« 4月 2020 5月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

栽培した野菜品種一覧はこちらからどーぞ!どれもこれも下手っぴですがねぇ。

コロナ禍でも、けっさくはやっぱり傑作だった

父の四十九日が終りました。

本来は今日、5月5日が四十九日。でも連休の前半のほうが参列する皆さんには都合が良いだろうと、3日の予約を菩提寺に入れましたが、結局は新型コロナの影響を考え、法事は家族4人だけで執り行いました。

菩提寺の、広い本堂にぽつんと4人。
お経と御鈴の音、お香の香り。心に染み渡る。

実家の庭は花盛り。

納骨は甥っ子たちも参加して、これまた家族だけでお骨を収め、精進落としは自宅でのんびり、仕出し御膳で済ませました。

なんともアットホームな四十九日。
昨今の日本中の冠婚葬祭は、こんな風にミニマムなんでしょうね。

父は特に派手な事が好きだった訳じゃないし、「俺は死ぬ時は誰にも迷惑を掛けないよう、自分で墓穴に入る」と冗談言ってたぐらいの人だから、私はかえって良かったと思っています。

昔はこんな風に、自宅で家族で、力を合わせて、様々なイベントをこなしてきた。
小さい家なら小さい家なりに、つつましやかな人数が集まって。

現代だって、それでも良いんだと思います。
別に無理して人を集めて、会場を借りてまで集まらなくてもさ。
ミニマムだけど、心に響く良い法事でございました。
一生忘れないわ、これは。

母は法事の後、近しい親戚に一軒づつ電話で報告をし、不義理を詫びておりましたが、みんな年寄りだから(笑)来るのも大変だもの、逆に感謝されていたようです。

終ったよー、やっと。
無事に送り出す事が出来ました。ホッとした。
お父さん、こんだけ私たち頑張ったんだから、ちゃんと成仏してねー。

(実は新盆のことがどうしたら良いのか分からず不安だけど、今は考えるのよそう…)

 

去年のトマト、冬を越しました。ボロボロだけど。

さてさて。
それでどうしたんだ?ベランダ野菜は?って話ですよ。
実は四十九日の前に一旦東京に帰宅し、ベランダを少し片づけたんです。

冬に播いた種は残念ながら全滅ですが、なんとベランダで、中玉トマトの「Mr.浅野のけっさく」が生き延びていたんです。
今年の冬は暖かかったから、ハダニで痛みまくっていたけれど、花はずっと咲いていたんです、冬の間も。
留守が多かったから何のお手入れも出来なかったのに。
ただただじっと、生き延びてくれていた。

寒かった時の実は、こんなに小さい。

春になって暖かくなって、冬の間の小さな実が、南天のように赤くなってまして。
強いなぁ。生命力を見せつけられたような。

これはもう、このまま育てるしかないっしょ!

どうせ都内のホームセンターは、この連休中の良い陽気で混雑しているだろうから、苗を買いに行くのも憚れる…。
我が家は「2年物のMr.浅野のけっさく」を続行する事にしました。

殆どの根っこは、痛んで溶けていました。

ハダニ盛りだくさんの枝。思い切って伐採。

痛んだ枝を伐採し、容器から根っこをそうっと外し、ドロドロに溶けた「根だったもの」を良く水洗いして取り除きました。
容器ももちろん洗浄して、新しいものに変更。
根がかなり少なくなっちゃったから、もしかしたら弱ってしまうかもしれないな、と思いつつ、その後、法事の準備のために実家に戻りました。

そして。

1週間経った今日は、こんな感じです。
お見事!何て強いの!
新芽が盛りだくさんじゃないの!
泣けてくる。浅野さん、ありがとう!

今日の様子。

大きな花が咲いてきた!

ダブル花房も着果してます!!

1週間経って、花のサイズもノビノビしてきましたよ。
気づいたら、ダブル花房みたいなゴージャスな着果もあります。
今年のベランダ野菜はあまり無理せずノンビリ…なんて思ってたけど、いきなり物凄いスタートダッシュになってしまった。

この調子ですと、みなさまよりひと足早く、大収穫祭を迎えそうです。てへ。
初収穫は仏壇に供えよう。
ちょっと遅れたけど、キュウリと朝顔の種も蒔きました。

これからも、母が一人暮らしになるので、実家と家を行ったり来たりだけれど、ベランダは私の心の置き所でもあるからね。ちゃんとお手入れを続けていこうと思います。

皆さん、今年も私のベランダ菜園にお付き合いください!
どうぞよろしくね。

Posted on 5月 5, 2020 at 4:15 pm by Naomi / 4 Comments

コメントありがとう! 「コロナ禍でも、けっさくはやっぱり傑作だった」

  1. コロナウィルスの影響で、冠婚葬祭も延期や縮小が当たり前となっていますよね~
    5月のこの時期は、トマトにとって一番いい時期。
    切り戻したり、挿し芽などがやりやすいですね!

    ポチ、っと!

    1. Naomi より:

      2020年5月6日 8:30 AM

      kasugai90さん、いらっしゃいませ♪ コメントありがとうございます (*^-^*)

      葬儀はしみじみと家族水入らずで…でも良いと思います。
      けど、結婚式はちょっと可哀想ですね、お友達を沢山呼びたかったでしょうし。
      披露宴会場などは、キャンセル料が大変で、若いカップルが四苦八苦しているようです。早く収束すると良いけれど。

      トマト、ぐんぐん伸びて、見ていても気持ちが良いです!
      また今年も、夏が楽しみになりました。

  2. 私も人が多かったら買うのを断念しようと思ってたんですけど、
    近所のHCはさほどでもなかったので、トマト苗を買ってきました。(汗)
    うちも年越しは1株だけ残してます。f(^^;)
    だって花が咲いてるんだもん、もったいなくて。。。(汗)

    1. Naomi より:

      2020年5月6日 8:36 AM

      akkyanさん、いらっしゃいませ♪ コメントありがとうございます (*^-^*)

      そうでした!akkyanさんは去年も、越冬トマトを育てていらっしゃいましたね!
      私も今年は仲間入りです r(^ω^*)))
      確かに、これだけしっかり花が咲いてしまうと、撤収できないですねぇ。
      逆に感謝してしまいます。

      ホームセンターは混んでいますが、ちらっと見たら、近所の花屋さんにもトマト苗ありました!ただ、品種が良く分からなかったので買わなかったけど。

      たまには購入苗で変わった品種を…と楽しみにしていたのでガッカリだけど、ま、結果オーライですね、早くから収穫が見込めそうだもん♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • メールアドレスは公開されません。
  • コメント欄はWordpress.com / Twitter / Facebookのログインアカウントを使用できます。もちろん、これまで通りにメールアドレスでも認証できます。
  • 著しく広報・宣伝が目的のコメントは削除いたします。