« 9月 2017 10月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

栽培した野菜品種一覧はこちらからどーぞ!どれもこれも下手っぴですがねぇ。

枝豆の徒長撲滅キャンペーン2011「(1) 土中緑化」編

見覚えのあるタイトルが復活でございます!
この季節がやってまいりました!イェ〜イ。

今年も枝豆栽培をベランダでやっちゃおう!と思っておるのですが、
枝豆ってさー、普通に種まきすると、すぐに徒長しちゃうんだよねぇ。
だけど、売ってる枝豆の苗は、しっかりずんぐりしてるでしょう?
どうやったら、あんな苗が出来んのかなー、という飽くなき追求が、
この「枝豆の徒長撲滅キャンペーン」なのです。
着果が少ないってのも大きな課題なのよねー。お腹いっぱい、枝豆食べたいじゃん。

2010年版。緑豆もやしかよっ!!

去年は窮屈なセルトレイに蒔いてみたり必死に深植えしてみたりと頑張ったものの、やっぱりひょろひょろの枝豆しか育てられず。そしてやっぱり、着果数も極少。上手く育てれば、枝豆って1株で200近くの実が着くんですって。ウチのは10分の1だもん、悔しいなぁ。
だもんで今年もまた、キャンペーン開催とあいなりました。

今年は「おつな姫」です!

今年の枝豆は「おつな姫」という枝豆です。これを種まきしました。

ご存知のかたも多いようですが、今年は「土中緑化」をさせて育ててみます。私はつい最近まで知らなかったのですが、ダイズ・枝豆農家さんたちは、昔から当たり前のようになさってたりするんだそうで。

不織布を種の上に被せて、その上に土を3cmほど。

1cmぐらいの赤玉土を下にひいて種を並べて置いたら、不織布と3cm程の土を上からサンドイッチにします。
なぜ不織布が間に入っているかと言うと、
途中で上の土をどかしてしまうから、です。発芽のタイミングで日光に当てて、緑化させるんですって。そうすると、元気な苗が育つんですって。

このね「元気な苗」っちゅうのは奥が深いんだ。
実はこの後、摘芯・断根して苗を作るんですけど、多肥でも蔓ボケしない、着果数の多い枝豆に育てるのが目標なんだって。枝豆はしっかり養分をあげないと、着果が少なくなっちゃうんですってさー。

種まき完了 5/13撮影

水やりは普通に、不織布の上からでOKです。
ちなみに今回は赤玉土を使っています。普通の培養土でやったらカビが発生して失敗しちゃったの。もしカビちゃった場合は、300倍ぐらいに薄めたお酢をかけると良いらしいです。

発根してきましたー。5/19撮影

根の長さが5cmぐらいになったら緑化、というタイミングなのですが、気になって気になって覗いてみると…順調そう。よしよし、この調子。

根っこはまだ、3cmぐらい

もう少し根が伸びるまで、引き続き土を乗せておきましょう。
5cmぐらいの根っこの状態ですと、こんな感じで、まさに「発芽中」って雰囲気です。

あれ?もう緑っぽいけど…。

のぞき見していたせいか、すでに薄緑ですけど(笑)本当はもっと白っぽいはずです。
これを、日光に当てて、緑化します!光合成させちゃいます。
晴れの日なら1日程でOKだそうです。
そうすっと、

は、激しいわねぇ。大暴れ。 5/23撮影

こんな風に緑っぽくなるわけですよ。ま、うちのは最初から緑っぽかったけど、黄色っぽくなればOKだそうです。黒豆系は紫っぽくなるんですって。
この後、このままじゃ乾燥しちゃうので、上から土を1cmほどかけてあげて、普通に発芽させます。

子葉が開くまで、しばし待て!

さてー。どうなるんでしょうねぇ!ワクワクしますねぇ。
私がやってる方法は、「野菜だより」5月号に載っておりますです。
ちなみにこの方法は「がぶちのべらんだ」さんも実践中ですよ。私よりも遥かに先のステップに進んでおられます。心強いわぁ。

目指せ!枝豆マイスター!!
今年こそは、今年こそは、今年こそは〜〜〜!
次回「(2) 摘芯・断根」編をお楽しみに。

2011.06.14 追記

この枝豆の育て方は、岩澤信夫先生のサイトで詳しく知る事ができます。一度目を通してみてください。
>> 日本不耕起栽培普及会:大豆の高性能緑化強化苗の作り方

コメントをくださった、神田の爺ジイさんが、一連の作業をムービーで紹介してくださってます。すんごく分かりやすいですよ!断根シーンでは、何故か南方仁先生が(笑)
>> 千葉県生涯大学校東総学園 園芸科第20期 7班の自主研究

Posted on 5月 25, 2011 at 10:38 am by Naomi / 15 Comments

コメントありがとう! 「枝豆の徒長撲滅キャンペーン2011「(1) 土中緑化」編」

  1. すっごい面白そ~
    こんな方法もあるんですねぇ知らなかったわぁ。
    「枝豆は定植時に根を少しイジめた方がいい」
    っていうのを本で読んだことがあるんだけど、
    断根するのも、その辺と関係あるのかしら?
    これでNaomiさんがわんさか枝豆収穫したら、
    来年から、み~んなこの方法に変わっちゃいますね。

  2. なんかうちとちがう。。。( ゚д゚)
    豆の品種のせいなんでしょうか・・・?
    うちもっと豆でかかった・・・
    煮豆のごとくふにゃふにゃなってた・・・
    まめの一部が黒い品種なのですが、その黒い部分が枯れたようになるんです・・・

    ( ̄▽ ̄;)!!

    まぁなんとか育ってるからいいか!

    うちはカビだけじゃなく、ウジムーがうにょうにょしてるのが1つぶありましたよ・・・。
    ええ・・・それはもうびっしりと。

    もう少し蒔こうかしら・・・。

    場所ないんですけどね((´∀`*))ヶラヶラ

    あ、うちの夏~秋野菜はですねぇ・・・。
    根菜は大根1種・カブ2種・ニンジン1種(←ここだけほぼ品種が決まってる)
    葉菜はチコリとレタスをメインに数種類。
    もちろん去年巨大化して楽しませて?くれたコウサイタイははずせません!
    おかのりも自家採取して蒔きたいですね~
    果菜がたぶん冬場の日当たりじゃどうしようもなさそうなので、冬越しのエンドウ類を植えようかと思ってます(*´ω`)ノ 

  3. Naomi より:

    2011年5月25日 5:16 PM

    @かなんりょうさん、いらっしゃいませ♪
    うふふ、面白そうでしょー (⌒-⌒)
    はっきり言って、

    今年は期待大!!(笑)

    実は、断根した後の植え方も、ちょっと面白いんですよー。本に載っていたのは畑の話でしたが、かなーり肥沃な状態にしてあげるようなんです。これもまたレポートしますねぇ!

    >>来年から、み~んなこの方法に変わっちゃいますね。
    あはは、責任重大だぁ〜〜(^-^;

  4. Naomi より:

    2011年5月25日 5:21 PM

    @がぶちさん、いらっしゃいませ♪
    >>まぁなんとか育ってるからいいか!
    うん!結果オーライって事で(笑)ウチのは枝豆用の品種だもの、その辺の違いかもしれませんねぇ。

    がぶちさん、もうかなり秋冬は決まってるんだねー。
    私もチコリはリベンジしたいなぁ。あと、ロマネスコなブロッコリー。
    そうだった!思い出させてくれてありがとう!
    紅菜苔は去年、出遅れちゃったから、今年はチコリともども、早めに始めようと思ってたんでした。あぶねーー(^-^;

  5. おぉ、こんな方法があるのですね。
    枝豆は一度栽培して、晩酌1回分にしかならなかった苦い思い出があるので、今後の様子を楽しみにしています。

  6. Naomi より:

    2011年5月25日 9:11 PM

    @じゅん@さん、いらっしゃいませ♪
    枝豆は大好きなので、何とか上手に栽培したいなー、と思いつつ
    3年目に突入です(笑)
    枝豆って、一本の茎から枝が12本、それぞれに8個の花が着くんですって。
    枝分かれすることを考えると、全部着果したら…ヨダレが〜〜〜〜(爆)

    そんな風に育てられるようになるのが目標ですr(^ω^*)))
    「お腹いっぱい枝豆」が収穫できるよう、頑張りますねー!!
    しつこくレポートしま〜す(笑)

  7. 枝豆。
    以前、作った事があります。
    なかなか上手く作れませんね~

  8. Naomi より:

    2011年5月25日 9:30 PM

    @kasugao90さん、いらっしゃいませ♪
    枝豆、難しいっすよねー。
    そもそも、発芽間も無い時点で、「あれれ?」ってな感じになってましたし、私の場合(笑)
    でもね、今のところ…
    徒長する感じも無く、がっしりした胚軸が育ってる感じです!
    ただし、この後の断根がねぇ…上手くいくのか不安ですけど (^-^;
    ま、でも、やってみなくちゃ分からん!ですよねー。

  9. うわぁ、上下をチョキンって・・・
    枝豆にしたら「何すんねん、どんだけいじめたら気を済むんやっ」てな心境かな?
    でもあとで栄養たっぷりに育ててもらえるんだし、強い子になってくれるといいですね。
    節電で暑い夏になるかも知れないけど、その分ビールが美味しいはず。

  10. うーん、勉強になりました。うちの場合、枝豆ではないのですが、モロッコインゲンのやつが異様に徒長して悶絶しております。根から双葉までの長さが10㎝以上もあるんだもの。
    こちらの土中緑化の方法を拝見し、インゲンにもためしてみようかしらと思ったしだいです。
    ありがとうございまーす!

  11. Naomi より:

    2011年5月26日 9:10 AM

    @hiroさん、いらっしゃいませ♪
    >>枝豆にしたら「何すんねん、どんだけいじめたら気を済むんやっ」てな心境かな?
    まさにそうですよねぇ。殆ど虐待だもんなぁ(大笑)
    でも植物ってスゴイですよねぇ。それで逆に強く育つんだもん。
    うふふ、夏のビール&枝豆、プシューっとグビーッと楽しみです (⌒-⌒)
    「団扇をあおぎながらオッサン風に自家製枝豆で晩酌」
    というのが、憧れのイメージなの(笑)

    @ともこさん、いらっしゃいませ♪
    ともこさんの記事を見て、インゲンもダイズと同じく、徒長しやすいんだなぁーと思っていたのですよ。インゲンにも土中緑化、良いかもしれませんよ。
    うちの枝豆、すんごく短足に育ってるもん(笑)

    昔からある栽培方法らしいのですが、一般的な園芸本には載ってないですよねー。
    こういう「コツ」みたいな手法って、きっと他にもあるんでしょうね。
    あー、仕事さぼって、農文協の図書館に行きたい〜〜(笑)

  12. すご~いプロジェクトですね!
    ホント豆って肥料はいけないっていうけど、ソラマメなんかも結構肥料上げないとだめだし、加減が難しい
    それにたぶん窒素はいらないけど、リン酸は必要なんですよね

    野良仕事は奥が深い・・・・枝豆か~、いいなぁ

  13. Naomi より:

    2011年5月27日 9:51 AM

    @葉っぱさん、いらっしゃいませ♪
    えへへ、面白そうでしょう?( ̄ー ̄)ニヤリ

    特にダイズや枝豆は、窒素肥料をあげ過ぎると蔓ボケするからダメ、というのがセオリーですよね。私もそう思ってました。
    だけど、スーパーで売ってる枝付き枝豆のように、沢山の実を確実につけるには、しっかり窒素をあげないとダメなんですって。

    ガッツリと肥料を与えても蔓ボケさせない、というのが、今回の育苗方法らしいのですよ。奥が深いですよねー。
    上手く行くと良いんですけどねぇ〜〜 (^-^;

  14. はじめまして、千葉県在住の神田の爺ジイと申します。

    土中緑化で検索したらNaomi さんのHPがヒットしました!

    現在生涯大学校園芸科の2年生で、自主研究として枝豆の土中緑化栽培による

    品質と収量の比較を検証中です。

    これから普通栽培との比較のデータを取り、最後に枝豆をつまみに一杯の予定です。

    いんげんの土中緑化栽培も並行して試験中ですので、もし結果が良かったら

    お知らせ致します。

    お邪魔致しました。

  15. Naomi より:

    2011年6月9日 7:48 AM

    @神田の爺ジイさま、いらっしゃいませ&初めまして(⌒-⌒)
    ホームページ拝見いたしました!すごい!!これは結果が楽しみですねぇ!!
    ウチなんて比較栽培も2株づつしか出来ないですし(爆)考察までたどり着けないですからね、神田の爺ジイさまの研究結果を楽しみにしておりますネ♪

    >>これから普通栽培との比較のデータを取り、最後に枝豆をつまみに一杯の予定です。
    良いなぁ〜(笑)これぞ大人の学校って感じで、楽しそうヽ(´▽`)/
    私も色々と実験してみますね。
    これからもどうぞ、よろしくお願いいたしま〜す m(_ _)m

Comments are closed.

  • メールアドレスは公開されません。
  • コメント欄はWordpress.com / Twitter / Facebookのログインアカウントを使用できます。もちろん、これまで通りにメールアドレスでも認証できます。
  • 著しく広報・宣伝が目的のコメントは削除いたします。