉がしっかりしてる感じ。ま、ゼリーの多さは、相変わらずミニトマトちっくです。妙に種が大きい気がしますねぇ。

さて、実食でございます!
ダンナと仲良く半分コしました。

実は、わたくし、このTiny Tigerって矮性の品種だし、バイカラーだし、見た目重視のトマトで、あまり美味しくないんじゃないかと思っていたのですよ。

けど、実際は中々のものです。シンディースイートより酸味が強い。そいでもって、裂果しやすいだけあって、皮の固さが口に残らない。でも実がプリッとしてる。
ミニトマトの「サクッ」って感じではなく、「プリッ」って感じ。
酸味と甘味のバランスが良いので、「もっと味濃く作れないかなー」と、欲が出てしまうお味です(笑)

梅雨が終わって、少しづつ味が乗ってくるのかしら。
そしたら多分、すごく美味しいトマトになるんじゃないかと思うなぁ。

近々「すくすく水耕栽培」さんでも収穫予定なので、そちらもご参考くださいね。
それと、「自産自消@ベランダ」さんにもお味のレポートがありますので、興味のあるかたは、そちらも是非。

ちなみに、第2弾はちょっと色づいて来てますが、その他は相変わらず落花が激しく、悶絶中。

こっちのほうが、大きいのだ。

こっちのほうが、大きいのだ。

小寅よ、夏の太陽を浴びて、青春を謳歌して良いんだよ。
You、弾けちゃいな。
もっと咲いちゃいなよー。
お母さんは叱りませんよー。

Posted on 7月 22, 2010 at 7:41 am by Naomi / 11 Comments

コメントありがとう! 「小寅こと「Tiny Tiger」を食す。」

  1. ついに夏が、小寅がやって来た~!
    そう、葉っぱもどうせ見た目重視でしょ!と思っておりました
    そうじゃなかったのですね、文武両道?いや違うか・・ま、いいや

    期待した以上ってのは、ともかくハッピーでございます
    縞縞がとってもオサレでいいですね
    さらに美味しくしちゃってください

  2. Naomi より:

    2010年7月22日 9:53 AM

    @葉っぱさん、いらっしゃいませ♪
    そうそう、やっぱり「見た目重視」のお野菜って、味に期待があんまり持てないですよねー(笑)
    あちこちに種をお送りしちゃったけど、不味かったらどうしよー、と不安だったんです (^_^;

    梅雨時のツボミはどうも調子が悪いですが、ここから挽回をしてくれる事を祈るばかりです。もうちょっと量を楽しみたいですからねぇー。

    あ、今回はちゃんと種取りしてみますね!
    葉っぱさんも来年、一株いかがっすかー(笑)

  3. ほんとに、高級感あふれるお姿で。
    皮が薄いっていうのは魅力的ですよね♪

    >You、弾けちゃいな。

    は、マズイんじゃ。。。(笑)
    裂果しそうでこわいっす。 ( ̄∀ ̄*)イヒッ

  4. @NORFさん、いらっしゃいませ♪

    皮が薄いの、良いですよねぇ。私好きなんですよー。
    でもその分、収穫までヒヤヒヤしてなければなりませぬ(笑)

    > 裂果しそうでこわいっす。 ( ̄∀ ̄*)イヒッ

    あっ!!しまった!!
    そうだった (^_^;

  5. 子寅は種が多いですねえ!採種は楽そうです。
    味のバランスは良、後は濃さですか?
    でもバイカラー種って概して味は濃そうなので、ちょっと条件が変わってきたら、案外簡単に味が濃くなるかも知れませんね。
    「弾けちゃいな~」とか言って、又裂果してしまったら大変(笑)

    悶絶と言えば、
    ウチもジェノベーゼとサンマルツアーノは、白トマトと緑トマトの草勢に負けて、日陰に追いやられ花も咲かないし、
    日当たりを独占した白と緑は相変わらず花だけ見事で落花しまくりで、悶絶中です(泣)。

  6. Naomi より:

    2010年7月22日 1:15 PM

    @duckbillさん、いらっしゃいませ♪
    「弾けちゃいな」はマズイですよねぇ(爆)そういうとこだけ、素直だったりするかも (^_^;
    お日さまが出てきて、雰囲気が変わってくると面白いんですけどねぇ。
    あっさりとyaefit1500さんが、美味しいのを収穫しそうな予感がすんごくしてます(笑)

    duckbillさんも悶絶中ですかー( ̄ω ̄;)
    今年は色々と苦労が堪えないですね。でも「duckbillさんでさえ」と思うと、
    この初心者も、ちょっと勇気が湧いてきまするー! p( ̄− ̄)q

  7. こーとーらーかわいいーよー

    最近色んなミニトマトを食べ比べしてきて、
    柔らかすぎてジューシーなミニトマトよりは、
    ある程度果肉がしっかりしているのが好きです。

    さて、子寅のプリッっと感。
    果肉がしっかりしているということは未体験食感かもしれなーい。
    酸味が強すぎると私は苦手ですけどね^^;

  8. 黄色の差しが見事ですね~。f(^^;)
    A5クラスの霜降りですね。(馬鹿)
    最初チラっと見た時は、リンゴかと思いました。(汗)

  9. Naomi より:

    2010年7月22日 5:36 PM

    @まっくさん、いらっしゃいませ♪
    かーわーいいーでしょー(笑)
    梅雨の最中の実だったせいもあるかもしれませんが、見た目よりスッキリしたお味で、酸味も爽やか〜って感じでしたよ。果肉の感じは、私もシンディースイートより小寅が好きかも!
    何となく、土で栽培するほうが味が締まるのかなぁ…とも思ったり。
    来年は栽培方法を一工夫してみますかねー。種、ガンガン採らなくちゃだわ(笑)

    @akkyanさん、いらっしゃいませ♪
    A5クラスとな!!そりゃ最高級!!(笑)
    サラダにいっぱい入れたら、キレイだろうなーと思うも、
    いっぱい採れないのが、玉にキズどぇーす (T-T)
    でも、売ってない品種を作るのは楽しいですね。
    akkyanさんの「売ってないバッグを縫う」のと同じくらい、かな(笑)

  10. おっ!とうとう綺麗な小寅ちゃんに育ちましたね。
    うちはハダニにやられて、どうやらもう花は咲きそうにないので、
    残り7粒で終了です。
    もう少しレジナみたいにこじんまりと育ってくれて、着果率も
    良ければ、見た目も味もレジナより上なんだけどね。

  11. Naomi より:

    2010年7月23日 8:19 AM

    @hiroさん、いらっしゃいませ♪
    hiroさんの所も、ハダニ&ウドン粉で苦労なさってるご様子ですねぇ。
    我が家も。ハダニを蹴散らそうと大量の葉水を撒くと、ウドンコ病が大発生するという、抜け出せない負のスパイラルに (^_^;
    ベランダの宿命なんですかね…。

    レジナは食べたことが無いんですが、Tiny Tigerは味がお粗末じゃないだけに、
    むちゃくちゃ悔しい感じがありまするー(笑)
    理想の小寅が出来るまで、種をとり続けようかしら( ̄ω ̄)もうっ。

Comments are closed.

  • メールアドレスは公開されません。
  • コメント欄はWordpress.com / Twitter / Facebookのログインアカウントを使用できます。もちろん、これまで通りにメールアドレスでも認証できます。
  • 著しく広報・宣伝が目的のコメントは削除いたします。