« 11月 2022 12月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

栽培した野菜品種一覧はこちらからどーぞ!どれもこれも下手っぴですがねぇ。

東京の暮らしを終了します

東京を離れることになりました。

実家に帰ります。もう母を独居にしていくのは難しいと判断をしました。
認知症で生活ができないというわけではありませんが、脊柱管狭窄症が切っ掛けで、毎日、朝から晩まで膝と腰の痛みを訴えるようになってしまいました。

でもね。
歩けないわけでもありませんし、ひざが曲がらないわけでもありません。食欲もあります。

特に酷い狭窄でもないようで、年相応の関節の痛みだと思われるのですが、本人いわく、毎日死にたいぐらいに痛いんだそうです。あまりにりきんで痛がっているうちに、今度は心臓に負担がかかったようで、持病の心不全も悪化してきてしまいました。

つまり、「もう一人では暮らせない!」と母は訴えたいようです。
86歳ですからね、仕方ありません。頑張ったほうだと思います。

母がかつて営んでいた理髪店。

本格的な引っ越しは来年の2月にと思っているのですが、私はもう殆ど実家にいます。
だから今年の夏は、ベランダトマトもまったくお世話できずに撃沈。これは東京を離れる潮時なのかな、と思い至りました。

実家が嫌で東京に出たけど、40年近くを好きに暮らせてこれたので、母の人生の残り数年間を甘んじてご奉仕する。

なんてそんなに簡単に決心をすることが出来ず、東京と実家を行ったり来たりしていましたが、もう体力的にも精神的にも無理、すでにかなり疲れています。
そして毎日毎日、ひーひー痛い痛いを繰り返し訴える母に辟易しています。
「痛い痛い」は、自分が若い頃のようには動けず介護されることにに対する免罪符のように、止めどなく流れ出て、どんな痛み止めもブロック注射も効かない。

だからきっと母は、死ぬとか意思疎通が出来なくなるとか、そういう時期までずっと、痛いよ痛いよ死にたいよを繰り返していくんだと思います。

疲れたよ、パトラッシュ。

これを書いている隣の部屋では、10秒前まで痛みにひーひー言ってたくちが、テレビと一緒に古い歌謡曲を上機嫌で歌っています。
高齢者ってそういうもんなんでしょうか。まじ腹立たしいわ。
「そんなこと言わずに、親孝行できるのは今のうちなんだから。」なんて思っちゃったそこのあなた。
言っとくけど、親孝行しすぎたから疲れてんのよこっちはさぁ!などと毒づきたくなるほどには疲れています。

あまり正面から向き合うと辛くなるので、できるだけ距離をとって接してはいるのだけど、構ってくれの圧が毎日凄くてうんざりです。
自分でおトイレが出来なくなったら施設だよ、と約束しているので、トイレに行くのもひーひー言いながら「痛くても頑張ってます」をアピール!みたいないちいち面倒な日々。

持つのかな、あたし。

さて。そんなわけで、残念ながら東京のベランダ水耕はこの夏をもって終了いたしました。
このブログも、テーマ変更をせざるを得ません。

前向きに考えれば、実家は一軒家だし庭もあるし、ガーデニングもDIYも好き放題。やりたい放題。
一応、2階にはちょいと広めのベランダもある。ベランダガーデニングも出来ないことはありません。
環境はいいのよ。歩いていける範囲にコメリもある。ブログ記事に困ること無し。

でもなぁー、「痛い痛いおばぁ」の顔を見てると、テンションが地中深くまで下がってしまうのよ。どうしたものだろう。
気持ちが引き摺られ無いように、自分の中心に気持ちを置かないと、こっちまでおかしくなってしまいそう。
これが介護の一番の敵なんだろうな、と想像に難くありません。

それと引っ越しがどうにも面倒くさい。
越境だし、実家に戻るとなると、自分の家財道具は処分するもののほうが多くなってしまいます。
冷蔵庫とか洗濯機などのリサイクル家電は、エレベーターの無い3階から下ろす作業もお願いせねばならず、割高でも民間業者に委託するしかない。

物干し竿などの自分で下ろせる粗大ごみも、15年も住んでいた部屋だもの、かなりの数があります。
今はダンナ氏が一人で東京でせっせとゴミの日に出せるものは出そうと頑張ってくれているけど、いやはや、考えるだけでも疲れてしまうわ。

物置状態の店舗跡がこれからは私の部屋。仮デスク。寒いよ。

とことん疲弊してしばらくこのブログも止まっていましたが、また書こうと思います。
引っ越しを決意したことで、よどんでいた気持ちが動き出したのかもしれないな。

しばらくはこんな愚痴ばっかりの記事しか書けないかもしれませんが、またどうぞよろしくお願いします。

Posted on 10月 24, 2022 at 8:02 pm by Naomi / 8 Comments

コメントありがとう! 「東京の暮らしを終了します」

  1. いまねえ より:

    2022年10月24日 10:31 PM

    Naomiさん、お久しぶりです。ブログ更新止まっていたのでご実家大変かなと思っていましたが、あわわ。移られるのですね。ひと様の母上なのに、グダグダ甘えるなーッと叫びたくなりました。身体の痛みは確かに気持ちが萎える辛い、それわかるけど。でもねー!私を引き摺り込むなっ!負のスパイラルに巻き込むなっ!ですね。Naomiさん、バシバシと愚痴も毒も吐いてー!それしか言えない…
    直近の課題である引っ越し、気力体力使いますね、先ずはご夫婦共に怪我や身体を痛めないようお気をつけて下さいね。

    1. いまねえさん、いらっしゃいませ♪ コメントありがとうございます(*^-^*)

      ほんとほんと、情けなーーーい母親ですわ。父が生前、「本当に面倒見るのが大変で嫌になっちゃう」とこぼしていたけれど、今はよくその気持ちが分かります。
      もっと労ってあげればよかった(今更w)

      痛みの訴え方を見てると、どうも精神的な要素が多いような気がしていて、同居を機に良い方向に向いてくれないかなーなんて、淡い期待を抱いていますが、

      …あまり期待するとがっかりしますよね、きっとね(笑)

      引っ越しは面倒ですが、今の旧店舗をいまねえさんのお部屋みたいにしたいんですよ!それが目下の楽しみ。お心遣いありがとうございます。無理の無い範囲で頑張ります!

  2. 先程はTwitterでありがとうございました😊
    Naomiさんとブログで出会ってから、何年になるかしら?
    ちびっ子だった息子が もう大学生になっちゃいましたよ。
    月日が流れるの早くて驚いています。
    ベランダの水耕栽培、西向きのベランダなのに すごくお上手で、写真を見るのが楽しみでした。
    都内にいらっしゃるうちに
    一度くらいお会いしておけば良かったわー。
    これから引っ越し作業で忙しくなるでしょうけど、腰とか腰とか腰とか…気をつけてね。

    1. モカさん、いらっしゃいませ♪ コメントありがとうございます (*^-^*)

      そうでしたー、「緑のゆび」をまだ小さなご子息が読んでいたこと、覚えてます。
      本当にあっという間に時間は過ぎていきますね。

      実家に引っ越しはしますが、きっと都内の園芸店に出向く事も多いでしょうし、
      何なら横浜のサカタにも行くでしょうし(笑)
      機会があればぜひお会いしましょう!

      今後は少しテイストが変わっていくと思いますが、まだまだ野菜は育てていきたいと思っていますので、今後ともどうぞよろしくです。

      腰ねー。すでにもうやばい。💦

  3. 親の介護。
    今はどこでも、問題となっていますよね~
    我が家でも、いろいろ苦労しました。
    これから暫くは、大変です。
    でも現在は、行政もいろいろな支援をしてくれる。
    一人で抱え込まないで、外部の人を頼って乗り切って下さい。

    ポチ、っと!

    1. kasugai90さん、いらっしゃいませ♪ コメントありがとうございます (*^-^*)

      そうですかー、kasugai90さんもご苦労なさったんですね。
      介護は大きな問題だけど、でも周りに先輩がたくさんいらっしゃるのが救い。
      今後は愚痴もちょいちょい書いてしまうと思いますが、どうぞこれからもよろしくお願いいたします!
      一人で抱え込まない、というのは本当に大事なことですよね。心に刻みます。

      それと、苦手だったコンテナ栽培なんかも始めると思いますんで、
      どうか今後もご指導ご鞭撻の程を〜(笑)

  4. 行ったり来たり大変なんだろうなあと思っておりましたが、
    実家に戻られるんですね。

    「痛い、きつい」は言われてもどうにも出来ないですもんねえ。
    本人も言わずには居られないんでしょうけど、
    言われた方は気分も萎えますもんねえ。

    うちの母は一時期だけ「早く死にたい」とこぼした時期がありましたが、
    こちらに来てからは、まったく言わなくなりました。
    母の弟に面倒を掛けてるとの思いが言わせてたんでしょうね。
    施設の方が気を使わなくて良かったのかも知れません。

    うちは家が狭くて最初から同居は無理だったんですけど、
    近所に施設があってホントに助かりました。

    引っ越し片付けは、こちらではリサイクルショップに頼めましたけど、
    そちらは難しいんでしょうかねえ。
    数点、売り物になりそうな物を買って貰って、ついでにゴミの処分も。。。
    階段を降ろすだけでも大変ですもんねえ。f(^^;)

    無理をなさいませんように。。。生活第一ですもんねえ。m(__)m

    1. akkyanさん、いらっしゃいませ♪ コメントありがとうございます (*^-^*)

      >> 母の弟に面倒を掛けてるとの思いが言わせてたんでしょうね。

      なるほどー。面倒をかけるという事は、心の底から嫌なんでしょうね。誰でもそうだとは思いますが、こと高齢になって自立が難しくなってくると、そんな事ばかり考えてしまうんだろうな…。
      お母様もそれが気掛かりだったのでしょうね。ウチもそうかもしれないな。

      本当は田舎の家を売ってしまって東京に来てもらって施設に入って…なんかも考えたのですが、やっぱり知らない土地には行きたくないという事で、私たちが引っ越す事にしました。まだ本人は独居で頑張れるつもりでいますし(^-^;; こちらが歩み寄るしかないと思って。

      リサイクルショップも考えてはいるのですが、案の定、3階からの階段下ろしは別料金だったりしますし、そんなに買い取ってもらえるような家具もない(笑)
      そうなると、粗大ごみ処分屋さんにまとめてお願いする感じかなぁ…。

      実家は実家で、ただいま絶賛断捨離中で、これもまた疲れます〜💦
      引っ越しは50代のうちじゃないとマジで無理だー笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • メールアドレスは公開されません。
  • コメント欄はWordpress.com / Twitter / Facebookのログインアカウントを使用できます。もちろん、これまで通りにメールアドレスでも認証できます。
  • 著しく広報・宣伝が目的のコメントは削除いたします。