« 2月 2019 3月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

西向き極小のベランダガーデニング。 初心者ならではの失敗とチャレンジの記録です。

台風来るので、床に下ろします。

今日、9月最後の日曜日はマンションの消防点検でした。
例年だと、ベランダはジャングルのようで叱られやしないかとドキドキなのですが、今年はスッキリしたベランダ。当然、すんなりとクリアです。

それはそれで寂しいわね…。

合格シール、もらえました。

さて台風接近中ではございますが、前回のダニ対策の続き。使用する各農薬の自分用メモを書きます。

まず「農薬の種類」ですが、これは「アブラムシ用」とか「ウドン粉病用」とかの種類では無くて、農薬の有効成分の種類をチェックしなくては’いかん、という話です。前回も書きましたが、薬剤耐性のついたダニができあがると大変な事になるので、ローテーションで使わなくてはならないのです。
農薬の種類については、通販サイトですが、このページの一覧が解りやすいかも。

http://www.ihs-agri.jp/nouyaku-ichiranhyou/keitoubetsu-ichiranhyou.html

我が家のダニ対策ラインナップ

ベランダの趣味の園芸ですから、本当は農薬なんて使わないに越したことは無いのですが、ハダニはほんっっっとストレスだから。
それに蔓延させちゃうと、他のお宅にも迷惑だもの。使えるものはちゃんと使いこなして、きっちり撲滅したいと思います。

わたくしめのチョイスは主に、ハダニだけでなくトマトサビダニにも適用のある農薬で、ホームセンターで手に入るものが中心となっています。

アーリーセーフ(回数制限無し)

有効成分:脂肪酸グリセリド(物理的阻害) 製品詳細はこちら

予防のためにも、週1で使う!

天然油(ヤシ油)が主成分で、ダニ類の気門を封鎖して、窒息させる系。
使用係数の制限はありませんが、気門の無い卵には効かないので、孵化するタイミングで繰り返し使うべし!

同じ脂肪酸グリセリドが主成分の農薬にはサンクリスタルがありますが、物理的阻害(オイル系とかデンプン系とか)は、特に薬剤耐性のことは考えなくて大丈夫。週1回とか、小まめに使って蔓延させない…という使い方がグーですね。
ハダニは2週間ほどで卵から成虫になり、また卵を産むので、しっかり防除したいときは、2週間以内に連続使用しないと防除は難しいね。
「粘着くん」も気門封鎖で戦う系なので、小まめに使うがよろし。

モレスタン水和剤(5回まで)

有効成分:キノキサリン  製品詳細はこちら

ん?ハダニ増えたかな?と思ったら即!

ウドン粉病の農薬で有名だけど、実はトマトの場合、コナジラミ類とトマトサビダニに適用があります。トマトの場合、使用回数は5回まで。
初夏のウドン粉病発生時期に、同時にサビダニも駆除できるのでローテーションに入れてみました。
効き目はどうかのかなぁ…。ウドン粉病には効いた記憶があるけど、サビダニは正直、気にした事がありませんでした。次シーズンは積極的に使ってみます。

同系列の農薬にパルミノ(フロアブル)があります。

コロマイト乳剤(2回まで)

有効成分:マクロライド系ミルベメクチン  製品詳細はこちら

使うときは1発勝負のつもりで!

有効成分であるミルベメクチンは微生物が生産する天然物。卵から成虫まで、全ステージで効果あり。安定の効き目。
但し、使用回数は2回まで。
下記の農薬も主成分が同系列のようです。コロマイトを使うのなら、他はローテーションには入れないほうが良いみたいね。だけどアファーム乳剤は、トマトの場合の使用回数が5回までなので、こちらを使うという手もあるかもしれないなぁ…と思案中。

同系列の農薬にアニキ乳剤(レピメクチン)アファーム(アベルメクチン系)があります。

ダニ太郎(1回のみ)

有効成分:ビフェナゼート  製品詳細はこちら

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【住友化学園芸】ダニ太郎 20ml【10P03Sep16】
価格:1070円(税込、送料別) (2018/9/30時点)

楽天で購入

駄目押しの1発!

卵から成虫まで、全ステージで効果あり。残効性が期待できるようですが、使用回数は1回。
ネーミングがラフなので気門封鎖系のような気がしちゃうけど、全然違うので要注意。
マイトコーネも有効成分が一緒のようです。だから、ダニ太郎を使うのなら、ローテーションには入れられないね。

同系列の農薬にマイトコーネがあります。

ダニアーススプレー(住宅用)

有効成分:フェノトリン(ピレスロイド系) 製品情報はこちら

これ園芸用じゃないしハダニに適用があるわけでも無いのですが、床に敷いてるウッドブロックに使ったし、室内のダニ対策で使うので一応チェック。
こういう農薬以外の製品には使用回数って書いてないんだけど、同じくピレスロイド系列の「園芸用キンチョールE」のりんごへの散布剤としての使用回数は2回まで、となっていました。あんまり繰り返し使わないほうが良いのかもしれません…。

同系列の農薬にトレボン乳剤、園芸用キンチョールEがあります。


これだけあれば、何とか抵抗性をつけずに駆除できるんじゃないでしょうか。
この秋は雨が多いので、ダニ駆除にはラッキーかもしれません。ダニは水が嫌いだからね。

ダニ対策は、きちんと毎日葉水をして、ともかく飼わないように予防する事が一番大事ですけど、今年の夏のように暑さで乾燥状態が続く場合は、正しく薬剤を使ってしっかり防除したいものですな。

はい、現場からは以上です。

 

Posted on 9月 30, 2018 at 1:10 pm by Naomi / 4 Comments

普通に考えたら普通なことなんですけども、潔く、トマトのグリーンカーテンを撤収しました。

残ったピーマンと茄子を並べて、何とかカッコつけてはおりますが、緑がスカスカ。
秋雨の季節だから、これぐらいでも明るくて良いのだけれど。

ここ数年、我が家では常に雪の降る冬まで、トマトを栽培していたの。
だからいざ片づけてみると、ちょっと寂しいです。

すっきりー。

だがしかーし!

それもこれも、10月中に完全に葉ダニ&サビダニ駆除という目的のため。

来週末はマンションの消防点検で、もちろんベランダのチェックもありますんで、気合いを入れてお掃除中です。
今週は雨ばかりだから、出来る時にやらないとね。

絶賛お掃除中。

床にウッドブロックを敷いているのですが、この裏側の複雑な形のプラスチックの部分に、ダニのクモの巣みたいなのがあったりするんですよ。
これも洗い流して殺虫剤播こうかと思ってるんです。

ということで、ダニ対策についてちょっと書こうと思います、自分への健忘録として。
(ダニと無縁のかたにはつまらない内容でごめんね)

まずは、ダニの種類のおさらい。

屋内のダニ

ダニは昆虫では無く、クモやサソリの仲間。色んな種類が居ますが、良くアレルギーで問題になるのはヒョウヒダニ。このヒョウヒダニは「屋内塵性ダニ類」と呼ばれる一種で、屋内にいます。

  • ヒョウヒダニ(チリダニ)(→アレルギーの原因になる。家の中は9割これ。)
  • コナダニ(→食品につく)
  • ツメダニ(→人を刺す)

屋外にいるダニ

一般的に、ダニ問題で挙げられる屋外のダニはこんな感じ。

  • マダニ(→刺されると感染症を引き起こす事も!)
  • イエダニ(→ネズミや野鳥に寄生。刺されると激しいかゆみや感染症も!)
  • その他、トリサシダニ、スズメサシダニ、シラミダニ、ヒゼンダニ、タカラダニなど。

良く、「暮らしの知識」みたいな情報サイトだと、ここまでだったりします。ダニアースなんかの家庭用殺虫剤の効果・効能欄に記載されているのも大体、屋内塵性ダニ類・イエダニ・マダニという感じですな。

室内も一応やるけどね。

一方、ベランダ菜園で悩まされるダニは、こんな感じです。

ベランダ菜園でよく見るダニ

こちらは「植物寄生性のダニ」です。植物から栄養を吸収するので、人を刺したりはしません。

  • ハダニ
  • サビダニ
  • フシダニ
  • ホコリダニ
  • コナダニ

この他にも、赤くて大きなタカラダニを見かけたりしますけど、これについては、花木に害がある…というサイトもありましたが、良くわからなかったです。
アース製薬のサイトでは「ハダニやカイガラムシを捕食」となっていたので、植物寄生性ではないようですな。

この中でも特に多いのはハダニ。ハダニは成育サイクルが30度の気温下では12日程度と、とても早いので、油断するとあっという間に蔓延します。
サビダニも同じように、1年間で一代〜十数代までものすごいサイクルで世代交代するので、駆除にあたっては「薬剤に対する抵抗性をつけないようにする」という重要なポイントを死守せねばいかん。
じゃないと、何も効かない、スーバーサイヤ人のようなハダニが出来上がってしまうのよ。

今のところのウチのダニ対策ラインナップ。

そんなわけで色々と取りそろえ、駆除スケジュールを立てようとしている所です。
次回、なるはやで、それぞれの農薬の効能などについてメモろうと思います。
有効成分によって、使い方が違うからね、その辺をしっかり頭に入れるとします!

 

そう言えばね、トマト無くなっちゃって寂しいから…というわけでなはいけど、電子ピアノ買いましたよ。
すんごい安いヤツですがね。
最近、脳の衰えを感じ始めたので、トレーニングのために良いかと。

電子ピアノ買いましてん。

子どものころ、少しだけ習っていたけど、とても厳しい先生で、あっという間に挫折してしまったの。
殆ど弾けないに等しいのですが、頑張って40年ぶりに同じ教本を独学で練習しています。

楽譜も読めなくなってたし、左手は右手につられちゃうしでヒーヒーですが、
今はyoutubeでお手本がいつでも見れるから、一人でやってても楽しい!時間だって好きなときでOK!
時代は変わったなぁ!

お裁縫を再開したときも思ったけど、パソコンやネットのお陰で、昔とは違うやり方をいくらでも選べるんですねぇ。
型紙もパソコンからA4で印刷して、テープで繋ぎ合わせて切るとかさ。衝撃的に楽ちんだもん。
本当に良い時代に生きてるなぁーとしみじみ思います。折角だもん、うんと堪能しなくちゃね。

Posted on 9月 25, 2018 at 1:42 pm by Naomi / 4 Comments

ご無沙汰です。夏が終わってしまいました。
というわけで夏の反省を。…まずはもう当然これからです、

【反省1】ブログをサボってごめんなさい!!

ハイシーズンの期間中、すっかり更新をお休みしてしまいました。
特に病気していたり何かあったわけではございません。
ただただ暑かったのがいけない。
ぼーっとしてましたわ。なんか、ずっと落ち着かないような浮遊感で夏を過ごしてしまった…。

現在の我が家のベランダはこんな感じです。辛うじて緑がある程度(苦笑)
んもう、あたくしとしたことが。

トマトの下のほうは、スカスカです。

見ての通り、トマトの下のほうはもう葉っぱが無くなってきております。
ええ、ご多分に漏れずサビダニでございます。
もちろん毎日葉水もしてたし、サビダニに気付いてコロマイトも散布したんですが、あまりの気温の高さに惨敗です。
もう、気持ちでも負けたね。
これは今年の大きな反省点でもあります。

7月の終わりの収穫

そういえば、「プチぷよ」の感想を何も書かずに終わってしまいました(まだ花咲いてるけど)。
プチぷよ、本当に食感が良いです!サクランボみたい。ウチの両親は、甘くて皮が柔らかいって言って大喜びでした。今までで一番気に入ったようです。来年も実家用には栽培すると思いますが…我が家ではもうリピしないかも。
だってサイズがとても小さいんだー。面倒なの、収穫も調理も (^-^;
逆に、小降りなのでお弁当にはすごく良い品種だと思います。小さいお子さんにも食べやすくて良いと思う!(とフォローしておく。)

それから、KUMATOの収穫写真を撮るのを忘れたけど、今年はあまりの暑さゆえか、KUMATOもミニトマトたちも、上手く完熟できなかった実が多かったです。
毎日の気温が高過ぎて、完熟の前に浅い色で柔らかくなってしまうのよ。KUMATOなんて黒トマトだから、しっかり色が出ないと全然かっこよくない。
直射日光が当たって…というより、温度が高過ぎる感じなので、葉影でもダメでした。
人間は非力でございますねぇ、酷暑に太刀打ちできず無念。
これは反省して何とかなるような問題じゃないけれどね、悔しかったです。
何か良い方法は無いのかしら…。

真っ赤になる前に、痛んでしまう。

でも収穫はそこそこ出来ていて、特にサンマルツァーノは今年も良く頑張ってくれました。
実験的にF2栽培もしてみましたが、特にF1とは変わりなく、良いサイズの実が揃いました。2代目なら問題ない感じ。来年もこの種、使っちゃおうっと。
ちなみにサンマルツァーノは、暑さで傷むことはありませんでした。皮が厚いからですかねぇ?

相変わらず良いサイズ。

8月4日の収穫は2kg。

8月4日が一番多い収穫で2kg。この夏、トータルでは4kg越えました。
4株あったので、大体1株で1kgつづですかね。

その後もぼちぼちと、トータル4kg越え。

我が家ではこれを、いちいちソースにせずに、丸ごと冷凍保存していたのですが…
はい。ここで反省点。

【反省2】サンマルツァーノは4株も要らない

ウチはそんなに大きい冷蔵庫じゃないから、冷凍庫にそんなに入らないのさ!仕方なくあふれた分を灼熱のキッチンでぐつぐつとソースに仕立て、汗だくに…。
4株は多かった。来年は2株にして、有難〜くいただける量にします。
それと暑い夏は、やっぱり生で、冷やしトマトで美味しいクオールディブエが無かったのが悔やまれます。品種配分を完全に間違えましたねぇ。

そしてトマトに関しては、先にも書いた大きな反省点。

【反省3】ダニ対策が不十分だった

あまりの暑さのせいか、今年は一度もウドン粉病は出なかったんですよ。でも、ハダニ・サビダニには散々泣かされました。
っていうか、これ以上は無理だわ!どうしたら良いんだべ。

ウチのベランダ、朝7時から30度以上は当たり前で(ってか、夜間も暑いんだよー)、もう朝の葉水なんて焼け石に水状態だったの。
10分後にはカラッカラに乾いてしまうのですよ。
普通の葉水と、週に2回のアーリーセーフではハダニすら防御できず、
サビダニの発生時にコロマイトを2度散布するも、完全撲滅ならず。

これ以上のコロマイト使用はダニに耐性を付けてしまうので、薬剤を「モレスタン水和剤」に変更。
だがしかし、撲滅失敗…。
モレスタンのトマトへの制限回数は5回なのですが、なんだろ、コロマイトのような劇的な効き方じゃないんでしょうかね?
それとも、ダニの繁殖力がそれに勝ったのか。
結局は改善出来ずじまいで、今に到ります。

最初から薬剤のローテーションを考えておけば良かったなぁー。
最初がモレスタンだったなぁー、コロマイトの散布は後にすべきだったかなぁー。
薬剤を使いたくないのは山々だけど、使うからにはちゃんと考えて使えば良かったなぁー。

久しぶりのダニ惨敗でございます。

今年はね、名物の「冬トマト」はやらない事にしようかと思ってます。
一回ベランダをちゃんと掃除して、消毒もして、しっかり防虫しようと思います、来年のためにね。

今ごろになって茄子が良い感じに。

そんなこんなで、今年のトマトは早めに切り上げる予定ですが、ここへ来て気温が落ち着き、茄子の着果が始まりました(笑)
暴風に煽られて傷だらけですけど。これと万願寺が花盛りなので、これらでもう少しだけ、夏の余韻を楽しませてもらいことにします。

万願寺の第2期目がスタート。

そして暑さのあまり失敗しまくっていた冬野菜の種蒔きは、徒長した苗を胚軸で切断して刺し芽して、何とかここまで大きくなりました。
ひー、しんどかった。
そろそろポット上げして外に出したいなぁ。暑さ寒さも彼岸まで。もうちょっとの我慢ですかね?

冬野菜も少しずつ。大きいのは豆苗の再生栽培。

そして…。
大きな台風や地震の被害に遭われたみなさま、心よりお見舞い申し上げます。
一日も早く、心から安らげる日々が訪れますように。

自然災害とは言え、こんなに度重なると気持ちが沈んでしまいますよね。
被災していない私たちに出来ることは、しっかり食べ、しっかり睡眠をとり、元気に働いたり自分の家族をフォローしたりしながら、経済を支えることだと思います。今、ご病気と戦っていらっしゃるかたは、ともかく気持ちを穏やかにして、養生に励む事が仕事ですよ。

なんて。偉そうな事言いますが、あたくしも災害のあった地、それぞれにお友達や身内がいたりして、落ち着かない数ヶ月を過ごしておりました。

だからこそ、自戒を込めて、大きな声で言います
食と睡眠は本当に大事
です!歳をとってくると睡眠時間が短くなりがちで、脳がちゃんと休めてなかったりするだよー。
意識的に睡眠をしっかりとるように、みなさん気をつけてね。ホントまじ気をつけてね。
大きな災害の時って、自分で被災していないと気付きにくいけれど、それぞれ皆、ストレスが増えてると思いますよ。
どうかどうか、ご自愛を。

秋がもう来てます。大きく扉を開けて、季節を迎えましょうや。

Posted on 9月 11, 2018 at 8:41 am by Naomi / 4 Comments