« 12月 2022 1月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

西向き極小のベランダガーデニング。 初心者ならではの失敗とチャレンジの記録です。

福島の桃

今年は無理かなぁ?と諦めていたのですが…。
うふふ。昨日、届いたお荷物です。

嬉しいなぁ〜〜〜♪

この季節になると、義父母が毎年送ってくださる桃。
美味しいと評判の桃を、わざわざ探して送ってくださいます。有り難いですなぁ!お父さん、お母さん、ありがとう♡

こんな暑い日に、冷たく冷やした桃で涼をとる、なんて、超贅沢!
早速頂いたところ、香りも高くて甘さもピカイチな、素晴らしい桃でした。

良い香り〜〜〜。

びゅーてぃふぉー!

さて。福島の農産物ですが、東京ではすっかり見かけなくなってしまいました。
風評被害は思いの外、深刻なのではないかと思います。
とは言うものの、実際にどれぐらいの農地が汚染されているのか、はたまた健全なのか、消費者には情報も届いてきませんし、国が定めた暫定規制値なんてぇのもユルイ数字ですからねぇ。難しいものがあります。

私も福島の両親も、ネットで情報を収集できるので、この桃の安全性を確認することができます。食べる事ができます。

だけど、ネットで情報を探せなかったら、やっぱり、小さなお子さんに食べさせるのは躊躇してしまうよねぇ?せめてパッケージに「放射性物質 検査済み」というステッカーを貼ることは出来ないのかしら?

実際に検査結果をネットで調べてみると、ヨウ素・セシウムともに不検出という作物もいっぱいあるんです。不思議です。ものすごいコストが掛かってしまうのかしら?そういうのをパッケージに書いちゃイケない決まりでもあるのかなぁ??

後手後手の対応に、沢山の方々が翻弄されていると思うと、心が痛みます。

ベランダの残渣で冬から作ってた、腐葉土だよー。

後手後手…といえば、腐葉土問題もそうですよね。関東以北のみならず、全国に広がっちゃってます。園芸愛好家としては、とても辛い。農水省は家庭菜園での腐葉土の使用自粛を呼びかけているようですが、その一方では、汚染された汚泥を堆肥の原料にしても良し!という訳分からん方針も打ち出してるようで。

バカにすんのも、いい加減にせい。

今年も作ります。残渣堆肥。

食の安全って、こんなに適当なものだったのかしらねぇ?
今年の堆肥作りは時期を前倒しして、少しづつ作り溜めしていこうかなぁ、と思ったり。
こんだけ暑いと、堆肥化も早く進みそうですしね。
今後、腐葉土も福島のお野菜と同じように、長い間、単に流通されなくなる…という事態が起きそうな気がしてならんのです。

そんなこんな、考えなくちゃいけない事がいっぱーい!な、第5回キャンドルナイトは、明日、11日でーす。詳しくは葉っぱさんのブログでご確認いただくとして。
先月のキャンドルナイトの私の写真、左官屋女房さんが素敵なポスターに仕上げてくださったんです、ほらね♡
みなさんのキャンドルも素敵なんですよ。

左官屋女房さんのブログより。

ちょうどお盆ですし、失われた多くの命に祈りを捧げるとともに、
生きてく人間として大切な事って何よ?と、
もう一度、自問してみたいと思います。

Posted on 8月 10, 2011 at 9:36 am by Naomi / 5 Comments

陽当たり確保のために、移動したおナス。
水耕栽培で育てているせいではないと思うけれど、今まで散々トマトトーンもしたけれど、中々着果してくれずにおりまして。

おナス、難しいなぁ。

けれど、7月の終わりに1つだけ着果してくれた、縞々ナスの「カプリス」は、こんなにそれらしくなってきました。嬉しいなぁ!

カプリス!でかいです。

こんなバランスなのに、すでに実は7cm。
おナスらしいバランスになる頃には…どんだけ大きくなっちゃうのか。見物ですねぇ。

それと、白ナスも1つだけ着果してくれたんです。
もちろん、トマトトーンしてあります。もう随分前から。咲くたびにトマトトーンを噴射してますが、1つだけしか成功してないという残念さ。

ううっ。嬉すぃ♡

実は白ナスは、遥か昔に第1果を摘果してるんです。6月の終わり頃ですかねぇ。
だから、このおナスは順調にバンバン実を着けてくれるもんだとばかり思ってたんですよ。

6月下旬に摘果した白ナス。懐かしい〜。

こんなことなら、摘果せずにちゃんと大きくしとけば良かった…なんて思ったりもしましたが、これから頑張ってくれる事を信じるしかないですね。

ちなみにこの摘果したミニ白ナスは、飲みに来た友人が、酔っぱらった勢いで生で食べちゃいました。ゲラゲラ笑いながら「白いのに茄子の味がする〜」とか言ってたなぁ。ちぇっ。

ところでね。
立ち読みしてた園芸雑誌に載っていた農家さんのお話で、
「ナスの花が先端近くに咲いていたら肥料不足。せめて10cmはないとダメ。」みたいな事が書いてあったんですよ。
記憶が曖昧なので、ネットで検索してみたんですけど、あまりそういう話しは見つからず。
ただ、花から先に5〜6枚の葉があると良い、みたいな事があったり。

カプリスの次の花。すでに黄ばんでる…。ダメっぽい。

白ナスの次の花も、上から5cmぐらいの所だし。

我が家のおナスは、白もカプリスも、花が先端近くで咲いてしまうんです。
葉っぱは3枚ぐらいしか展開してない状態。
決して短花柱花ではないのに着果しないのは、もしかしてもしかして
成育不足なの???

葉っぱも大きいし側枝もどんどん出てくるし、背丈も大きくなってきたので、成育は大丈夫!と勝手に思っていましたが、そういう事じゃないのかも。
だからと言って、液肥の濃度を既定値以上にするのも怖いので、とりあえず、陽当たりを向上させてみたつもりですが……。

どうしたものかな〜。

追記です

「葉っぱの笑子らいふ」の葉っぱさんがコメントにも書いてくださってる、おナスの整枝方法。図入りで詳しく説明してくださってます。こちらからどうぞ ↓

葉っぱの笑子らいふ:ナス、こんな仕立て方知ってる?

Posted on 8月 8, 2011 at 7:57 am by Naomi / 10 Comments

あまりにもモッサリとしてきたので、ちょっとレイアウト変更したベランダです。

少し風通しを良くしてみました。

トマトが茂りだして、すっかり陽の当たらなくなってしまったおナスを前面に出しました。
急激に大きくなった大玉トマト2つは壁際に移動です。
これでおナスの実付きが良くなってくれれば良いなぁ。

何が何だか、の横からの図。

ところで。緑のカーテン。皆さんのところでも、大分茂ってきたのではないかと思います。
我が家の今年の蔓性植物は(朝顔を抜かして)4種類ありますが、どうもね、カーテンに向き不向きがあるような気がしてまいりました。

例えばコレ。メロン。

メロンの葉っぱ。以外とカワイイ形です。

メロンって涼しい地域の方が合ってるような気がしますが、以外と暑さに強いっぽい感じです。
水切れさえしなければ、日中もしっかりした葉っぱです。
だけどさ。
メロンは実をきちんと付けさせるために、脇芽を剪定したり芯止めしたりしなくちゃいけない。
そうすっと、カーテンを分厚くするためには、ちょっと不向きかなぁ?と思っちゃいます。
特にネットメロンは、やっぱり少し無理があるよね。メインは張れないよなぁ。

一方、同じウリ科のキュウリ。これなんて、

だら〜ん。暑いとこうなる。

水切れしてる訳でもないのに、陽射しが強いとすぐに葉が萎れてしまうの。
これって、ウチだけですかねぇ??
今こそ頑張って陽射しをカットしてくれー!っちゅう時に、コレだもの。実はカーテンには一番不向きなんじゃないかと気付いた今日この頃。
キュウリには西日はしんどいのかもしれません。
この状態からもし水切れでもやった日には、もう戻れないでしょうねぇ。

ちなみに、水切れさせると、こういったキュウリができ上がるみたいです。

食べたくないなぁ(笑)

6月の終わりに「やっちまった」時の実は、大きくなってもこんなです。
皮を剥いたら食べられるのかなぁ…。美味しくなさそうだな(笑)

良く分からぬまま育てている「シカクマメ」ですが、こちらは流石に沖縄育ち!
以外と良い感じになってます。

暑さに強い!偉いぞ!

設置の関係上、どれぐらいの液肥量が入っているのかを確認できなくて、たまーに空になってるみたいなんですけど(笑)それでも萎れません。丈夫みたい。
もちろん、暑さにもバッチリです。
あとは、美味しいかどうかですね。秋まで分かりませんけど、期待「大!」だわ。

それと。沖縄野菜はもう一つスタンバってます。

こちらも沖縄育ちの「ナーベラー」。

メロンが1株は8月末で収穫が終わってしまうので、後任にと頂いてきた「ナーベラー」。
「さみしい女は野菜を植える」の赤メガネさんチから嫁いで参りました。
水耕栽培に移行したものの……どうなんだろー?育つのかなー。流石にちょっと時期が遅いかしら。

そうそう、赤メガネさんのブログで展開中の「本当にあった怖〜い話」シリーズ第2話に、
ワタクシが登場しております。
えー、怖いです(笑)
お時間ございましたら、そちらも是非に。

Posted on 8月 6, 2011 at 8:00 am by Naomi / 14 Comments