« 8月 2020 9月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

西向き極小のベランダガーデニング。 初心者ならではの失敗とチャレンジの記録です。

またまた、田麦山です。
田植えから1ヶ月ぶり〜。あの苗たちは、こんなに緑になってましたよー。

成長が早いなー!

今回は田んぼの除草作業、「田の草取り」に参加しました。
田んぼの草取りって、どうやるんだろ??
きちんと除草しないと稲が負けてしまうし、ヒエの成長も阻止しなくちゃいかんのですって。

わー、雑草いっぱい…。

そういえば、Dash村も魚沼で田植えをしてましたねー。
田植えでは全く同じ作業をしていたので、きっと除草も同じような感じで作業するんでしょうね。dash村も無農薬だから、同じ手間が掛かるはず。
…負けたくないなぁ(笑)

除草器。どうやって使うの??

ぱっと見た目、チンプンカンプンなこの道具が除草器です。
船みたいな部分の上に、歯が付いたローラーがあります。これを、

頑張れ!若者!

苗の間を押して行くと、ローラーが雑草を掘り起こすという。
すげー知恵だなぁ。昔からある道具なんですって。
この除草器を使うために、田植えの時に線まで引いて、正確な位置に苗を植えて行ったんですねぇ。なるほどねー。

雑草の根が張ってしまっている所は、いくらローラーと言えどもかなり重たくなって、なかなか前に進みません。
炎天下の中、縦横に除草器を走らせ、取り切れなかったものは手で抜き、
かなりの重労働。
お米って大変な手間が掛かってるんだなぁー、無農薬ってすごい事なんだなぁー、と改めて実感しました。無農薬で育てたお米が、安い筈がないよ、うん。

夏場は除草作業に明暮れるんですって。

分けつも進み、立派になってきた稲。作業に参加するにつれ、有り難さと期待が膨らみますねー。

さて。魚沼地方は、お水がキレイな事でも有名。
って事は、蛍もたくさん!!
農作業で汗をかいた後は、ビールを飲みながら蛍鑑賞でございますよー!!
私ね、天然の蛍って、初めて見たの。
田んぼや用水路のあちこちでふんわり輝く蛍に、超感動!

写らなかったよ(TωT)

えー、何も写っていないように見えますが、
心の綺麗なかたには、木々に囲まれた田んぼで光る、ゲンジボタルとヘイケボタルの混合ハーモニーが見えるかと(笑)

ちなみに、ウチのベランダにも実は稲があったりするんですけどね。
ペットボトルに1本づつ、田植えのときに持ち帰った苗を植えてあるんです。
だけど本当は、あまりお見せしたくないのです。
だってさー、これだもん。見ちゃイヤー。

だめぽ。

土も水も環境も何もかもデタラメだと、
魚沼の苗もこうなる…というお手本を作成中です(笑)

うわ〜ん。撤収したいよぉーーーーん!

Posted on 7月 4, 2011 at 8:00 am by Naomi / 9 Comments

やっと、やっと!
今朝、メロン「パンナTF」の雌花が咲きました!
くぅ〜、長かったなぁ〜。

待ってたよ〜!

全体的な雰囲気も段々と勢いづいてきて、葉っぱも大きくなってきました。
背丈はまだ1mぐらいかな。
だけど、この勢いならば、きっと大きくなってくれるはず。と、信じたい。
ちなみに、まだ子蔓は出てきてません。
自然に一本仕立て状態×2株です。

メロンっぽくなってきやした。

他にも雌花のツボミが。良かったよ〜。

何でもそうですけど、植物ってスイッチが入ってから後は一気に伸びたりします。心配かけやがって!この!この〜!と、暫し戯れて、早速受粉作業に。

今回のお見合いのお相手は、先端近くに咲いていた、大きめの雄花。
コヤツです。

少し大きめだったので、君に決定!

咲きたての雄花ですが、受粉の為にプチっと摘んで、こんな恥ずかしい状態にします。花びらが邪魔なんだもん。

いやーん、まる裸。

この雄しべを、先ほどの雌花の中心部、雌しべに向かって
ちょんちょんちょん、と、ね。

雌花が咲きだすと、早朝の楽しみになってまいります。
ふふん♪ 美味しいメロンが出来ると良いなぁ〜、なんて鼻歌交じりで受粉作業していたらば…。

どーけ、どけ、どけどけ〜〜。下手くそめ!

…蜂さんに割り込みされまして。
去年に比べて蜂の訪れも少なかったのですが、雌花の開花に併せたように蜂さん登場。びっくりしたなぁ、もう。

私の下手っぴな人工受粉が見ちゃおれんかったのですかねぇ?

最初は「刺されんじゃねーの?」とビクビクでしたが、結局メロンのために共存の道を歩んでおります。
だってね、去年の「かわい〜ナ」の時も、結局は蜂さんのほうが受粉上手でして、お任せしたほうが確立が高かったりするんです。

蜂さん師匠、すんません、また今年もヨロシクです。

Posted on 7月 1, 2011 at 5:22 pm by Naomi / 7 Comments

今日から7月です。
早いなー。野菜育ててると、半年なんてあっという間に過ぎちゃうなぁ。

ブログ仲間の皆さんは、すでに収穫が始まっているトマトですが、
我が家はまだまだ、青い実ばっかりです。
ですので、これと言った報告もないのですが(笑)
7月に入ったので、進捗状況をメモっておきましょう。

まずは、タイ ピンクエッグちゃん。
背丈は勝手に芯止まりしてコンパクトですが、脇芽がすごい事になってます。

横に広がってく〜。

まだまだ真っ青。

花房の間が1段しか空かないので、スタイルは本当にベランダ向きかも。
後はお味ですよねぇ。楽しみだなぁー。これは当たり品種だったかも〜。

コストルート ジェノベーゼ

コストルートジェノベーゼは、1段目が肥大中です。大きいものは、中玉トマトぐらいの大きさになりました。
だけど、やっぱりと言うか、なんと言うか…

尻腐れかなぁ?

1つだけ、尻腐れが発生した模様。EC値(窒素濃度)が高いのかしら?と思って、液肥の濃度を少し下げたら、他の実は大丈夫みたい。
だけど、コストルートジェノベーゼって、高EC値のほうがどうもお好きなようで、主軸の成長がノンビリになってしまいました。

第2花房。しょぼいなぁ。

第2花房の成育もイマイチ。本日からEC値を元に戻そうと思います。
添加できるカルシウムなんかも持ってると良いのかなー。

さて、なかなか花房が着かなくて、心配したKUMATOさんは。

KUMATOは無事、着果です。

クマさん、やっと本腰が入ってまいりました。
あまり樹勢の強いタイプじゃないみたいで(ってか、育て方だと思うけど)、相変わらずのヌボ〜っとした立ち姿のクマさんです。

ぬぼー。

脇芽がなかなか出てこないので、一本気な性格なのか?と思っていたらば、不思議な事を発見。上の写真だけで気がついた方は、相当トマト・マニアだと思いますが、ちょっと分かりにくいので拡大図を。

こういう形もアリなのか。

花房の下に側枝が出てますね。でも、花房にも生長点があるんです。
えーっと、何と言ったら良いのかな、第一花房も側枝の状態なんです。
主軸の方は、間に葉を4枚挟んで、第2花房が着きました。

クマさん。ちょっとクセのあるトマトなのか、個体の問題なのか良く分かりませんが、ヘンテコリンなトマトになりつつあります(笑)

そして、秋冬用に育ててるトマトの苗がコチラ。

すこぶる好調! 秋トマト軍団。

気候のせいなんでしょうね。予想に反してぐんぐん育っちゃってます。
見切れちゃいましたが、ミニトマトSpriteも水耕容器に仮定植しました。
クオール・ディ・ブエと、白トマトのグレート・ホワイトはサビダニ攻撃に一時期うなだれてましたけど、今では元気すぎるくらい元気です。
牛臓さん(クオール・ディ・ブエ)なんて、

も、もしや…花房?

ツボミらしきものが出現してます。
このペースで育っちゃうと、栽培スペースがありませんぞ。ヤバいなぁ。
秋冬トマトはきっと、7月になってから種まきしても間に合ったんでしょうねぇ。
フライングしすぎました。

という訳で、我が家のトマト事情でしたー。
まだ暫くは皆さんの収穫レポを、指をくわえて見てる日が続きそうですな(笑)

Posted on 7月 1, 2011 at 10:05 am by Naomi / 19 Comments