« 5月 2017 6月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

栽培した野菜品種一覧はこちらからどーぞ!どれもこれも下手っぴですがねぇ。

近くにもあった「人生フルーツ」

週末は私の実家に帰省しました。
ゴールデンウィークに植え付けた夏野菜も順調に育って、キュウリはもう数回、収穫をしているようでした。

実家では初チャレンジの四葉キュウリ。

田舎のスーパーでは滅多に見かけない、イボイボの四葉キュウリ。
見かけはごついけど、歯の悪くなっている両親には、こちらのほうが食べやすいんじゃないかと、私が勝手に近所のホームセンターで買ってきて植えてきたものです。
確か、「シャキット」だったと思います。

これがとても気に入ったらしいんです。
いやー、「トゲトゲで気持ち悪い」とか言われなくて良かった!
採り遅れても固くならず、食感が楽しいから、味噌きゅうでバリバリと食べているそう。
噛みごたえのある食事は大変宜しいと思います。ちょっと目を離すと、柔らかいものばかり食べてるからなぁー。

ナス科も元気に育っております!

エコスイートが絶好調のようです。

毎年、トマトとピーマンは、私が育苗して植え付けているのですが、今年はこのミニトマト「エコスイート」が素晴らしく良い感じで育っています。
マンションのベランダ野菜より育ちが早いですね。日当たりが良いから、勢いがある。
ほぼ無駄花無し!という感じでした。

こんなふうに鈴なりになっていて、母のテンションも相当高くなっていました。ほら見て!これ凄いでしょう!と自慢されたけど、それ、私が種播いたヤツだからさ。ちゃんと品種を考えて、狙ってこうなったんだからさ。

さて、今回の帰省のメインイベントは、野菜の世話ではなくこちらです。
梅の実の収穫。

我が家のシンボルツリー、梅。

去年は妹夫婦が梅の収穫をしてくれたので、今年は私たち夫婦が頑張る番です。
以前は父が一人で頑張っていたのですが、流石に脳梗塞後は、高い脚立は危ないから!と、私たちが手伝うようになりました。

それでも、梅の収穫以外の庭の手入れは、今まで通りに父がこなしています。
もちろん剪定も。
多少の足の不便は残っているけれど、ここまで何でも出来るようになったことはとても嬉しいし、父は大したものだと思う。リハビリも頑張っております。

胴咲きが増えて、こんな風に実が着いてしまう老木。

この梅の木は、もうかなりの老木です。
道路拡張事業で今の場所に移転する際に、古いから切ってしまう予定だったようです。
けれど、職人さんが「立派だから勿体ないですよ」と、移植してくれた梅の木。樹齢は不明。

ダンナと私で脚立に登り、大きく育った梅の実を収穫。
なんだか、映画「人生フルーツ」みたいだね、しゅうたんと英子さんみたい!と大笑い。

あれ?ん?

今年は大粒になりました。

「人生フルーツ」を観たときに、ああ、こんな風に丁寧に暮らしていらっしゃるのか、ふぇー、梅仕事って大変だよね、毎年やっていらっしゃるのね、流石だなーなんて思ってたんですけど。

よく考えたら、うちの親もやってるじゃん。
もう何十年も。繰り返し、繰り返し。

毎年、10本以上の梅酒の瓶を仕込み、気が向いたときは梅干しを作り。
うちの両親は津端夫妻のようにおしゃれではないけれど、毎日一緒に庭仕事をして、夕飯時には採れたてのキュウリを味わう。

人生フルーツ、こんなに近くにもあったよ。

私も時々お手伝いしているウェブマガジン「どうする? Over 40」の、人生フルーツを題材にした連載「夫婦というレッスン」に、「スローライフなんてことさら言わなくても、みんな田舎の人はやってるんだけどなぁ」という一節がありました。確かにそうです。

あの映画を観た時に憧れた「暮らしの重ねかた」は、
実はどこの家にもあって、よくよく見てみると皆、なかなかの味を醸し出してたりする。
うっかり見逃さないようにしなくちゃね。

そういうことを感じた週末でございました。

保存

Posted on 6月 19, 2017 at 12:54 pm by Naomi / 8 Comments

コメントありがとう! 「近くにもあった「人生フルーツ」」

  1. 空梅雨なので、キュウリの出来もいいですよね~

    梅酒、これから飲むのが楽しみです。

    ポチ、っと!

    1. Naomi より:

      2017年6月20日 9:51 AM

      kasugai90さん、いらっしゃいませ♪ コメントありがとうございます(*^-^*)

      キュウリ、我が家のベランダでは絶不調なのですが、実家では大きく育っておりました。
      ちょっと悔しいです(笑)
      kasugai90さんも梅酒を仕込まれたのですね!
      梅収穫の報酬として、去年の梅酒を少し持ち帰ってきたので、
      私も暫くは、ちびちびと楽しもうと思います ((((*´ー`)

  2. オシャレでなくとも、日々を丁寧に、季節の流れに身を任せて心豊かな暮らしができるっていいなぁと思います。
    お父さんの回復が良いようで良かったです。きっと努力されているんですね!
    梅の木、羨ましい!我が家には蝋梅の木がありますが、梅なのは名前ばかりで、実態は梅じゃないんですよねー。
    実のなる木は憧れです。特にグレープフルーツを種から育てたかったです。笑

    1. yaeさん、いらっしゃいませ♪ コメントありがとうございます (*^-^*)
      「季節の流れに身を任せて心豊かに」って、良い言葉ですね!
      そうなんですよねー、季節の移ろいと共に暮らすことって、きっと基本なんだろうと思うのですが、都会にいると、ついつい、時間のプレッシャーのほうに気を取られてしまって。
      大事なことを忘れがちです。

      父のリハビリは、週に1度しか先生に診てもらえないので、毎朝5時から自主練してるんです。真面目です。(^-^; その性格を受け継ぎたかったですww

      ああ、蝋梅って実が着かないんですか。黄色が可愛らしくて素敵だなーと思ってたんですが、それは残念。
      私も庭があったら、実のなる樹を植えたかったです。
      グレープフルーツ、良いですねぇ♥レモンなんかも素敵だなぁー♥
      あと、自家製アボカドとか。(笑)

  3. キュウリ美味しいですよね~♪
    毎日食べておりますが、まったく飽きません。f(^^;)

    そして立派な梅ですね~♪
    やっぱ家で漬けた梅は格別ですもんね~。(^Q^)b

    カミさんは面倒だと避けておりましたが、お向かいさんから梅の実を頂いたので、
    仕方なく(カミさんは)今年は漬けてくれてます。f(^^;)

    うちのぶどうは今年も花付けてくれませんでした。_|~|○
    いい加減にあきらめようかなあ・・・。(笑)

    1. akkyanさん、いらっしゃいませ♪ コメントありがとうございます (*^-^*)

      暑くなると、キュウリが本当に美味しいですよねー。
      しっかり冷やして、それこそ、叩いた梅干しで梅キュウとか、私も大好きです!

      akkyan家も梅酒を仕込まれたのですね (⌒-⌒) 出来上がりが楽しみですねー♥
      うちの実家は、ホワイトリカーで数瓶、ブランデーベースで数瓶仕込みましたが、
      最近は梅酒用の日本酒なんかもあるようで、来年はそういうのもやってみようと思いました。

      >> うちのぶどうは今年も花付けてくれませんでした。_|~|○
      あああ…それは残念。
      んー。ブドウってやっぱり難しそうですね。土との相性とかもあるのかしら。

      ま、とりあえず今年は、トマトが絶好調のようですから、ブドウのことは忘れましょうか(笑)

  4. イボイボ胡瓜、美味しいでしょうね。
    畑直送の水分いっぱい。メイちゃんになった気分になりそうです。

    梅しごと。本当に周りの人たち、さらっと毎年こなしていて、
    私なんか、エイヤッって、重い腰あげるの大変。
    本当にすごいね。

    1. わぁー!!YUKKEさん、いらっしゃいませ♪
      コメントありがとうございますヽ(´▽`)/

      >> 畑直送の水分いっぱい。メイちゃんになった気分になりそうです。
      そうでしたね!トトロっての夏の畑のシーンが印象的でしたね〜。
      川の水で冷やした採れたてキュウリは、都会に住む身には、超高級なご馳走です(笑)

      確かに、十数キロを何十年も…って考えると、気が遠くなります。
      YUKKEさんの「炊飯器で梅シロップ」の記事のおばあちゃま達も、みんなそうやって同じように、暮らしを重ねてきたんでしょうね。すごいです。

      そして!炊飯器で梅シロップは存じませんでした!!
      はじいた傷のある梅、実家の冷凍庫を圧迫しております〜、なんとタイムリー。
      これを早速、母に教えてみます♥

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • メールアドレスは公開されません。
  • コメント欄はWordpress.com / Twitter / Facebookのログインアカウントを使用できます。もちろん、これまで通りにメールアドレスでも認証できます。
  • 著しく広報・宣伝が目的のコメントは削除いたします。