« 12月 2019 1月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

栽培した野菜品種一覧はこちらからどーぞ!どれもこれも下手っぴですがねぇ。

春を告げる、嬉し〜いイチゴのツボミ

春〜〜ぅ〜〜〜♪
今日の東京は、ほんとーに暖かい、春の陽気でございました。
ま、来週はまた寒いらしいですけどね。

ベランダ、ぽかぽか〜。

流石に今日は育苗コーナーのビニールも無しで、思いっきり日光浴させております。だってだって、こんな温度なんだもん。
蒸れちゃうし。

25℃っすよー。

三寒四温とは良く言ったもので、この数日は穏やかな気温だったものだから、野菜たちも春を感じたのでしょうね、一気にうかれちゃう野菜もあったり。

ザ・抽苔。

「東京べか菜」は蕾だらけでございますよー。そんなに一気に咲かなくたって良いのに…。
でも菜花みたいで、お浸しにしたら美味しそうだわ。
というわけで、べか菜は終了でーす。あんまりレポートしなかったけど、普通にミニ山東菜でした。日々の料理に便利で美味しかったので、また播きます。

もうひとつ、こちらが本題の嬉しい蕾です。
いやー、嬉しいなぁ♡

可愛い〜〜〜♪

このピンクの蕾。ミニバラみたいで可愛らしいでしょ?
タイトルで書いちゃってるのでバレバレですが、何の蕾かと申しますと↓

い・ち・ご・ちゃん♡

水耕イチゴです。
冬の間、日中だけベランダに出していたのですが、今週に入ってから葉っぱが立ち上がってきたような気がしてたんです。
展開してくる新葉も、ぐーんと大きい葉っぱになってきて、少し勢いづいてきたかな?と思っていたの。
でもまー、いかんせん、全体的にまだまだ小さくて、
今年もダメかなぁ…なんてね、ちょっと諦めかけてたんです。

「GoGo panda!」さん「あきらの空畑」さんのイチゴ開花の記事を読んで、羨ましいなぁ…と思っていたところに、
はいっ!来ましたぁ。偉いぞ、イチゴ!よくぞ空気を読んでくれた!

良かった。とりあえず、1個は花が咲きそうです。 (^-^;

古い葉っぱも、あと数枚だけ。

土の栽培から水耕栽培に変えた時に、葉っぱがくるんと丸まってしまったのですが、そういう古い葉も残り数枚で更新完了。病気っぽいかなぁ?と思っていた株も、その後は不穏な葉も出てこずに、元気に頑張ってます。
パッと見た目の大きさは変わらない気がしちゃうけど、考えてみれば相当数の葉っぱが出ていたことになりますねぇ。
相当数切ってるもん、葉っぱ。

意外と調子良いのか?? もしかして。

現在の液肥のEC値は1.0。ハイポニカだと800倍ぐらいでしょうか。
花房が充実するころには通常の1.4位にはあげていきたいので、もうちょっと様子をみながら、徐々に濃くしていくことにします。

ここに赤い実がぶら下がってくれたら((((*´ー`)

あとは寒さがぶり返した時を数回気をつければ、ベランダに出しっぱなしに出来ますからね。もうちょっとの辛抱です。
ピンクの花盛りになって、赤い実がぶらぶ〜ら、いっぱい付いてくれたら良いなぁ。

と…、子どもみたいな夢が広がるわー。
春ですね。(笑)

Posted on 2月 24, 2012 at 4:17 pm by Naomi / 16 Comments

コメントありがとう! 「春を告げる、嬉し〜いイチゴのツボミ」

  1. つぼみが可愛いピンク色で期待が高まりますね!!!
    苺も難易度が高いから私には絶対無理だと思うので、
    Naomiさんの苺を眺めて楽しませて頂きま~す。

  2. ピンク色、やっぱりきれいですねえ♪
    イチゴはさすがバラ科だけあって、花が可愛らしいです。
    原因不明の集団突然死から、唯一免れた蜜香もつぼみをつけてくれました。
    もうかなりあきらめ気分ではいるんですが、やっぱりうれしいです。
    枯れ事件がなければ、ちゃんと見極められたんですが、うちの葉っぱくるりんは、たぶんダニです。
    色々調べてみて、古い大きい葉っぱが怪しいと思い、苗購入時の葉っぱを全部取ったら、ぴたっとなくなりました。
    心は夏野菜に飛んでいますが、イチゴは今年の失敗は来年に生かすぞ!とはるか先に飛んでいます。
    液肥濃度は、まだこわくて上げられないけれど、勉強させてくださいませ

  3. Naomi より:

    2012年2月24日 7:09 PM

    @のんびりママさん、いらっしゃいませ♪
    イチゴはねー、栽培期間が長いですからねぇー。
    私も実は…苦手意識が一番高いな〜、イチゴ。(^-^;
    お子さんがもうちょい大きくなったら、一緒に育てるのも楽しいと思いますよー♪
    …「もっと食べたいから、いっぱい作って!」って言われちゃうかなぁ?(笑)

    本当はブクブクがあったほうが育ちが良いのでしょうけれど、お手軽栽培で頑張ってみますねー(⌒-⌒)
    楽しんで頂けるくらい、実が着くと良いんですけどね〜〜(笑)

    @いずみさん、いらっしゃいませ♪
    くるんとなった葉っぱって、ハダニなのかぁ…。
    確かに前回、ハダニでまったくダメダメだったイチゴも、くるんとなってたような気がしてきました…
    ああ、もう忘れたいからか、あんまり定かな記憶じゃないけど(爆)

    液肥濃度を上げるのは、確かに勇気が要りますよねー (^-^;
    実が肥大し始める頃までには何とか…と思ってるんですが、
    ビビりながら挑戦してみますねー。

    失敗したら、慰めておくれ。(笑)

  4. 4月・5月には、イチゴもたくさん生る。
    でも、3月になってくれた方が、嬉しいですよね~

    工夫を凝らし、3月でもたくさん生らせましょう。

    ポチ、っと!

  5. Naomi より:

    2012年2月24日 8:06 PM

    @kasugai90さん、いらっしゃいませ♪
    >>でも、3月になってくれた方が、嬉しいですよね~
    嬉しいですぅ〜〜(笑)

    水耕栽培の先輩方は、すんなりと沢山の実を生らせていらっしゃるんですが、
    私は水耕イチゴは、初めての花なんですよ (^-^;
    何とか成功させたい!と気合いを再投入いたしました。
    じっくり観察しながら、大事に育ててみようと思います。

    ポチッと、ありがとうございやすっm(_ _)m

  6. べかな・・・花がおいしそうです
    ノラボウナとかも興味があるんですが、この手の花系、葉物系、種類が多いですねぇ
    そしてお決まりのとう立ち・・・うちは春菊さんがなんも収穫せんうちに、花付けてます(泣)
    せっかくだからお味も教えてくださいね

    んで、同じ花でも期待されるのがイチゴさんで~
    可愛いですな、こりゃ
    あそこのプランと下がる姿がもう見えてるんですよね、予定ではw

  7. 先日はブログにご訪問ありがとうございました!

    かわいー!ピンクのつぼみのいちごちゃん。開花がたのしみですね。
    わが家のイチゴはその後、2つ目の花も咲いたのですが、
    液肥のECが0.6くらいなのにもかかわらず、葉にチップバーンぽい傾向があり、
    なにかバランスがおかしいのか?と悩む日々です。。。

  8. Naomi より:

    2012年2月26日 8:45 AM

    @葉っぱさん、いらっしゃいませ♪
    花蕾を食べるお野菜は、ほんとーに種類が豊富ですよねー。
    選ぶの大変です (^-^;
    のらぼう菜、私ね、食べたことないんで楽しみにしてるんですが、
    全然抽苔する雰囲気が無いのよねぇ…(笑)
    春菊の花は綺麗だけど、収穫前っちゅーのは…残念すぎますねぇ (^-^;

    イチゴ、この後も花房が続いてくれると嬉しいんですけどねー…。
    >>あそこのプランと下がる姿がもう見えてるんですよね、予定ではw
    そう。(爆)私には見える、見えるぞ〜〜〜状態です。

    @pandaさん、いらっしゃいませ♪
    わーいヽ(´▽`)/ pandaさん、ささ、お茶でもどうぞ。(笑)

    2つ目も咲きましたかー!完全に開花モードに入ってんですね、pandaさんのイチゴちゃん。良いなぁ〜〜♪
    ウチのはね「pandaさんとこは、雪が沢山降ってるけど咲いたんだよー」と、多少のイヤミを呟いてみたら、ツボミが出ました。(爆)

    私が去年「女峰」を育ててたときは、低EC値なのにチップバーン、という事がありました。だから結局濃度を最後まで上げられなかったんですよ、怖くて。(笑)
    けれど、窒素過多だけが原因では無さそうですし、光合成がガッツリできるような季節になれば、改善してくるんじゃないでしょうかねぇ??
    http://www.pref.shizuoka.jp/sangyou/sa-310a/faq02.html#a02
    イチゴは悩む要素が多くて、気が気じゃないっスよねー (^-^;

    何とか水耕イチゴ、収穫までもっていきましょう!!
    そろそろ成功体験がしていですもんね、お互いに(笑)

  9. やってますねえ。
    明るくてぽかぽかそうでよいですねえ。
    (今日はまた冷え込みましたが)

    イチゴの花、咲くとちょっとテンションあがりますね。
    葉っぱもわさわさ、元気そうでこれは期待が高まりますなあ。
    水耕イチゴ成功も間近!

    我が家のイチゴは傍観中です。(防寒はあまりしてません)
    寝ぼけてたまに新芽を出したりしてますがまだちょっと寒すぎるみたいで
    ぺったんこです。気長にやります。

  10. Naomi より:

    2012年2月27日 9:13 AM

    @runeさん、いらっしゃいませ♪
    イチゴの花は、ツボミの時点で可愛らしいですよねー。
    さすがバラ科!って感じで、エレガントですわ((((*´ー`)
    本当はruneさんみたいに、ブクブク投入もやってみようかなぁ…と思ってたんですが、
    何となく調子も上がってきたので、
    またこの「仮定植」のまま行っちゃいそうだなぁ(笑)

    雪がザンザン降る地域でなければ、防寒じゃなく傍観で良いんじゃないかと思ってますよー。(笑)冬に実を着けさせられるほど、温度確保できないですしねぇ。
    地味南のユンイさんちみたいに、サンルームが欲しくなっちゃうもん。(笑)

    ウチのイチゴも、つい最近までペタンコでしたよー(⌒-⌒)
    大丈夫♡ 気長に待ってあげましょうや、春はもうすぐですから♪

  11. 蕾きれいですね~。
    それと葉がきれい・・・。

    うちの夏姫さまは白だから・・・。
    まあ白も良いんですけどね。f(^^;)
    次は受粉を忘れないようにしなくては・・・。(汗)

  12. Naomi より:

    2012年2月27日 6:30 PM

    @akkyanさん、いらっしゃいませ♪
    白い花も清楚で良いですよ〜(⌒-⌒) イチゴの花は、どれも綺麗だなーって思います。
    野菜の花とは、ひと味ちがいますよね。

    受粉は、癖になってくると、すんごい楽しいですよー(笑)
    いかに蜂に負けずに、綺麗にまーるく肥大させるか…ちゅう、挑戦でもありますっ!
    私なんて、イチゴのために、
    ご愛用だったアイシャドーの筆を、受粉用にしたんだからぁ(笑)

  13. まいど~っす♪
    「あきらの空畑」さんかぁ。・・・あの人は男前やからねぇ(笑)
    25℃もあんのっ!?
    お日様出てるときは、ポカポカですなぁ。
    ウチのは、ポット時に開花しちゃってるんで、「まだまだ早いわぁー!」と、切り捨てごめん!!
    今も、まだツボミ時で、切り落としてますよ。
    株自体を成長させてからと思ってるんで。
    4月くらいまでは、泣きながらこの作業を繰り返す予定っす(T_T)
    種のスポンサーよろしくお願いしまっす!!

  14. Naomi より:

    2012年2月28日 5:46 PM

    @あきらさん、まいど〜♪
    男前だと、イチゴに花咲くってか?
    じゃ、私も良い女なんだわ、きっとー。(笑)

    曇りだと相変わらずの寒さですけど、
    お天気良ければ、ビニールの中はポッカポカのハワイアンです。
    もう2月も終わりだもんね、そろそろ本格的に春が来てくれないと、困っちゃいますな。

    切り捨て御免っすかー。で、出来なひぃ〜〜、そんな事出来ないよぉ〜 (^-^;
    だってウチの場合、この一花で終わるかもしれんし。(爆)
    でも本当は、大事な作業ですよねー。それがあるから、あきらさんはちゃんと「イチゴ祭り」が出来るんだろうな〜♪

    >>種のスポンサーよろしくお願いしまっす!!
    おうっ!了解っす!後ほどメールいたしま〜す (⌒-⌒)

  15. うちのは普通の白花だけど、ピンクのイチゴの花もいいですねぇ(^^)
    水耕でイチゴの花が咲くの初めてでしたっけ(^^?
    今年はいいことありそうですねぇ(^^) 一つ咲けば、後は次々と咲いて来ますから、朝からせっせと授粉してあげなきゃいけませんね!

    うちのイチゴはハダニー祭りが始まりそう(ーー#

  16. Naomi より:

    2012年2月29日 1:44 PM

    @ユンイさん、いらっしゃいませ♪
    ふっふっふ。実は水耕イチゴの開花は、
    初めてだったのれす。(爆)どんだけ下手くそなんだよ〜〜という感じでしょ?(^-^;

    寒かったり雪だったりで、ここ数日は外に出せずにいたりしますが、
    明日あたり開花となりそうです。ピンク色も、可愛いでしょ?(*^-^*)
    ツボミが出たのは1株だけなので(笑)他も追随して欲しいもんです。

    あれ、もうハダニーの季節?! 私も今年は、マジで気をつけなくっちゃー。

Comments are closed.

  • メールアドレスは公開されません。
  • コメント欄はWordpress.com / Twitter / Facebookのログインアカウントを使用できます。もちろん、これまで通りにメールアドレスでも認証できます。
  • 著しく広報・宣伝が目的のコメントは削除いたします。