« 5月 2021 6月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

栽培した野菜品種一覧はこちらからどーぞ!どれもこれも下手っぴですがねぇ。

ミニトマトその後

と言いつつ、なぜかオクラ。

オクラ頑張ってます。何度見てもキレイだわ。

オクラ頑張ってます。何度見てもキレイだわ。

今ついてる実が食べごろになったら撤収、と心に決めていたのに、気温が下がってきたせいか、実の成長が超スローペース。次の花が咲いちゃいました。

今ごろ立派になってきたミニトマト。

今ごろ立派になってきたミニトマト。

に、しても。すっかり晩秋のような気温です。
靴下履いてないと、寒いです@東京。
あまりにもこの気温で雨じゃぁねぇ、と、ベランダのミニトマトを一旦室内に非難して、今後の対策を練ってます。全部は育てられないですからね、ウチのスペースだと。

というより、もろもろの計算違いがこうなってるんだよなー。
夏に一個しか実が生らなかったもんだから、悔しくて種蒔いたのにさ、今ごろになって立派なお姿になってまして。

今ね、2本仕立てになってます、生意気にも。
支柱を立ててみたら、何だろ、結構良いんでねーかい?コレ。

もしかして、冬トマトとか出来ちゃうんじゃないの〜(高笑)

花芽もついてます。こんな感じ。

第二花房と第三花房。

第二花房と第三花房。

20091025_4

第一花房。ちっちゃ。

夏には味わえなかった満足感。でもこう寒くなっちゃ、実がつかずに終わっちゃうのかなぁ?
そもそも、第一花房なんてこんなだもん、あんまり期待できないね。脇目(どっちもだけど)の第一花房はまだマシで、そっちのほうが期待できるのかも。

え〜、さて。

その他のミニトマト、夏の終わりに狂い播きしたトマトさんたちも、そろそろ定植しないと根っこパンパン。

実験的に色々環境を変えたりしたものもアリ。これが一覧です↓。

ミニトマトもろもろ。日向土・培養土・水耕。

ミニトマトもろもろ。日向土・培養土・水耕。

どの株も本葉6枚程、といった所なんですが、その差、歴然。
セルトレイで同時に育苗してたものを、本葉4枚程の時に移植してます。
左の木箱は、日向土+くん炭+1日おきにハイポニカ約1000倍。永田農法っぽいのに、何故かハイポニカ。先に出てた良い感じのミニトマトも秋から同じ環境になってます。

中央の茶色のポットはセルトレイからゴールデン培養土に移したもの。
同じ葉っぱの枚数なのに、身長は半分くらい。実にスタイルの良い株になっちゃいました。

んで。右端の見切れてるのは、セルトレイからペットボトル水耕にし、室内に置いたもの。もう、見切れるほどの徒長っぷり。茎も向こうが透けて見えるぐらい色が薄いの。これだけは室内なので正確には比較できませんが、やっちゃいけない見本のような株に仕上がってます。ごめんなさい、これは撤収。

この中から日向土の礫耕・水耕栽培・培養土栽培(もうこれは決定してますが)の3つを残すべく、日向土から一つを水耕栽培に移行しようと思います。
水耕の装置はどうしようかな…。
今日は100均めぐりかな。

Posted on 10月 25, 2009 at 10:57 am by Naomi