« 11月 2018 12月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

栽培した野菜品種一覧はこちらからどーぞ!どれもこれも下手っぴですがねぇ。

福島のミニトマト「紅涙(こうるい)」色づく。

喜多方のミニトマトの新品種「紅涙」が色づきました。

早ッ!と思ったそこのあなた。それは大きな間違いです。
これ蒔いたの、去年の夏ですから!(爆)遠〜〜〜い昔のことです。

20140520_1

長かった…orz(笑)

冬の間は室内に入れたりして、花もちょっと咲いてたんですけど、上手く着果できなくて。
花房ごと萎れちゃったりしてたんですよ。
結局、春になってから開花した部分がやっと色づき始めたところです。

抑制栽培(秋冬トマト)のつもりが、
遅れ過ぎて、促成栽培になっちゃった。

20140520_2

もうこんなに巨大なのです…。

とは言うものの、超ーーー適当管理で越冬したし、私の印象としては、割と頑丈な品種のようです。
だもんだから、桜のほころぶ頃から一気に元気になって、もうすでにこの大きさになってます。

紅涙は福島県の喜多方の農家さんが固定化に成功したしている、新しい品種なんですよ。
だから、寒さにはやっぱり強いのかもしれないな。

【追記:2014/05/21】2011年の時点でF5(5代目)だったそうです。この種はF7ぐらいかな?

全体的な雰囲気は、タキイの千果とかに似てます。茎も細くて、葉も小さめでね。

20140520_3

マメに摘心はしておりますが。

背がどんどんと伸びてしまうので、生長点は摘心、上のほうの側枝はきちんと摘み取るようにはしております。
それでも側枝は旺盛に出てくるので全然大丈夫。(だと思う)

そんな感じも千果っぽいのですが、大きく違うのが花の雰囲気。

20140520_5

ダブル花房がデフォルトのようです。

紅涙はこんな風に、ダブル花房ばっかりです。
ってか、
これは、冬の間の生育不良がたたったのか、シーズン的なものなのか、それともこういう品種なのか…その辺は良く分かんないです。
昔育ててた中玉の「シンディースイート」もこんな感じだったなぁ。

20140520_4

「涙」型にやっとなってきた!

最初の頃の実はまん丸なんですが、最近肥大している実は、ドロップ型になってきました。
「紅涙」っていう名前だから、ローズ系で多少縦長のほうがイメージ通りで、ちょっと嬉しい。

アベレージのご報告はまだまだ先ですが、
週末辺り、お味見はできそうでございます!美味しかったら記事になる予定。

(スルーの時は、不味かったと思ってくらはい。笑)

Posted on 5月 20, 2014 at 2:19 pm by Naomi / 8 Comments

コメントありがとう! 「福島のミニトマト「紅涙(こうるい)」色づく。」

  1. Twitterに更新つぶやき、ありがとうございます(*^_^*)
    長い間 手塩にかけた分、喜びも大きいですよね。
    ダブル花房、たくさん収穫できると良いですね。
    私も頑張ろ!

    1. Naomi より:

      2014年5月21日 8:14 AM

      mokaさん、いらっしゃいませ♪
      呟きに気付いてくださってありがとう!(笑)
      栽培期間が長いと、ハダニやら液肥切れやら、いろんなアクシデントがその分多いですからねー(私だけか? ww)よくぞここまで…という感じです。
      どうも豊産種みたいなので、スタミナが続くと良いな〜♡
      mokaさんとこも夏野菜は好調なようですし、お互い収穫が楽しみですな〜〜(๑´∀`๑)

  2. 早ッ!っと思っちゃいました。(笑)
    なぁ~んだ、うちのキタアカリとかピーマンみたいなものか。(汗)
    いや、うちのは完全にほったらかしでしたが・・・。(激汗)

    今年はトマトに何故か力を入れてます。(笑)
    今年もダメだったら、しばらくはトマトには手を出さない覚悟です。
    な~んて、んな大層なもんでもないですけども・・・。f(^^;)

    1. Naomi より:

      2014年5月21日 8:24 AM

      akkyanさん、いらっしゃいませ♪
      思っちゃいましたか(笑)これもう、10ヶ月ですよー。赤ちゃんなら生まれちゃうぐらいですよ(^-^;
      我が家も「ほぼ放任」でしたけど、なんだかーだと実を付けてくれるもんですね。逞しさが嬉しいです。

      >> 今年はトマトに何故か力を入れてます。(笑)
      おおヽ(´▽`)/ 素晴らしい!
      今年は冷夏という予報ですが、西日本ではもしかしたら、トマトにとっては過ごしやすい気候かもしれませんよ?
      涼しさで、真夏もしっかり着果してくれると良いですねぇ♡

  3. これで一株なんですか?
    すごくすっきりしてて、放任には見えません。
    今の関東の気温なら、時間はかかるけれど晩秋まきで、何とか冬を越させて、春に着果が、トマトには一番いいのかもしれないと思ってきました。
    業務連絡:メールしました((([\/] >>

    1. Naomi より:

      2014年5月21日 2:27 PM

      いずみさん、いらっしゃいませ♪
      メール有り難うございます!助かります m(_ _)m

      これはね2株ですよ。下葉は冬の間にハダニにやられたので、かなりカットしております(笑)
      本当はそのタイミングで、背丈も小さく切り戻しておけば良かったなぁ…と、今さらながら。

      >> 何とか冬を越させて、春に着果が、
      >> トマトには一番いいのかもしれないと思ってきました。
      私もいずみさんや「ちょこっと科学」さんの「激フライング栽培(笑)」を見ててそう思いました!来年はね、完全に違うスケジュールを取り入れてみようと思いますっp(`ε´q)

  4. 福島。
    例の漫画「美味しんぼ」で、また話題になってしまった。
    いったい、どうなるのでしょうね~

    ポチ、っと!

    1. Naomi より:

      2014年5月22日 7:37 AM

      kasugai90さん、いらっしゃいませ♪

      どうも「福島はヒドイ事になってる」ということに
      したがっている人がいるようで残念です。
      福島ではみんな普通に暮らし、子育てし、
      頑張ってるんですけどねぇ…。

Comments are closed.

  • メールアドレスは公開されません。
  • コメント欄はWordpress.com / Twitter / Facebookのログインアカウントを使用できます。もちろん、これまで通りにメールアドレスでも認証できます。
  • 著しく広報・宣伝が目的のコメントは削除いたします。