« 10月 2017 11月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

西向き極小のベランダガーデニング。 初心者ならではの失敗とチャレンジの記録です。

暑くなってくると、趣味のウォーキングは、ひたすら日陰を渡り歩く旅となります。
本当は林の中の木陰なんかが気持ち良いんですが、都心だとビルの陰も有り難い日陰。高速道路の高架下もね。

首都高の下。池尻大橋付近。

ちょっと前までは、首都高の下なんて埃臭くて空気が悪くて大嫌いだったんですが、最近はこんな事になってます。車は多いけど、緑がある所為か、それほど空気が汚れている感じがしません。

この大橋ジャンクションには屋上に公園があると聞いていたのですが、まだ行ったことがなかったので、週末のウォーキングで行ってきました。

ジャンクションの屋上に樹が!

ちゃんとした庭園なんだね。

大橋ジャンクションは屋内ループ構造になっているので、その屋上を利用した庭園が「目黒天空庭園」でございます。
ちょっと和風な感じですねー、落ち着きがあってとても良い空間です。
1周400mぐらいかな。

起伏があって、とてもキレイ。

ここには(入場できませんでしたが)「おおはし里の杜」というビオトープがあるんですよ。
昭和初期のかつての目黒川の河岸段丘を再現した構造で、水田とかがあるの。
色んな鳥や昆虫が生息してるらしいです。

ビオトープもありました。

この新しいジャンクションもそうだし、周りの高層マンションもそうだけど、
人間の「造る力」って凄いなぁーと、つくづく思う。
こんな緑だって造っちゃうんだもんね。

近くの高級スーパーでサンドイッチ買ってきて、公園ランチしました。

この庭園だって、確かに、太古からの自然にはどうやっても敵いっこないような規模でしかないけれど、
鳥や昆虫にとっては、そこあんまり関係ないよね。
無いよりは、あったほうが良い。それだけで意味があるのだと思う。

都心の「スクラップ & ビルド」はここへきて拍車がかかっていて、少し寂しくも感じますが、
再開発のエリアは、そこそこ緑も増えていて良い感じなんですよ。
何でも新しければ良いってもんじゃないけど、古ければ良いってもんでもないよなぁー。

庭園なんですが、何故か一角に畑が出現!
特に「展示のために」って訳でもなさそうな?
ガッツリまじで育てている感じですねぇ(笑)

何故か、畑!!ww

展示物ではなさそう?

天空トマトですか。随分と実着きが良いですなぁ!
虫のお陰なのかな。
なんとも標高の高い露地栽培ですね(笑)

本気モードだね、こりゃ。

ウォーキングから帰ってきて気付いたら、うちのサンマルツァーノも開花しておりました。
良かったー!まともな花房です。
たくさん実が着いてくれると良いなぁ。

うちのベランダのサンマルツァーノ。開花です。

その他もろもろ、トマトは調子が上がってきたので、その話はまた後日。

保存

Posted on 6月 5, 2017 at 12:28 pm by Naomi / 7 Comments

風邪をひきました。
と言っても、全然熱のでない、夏風邪のような状態。暑いんだか寒いんだか分からなくて難儀しております。
こういうのって未病っていうんでしょうか。だらだらと不調が続いたりするのでしっかり治さないとね。
歳の所為か、がーっと熱が出てサクッと治る…っていうのが少なくなりました。
嫌になりますな。

さて。だらだらと長引いていると言えば、ハーブ栽培ですわ。(無理やりだな)

先が長いわぁー。

これは、何度も挿し芽に失敗してる鬼門のハーブ、ローズマリー。
種まきからもう3ヶ月以上経っているのですが、見てこれ。発芽は2個だけ。しかもまだこんなに極小。
どうも聞くところによると、ローズマリーって、10cmに育つまでに、1年かかるんですって、ホントかよ…orz

業を煮やして、水挿し開始。

それじゃぁ何時まで経っても、美味しいお肉が焼けないじゃない!
という事で、先日料理に使って余った枝を、またまた懲りずに挿しました。
今度は水挿しにしてみたんだけど。どうだろう…。

実は、ハーブ栽培はとても苦手意識が高いのです。
バジルやルッコラみたいに、強い1年草は全然OKなんですが、多年草とか根の弱いものとか、中々手強いです。

もっさり、種からパセリ。

ただ今年は奇跡的に、去年種まきしたパセリが、枯れずに頑張っていてくれてます。
ポリポットからプランターに移して、結構ふさふさになってきました。
これも1年かかってるんですよ。やっと収穫が楽しめるようになりました。
パセリは根が弱いらしいから、水耕では無理なのかなー、水耕では一度もまともに育ったことが無くて悔しいですが。

いつ収穫したら良いのか、わからない…。

そしてこちらも、普通に土栽培ですが、
ローリエ(月桂樹)が巨大化してきております。どうしたらいいのか分からない!
ローリエは「1年中収穫できます」なんですが、乾燥させてお料理に使うのは、しっかり固くなった、半年以上前の葉が良いんですよ。
でも新芽がわらわらわらわらと出てきて、背ばかり高くなってしまうの。
上をばっさり剪定したいんだけど、そうすると、新芽をみんな無駄にすることになって、
勿体なくて、剪定できないの。

……言ってる意味、分かります?(笑)
そんな感じで、だらだらと成り行き栽培を続けております。

これもそろそろ鉢を大きくしないといけないので、狭いベランダで週末辺りに作業をしようと思いますが、
6月は挿し芽の時期でもあるらしいんですよ。上の生長点を挿して、試しに水耕栽培にチャレンジしてみるのも面白いかなぁ…などと思案中です。

だらだらしているうちに、5月ももうすぐお終い。
梅雨に備えて、キリッとした精神を準備せねば。

Posted on 5月 30, 2017 at 3:58 pm by Naomi / 6 Comments

今日の東京は曇りで過ごしやすいお天気です。
過ごしやすい…という言葉が出てきちゃうあたり、今年は気温が高い日が多いんだろうなぁ。

さてさて、トマトのほうは絶好の気候で過ごしやすいんでしょうね、この所の成長が早いです。
今年初の栽培、ミニトマトの「エコスイート」が開花しました。

エコスイート、開花しました。

ミニトマトはやっぱり育てやすいですね。後から蒔いたのに、真っ先に花が咲きました。
エコスイートは単為結果性の強い品種のミニトマトです。
どうなるんだろう、どれぐらい着果しやすいのか、楽しみですねー。

大玉トマト達は…

先に種まきして水耕に移植した大玉トマトも、随分と背丈は大きくなりましたが、蕾はまだこんなに小さい。
写真はサンマルツァーノですが、ルネッサンスなんてもっと小さいの。
長く室内栽培になってしまって、お日さまが足りなかったからかなぁ…、なんて思ってたけど、過去記事を見てみたら、去年はもっと遅くて、5月の末にやっと蕾が見えてきたところでした。

うーん、もう少しかかりそう。

実はベランダに放置していた予備苗のほうが、明らかに節間も詰ってるし蕾もしっかりしてるので、念のために、こちらも根っこの土を落として水耕に移植しましたが…どうなることやら。
サンマルツァーノは2株の栽培なので、状態の良いものを選抜して定植しようと思います。
あと1週間、様子見することにしました。

放置栽培だった予備苗のほうが立派w

さてね。
長らくピーマンの品種ジプシーだったけれど、ここ数年は「西洋早生」をリピート栽培しております。
へっぽこ栽培でも、割と肉厚で、そして柔らかい美味しいピーマンが生るんですよ。
その西洋早生も少し前から開花しております。

……って、ピーマンの胴咲き?

西洋早生。開花しましたが胴咲き。

だって2年目なんだもんー(笑)

実は今年はあんまり苗が上手くできなくて、なけなしの1株は実家のプランターに植えてきました。
そうなの、自分の分が無くなっちゃったの。
なので、まだ春にまだ撤収していなかった去年の株を、そのまま育ててみようかなーと邪心が湧きまして (^-^;

そもそも撤収しようと思ってかなり刈り込んであったので、枝ぶりはかなりの無理があります(笑)
でも、新しい枝も出てきてるし、新しい白い根も出てきてるし。

勿体ないので育てます。

何より、すでに着果してるんだもの。捨てるのは惜しいでしょう。
数個でも収穫できれば有り難いです。
予定外でしたが、今年は「ピーマンの多年栽培」にも挑戦する事となりました!
今後、どういう風に育つのか、楽しみです♪

Posted on 5月 25, 2017 at 12:24 pm by Naomi / 9 Comments