« 6月 2019 7月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

栽培した野菜品種一覧はこちらからどーぞ!どれもこれも下手っぴですがねぇ。

懐かしい気持ち、再燃。

お寒うございます。
お正月は穏やかで、比較的に暖かい日が多かったけれど、ここへ来て本格的に寒くなってきました。

本当はクリスマスまでに…と思って縫っていた、ダンナのモッズコートが先週やっと出来上がりまして、本格寒波に間に合ってホッとしております。
ちゃんとライナーも付いてる本格的なヤツです!どや。( ̄ー ̄)
形はカジュアルだけど生地がダンディなので、面白い仕上がりになりました。

燃えるハンドメイド魂。

本格的な洋裁は無理だと思っていたんですが、やってみたらかなーーーり面白かった!
イメージ通りで機能やお値段も納得出来て…っていうもの、あんまり街で見つけられないのよね。
それを自分の手で解決するという、過程がとても楽しいのです。
縫い目は曲がってても、材料費が結構かかっても良いの。
出来上がってサイズピッタリ、イメージバッチリで、大量のセロトニンが放出される感じがたまらないんです。

実は高校生の頃、自分の服を作るのがとても好きでした。
小さいころは母がワンピースを縫ってくれたりしたから、その影響なんだと思います。
大人になって忙しくなって、すっかり遠のいてしまった趣味ですが、ここへ来て思いっきり再燃しております。
今年はハンドメイドにガンガン挑戦していきたいなぁ。縫い方の勉強もしたい。
次は自分のものを、と思って、今から楽しみで仕方ないです。

使ったパターンはこちらの本です↓

さてさて。毎日寒さが厳しいですが、我が家のリビングは、何だか真夏のジャングルのよう。
トマトが大きくなっちゃって、もう大変ですわ。

もう限界!

ここまで背が伸びると、土を使っていないのでポリポットも軽く、すぐに倒れてしまうんです。
これはいかん。
という訳で、仮定植する事にしました。
ポリポットからペットボトル水耕に移設です。

そこで。だ。
前々から悩んでいる資材のスリム化&省力化を踏まえて、こんな風に工夫してみましたよ。

まず、いつもの穴鉢ですが、これの底部分が根が出辛い感じなので、ズバッと切ってみました。
「園芸でちょこっと科学」さんでも以前、話題になっていましたが、このカゴ鉢は、底の部分の穴面積が少ないんだよね。
実は水耕容器に移設して暫くの間は、根が液肥に届いていないから、水分不足にならないように、かなり気を使わないといけない。
もっとすんなりと根が成長できれば、シビアな管理期間も短縮出来ると思うんですよ。そうするととても楽になる。

穴鉢の底をカット。

カットしただけでは、育ってきたときに自分の重さで落下してしまいそうなので、支えられる程度の補強をしました。
十字にアルミの針金を通して、この上に苗をのせるようにします。

根鉢が出来てる!

今回、バーミキュライトや日向土などの「粒」と使わなかったのは、実はこれを目論んでいたのです!
見てー。これよこれ。あく抜きベラボンで根鉢を作りたかったの。
思惑通り、無理に崩さなければ、そのまま穴鉢にセット出来る感じになっておりました。
サイズもピッタリで良い感じ♪

すっぽりぴったし。

穴鉢は今まで通り、フェルトで蛸のように給水紐をセットしてあります。
給水紐…っていうか、別にここから植物は栄養補給なんかしていないと思うけど、根の保湿のためにはとても重要だと思ってます。
だからこの部分は従来どおりで行く事にしました。

だけど、上の隙間を埋めないと、実際は液肥に日光が届いてしまって藻が生えちゃうので、何かでここを塞ぐ必要があります。
これも…簡単に出来るもの・もしくはずっと使い回せるもので対応したいので、ちょっと保留。後日追加することにします。

ここからは、根の充実をはかります

サンマルツァーノ2株、シンディースイート1株、クオールディブエ2株の計5株のペットボトル栽培が始まりました。
まだ1月ですけども、何とか3月に花咲かないかしらねぇ…。

春が来るまでは室内栽培なので、支柱などをどうするか、その辺も考えないといけませんな。

ところで。昨日1月15日は、一粒万倍日でございました。
当然のように、種まきしました。今回はこの3種類。

一粒万倍日なので。

CFプチぷよは、実家用。ミニトマトは生ってると可愛いんだけど、あんまり我が家では消費されないので、実家の庭の家庭菜園苗として育てます。

そして今回、新たな品種は「Mr.浅野のけっさく」です。
これ、菜園ブログを見てると結構人気があるようなんですが、私は初めての栽培です。
中玉なんですが、見なさんの記事によりますと、少し大きめなのでしょうかね。
どうにも大玉栽培が苦手な実家には、こういう中玉のほうが良いかなぁーと思い、初チョイスとなりました。

そしてふと、こんなものも。

懐かしの「タイ・ピンクエッグ」

懐かしいー!!(笑)8年前にみな挙って育てていた、タイ・ピンクエッグ。
種を整理していたら発見してしまいました。

とても美しいトマトなのよー、黄緑から白、そしてピンクへの愛らしい色づき。もう一度見たくて種まきしてしまいました。
震災の年の夏、この可愛いトマトにとても癒されたんだっけ。

随分古いからなぁ、発根するかなー?すると良いな。請うご期待!

Posted on 1月 16, 2019 at 10:15 am by Naomi / 8 Comments

コメントありがとう! 「懐かしい気持ち、再燃。」

  1. すげえ!/(゚o゚)ゝ
    市販品じゃなくて手縫い?/(゚o゚)ゝ
    カッチョイイ!!

    服なんて無理ですけども、いろいろ作るのは面白いですよね~♪
    私もそろそろ縫いたくなっております。(笑)

    フライングトマトも飛び立ってるみたいですね。f(^^;)
    私の万願寺さんも小さな実しか出来なかったのはきっと
    根が張り切れなかったせいではないかと思ってるので、
    参考にさせて貰おっと。。。m(__)m

    1. Naomi より:

      2019年1月16日 5:35 PM

      akkyanさん、いらっしゃいませ♪ コメントありがとうございます (*^-^*)

      このコート、ものすごい写真写り良いんですよ(笑)
      近くで見ると縫い目もふなふなだし、細かいところが合ってなかったりしてるんですけどね、遠目で見ると割と良い感じにできました r(^ω^*)))
      そもそも、akkyanさんのミシン記事を読んで、またやってみようとミシン買ったんですよ、私。
      言わば、akkyanさんは恩人です♥️
      また何か作りましょうよ、やっぱり楽しいよねー。

      満願寺やナスは特に、値の張りが遅いような気がするんです。トマトよりもシビアだなぁ…っていつも思います。
      これで簡単に根が育つようならラッキーですよね。
      とりあえず、油断して枯らさないように頑張ってみます♪

  2. まだ1月ですよね~
    室内では、どうしても日照不足になりがち。
    しっかりと、照明で補完したいです。

    ポチ、っと!

    1. kasugai90さん、いらっじゃいませ♪ コメントありがとうございます (*^-^*)

      栽培棚に置いてある分にはLEDがあるのでまだ良いのですが、
      部屋の中に普通に置いてしまうと、確かにちょっと日照不足が気になります。

      そこで!またまた懐かしい技を思い出しまして。
      ALAを使ってみようかなぁーと思ってるんですよ♪
      あとは、暖かい日中は、なるべく直射日光に当てるよう、頑張ってみようと思います!

  3. 「穴鉢の底に針金補強」のアイデアをお教えいただきありがとうございます。長年の悩みが一挙解決。うれしいです。
    それにしても、トマトのジャングルがすごいです。もう夏ですね。ニョキニョキかわいいなあ。
    あ、コートもダンディー。うーんとあったかいにちがいありません。著者:嶋崎隆一郎さんのお名前を発見して、にやにやしちゃってます。私、『男のシャツの本』でシャツ縫いました。型紙もよくできててとても助けられました。

    1. Naomi より:

      2019年1月20日 6:38 PM

      ともこさん、いらっしゃいませ♪ コメントありがとうございます (*^-^*)
      針金の底なら、かなり根っこは自由だと思います!
      んで、スポンジとかあく抜きベラボンとか、粒状ではない培地ならば、
      とっても簡単に定植できると思います、ぜひお試しを♥️

      トマトは少し早過ぎましたねぇー(^-^;
      でも、室内でできるところまで挑戦するのも面白そうなので、このまま続行してみます(笑)

      おお!ともこさんも嶋崎隆一郎さんの本をお持ちでしたか!!
      「男のシャツの本」、良いですよね!写真も綺麗でカッコいいんですよね、実は私も買いました r(^ω^*)))
      そうですか、良いパターン図なのですね、楽しみだなぁー♪
      だけど、ダンナのものばかり…というのは悔しいので、次は自分の何かを縫おうと思いますw

  4. か~ちゃん より:

    2019年1月20日 12:31 AM

    ご無沙汰しております~。
    でもってコメントありがとうございました。

    私のブログのほうでも返信させて頂いておりますが・・・

    naomiさんのブログはトマトで一杯なんだろうなぁと予想しつつお邪魔すると、いきなりハンドメイド!

    凄すぎるわぁ・・・w( ̄▽ ̄;)w

    水耕栽培やってるときから「ものづくり」が超苦手だとアピールしていた私にとってハンドメイドなんて同じ人間には思えないし・・・(^▽^;)

    あ。

    トマト・・・今年はどうしよう・・・(汗)

    1. Naomi より:

      2019年1月20日 6:57 PM

      か〜ちゃんさん、いらっしゃいませ♪ コメントありがとうございます (*^-^*)

      菜園ブログのほうの記事、今読んできました!!
      もう…泣いた…。そっかぁ。

      生命の力って、大事な家族がその狭間に立たされるときには、
      はかなさに打ちのめされるけれど、
      こうやって逞しく紡いでいく場面に遭遇すると、やっぱり力をもらえますね。
      畑ブログのほうでも、こちらこそ、これからもどうぞよろしくお願いしますね! m(_ _)m

      ハンドメイド、か〜ちゃんさんも猫ちぐら編んでたじゃんか!
      あれのほうが凄いですよ。それと、お料理だって立派なハンドメイドですよ。
      暮らしの中で役に立つハンドメイドは楽しいですな (*^-^*)

      トマト、そういえば前に頂いたキンカントマトが実は美味しかったのに5個ぐらいしか収穫出来なかったの(涙)
      リベンジしなくちゃ…と思ってたのに、今、思い出しました (^-^; すんません!

      トマト、何か必要な種があったらおっしゃってください♥️

Comments are closed.

  • メールアドレスは公開されません。
  • コメント欄はWordpress.com / Twitter / Facebookのログインアカウントを使用できます。もちろん、これまで通りにメールアドレスでも認証できます。
  • 著しく広報・宣伝が目的のコメントは削除いたします。