« 4月 2017 5月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

西向き極小のベランダガーデニング。 初心者ならではの失敗とチャレンジの記録です。

12月も半ばを過ぎましたねー。もう年末の準備等はお済みでございますか?
ウチは少しづつ不用品の処分などを始めましたが、早くもお疲れモードです。
早めに始めたのは良いことだけれど、これじゃ年末まで持たないわ〜と、一旦休憩状態になっております。
(そして間に合わなくなるんだ、きっと。)

毎日かなりの冷え込みですが、そんな不甲斐ないワタクシとは裏腹、ベランダの水耕トマトはまだ頑張っております。

頑張っております!

やっぱりちょっとチャック果になっちゃったけど、大玉のパルトも真っ赤に色づきまして。
今日の晩ご飯で使います。

パルト、このあと収穫しました♪

さてさて。このパルトという品種は、単為結果性の強い品種なんだそうです。
大玉トマトは、「トマトトーン」などのホルモン剤で処理しないと、なかなか着果しなかったりしますが、単為結果性の強い品種なら、そんな処理しなくて良いわけですよ。

とは言うものの、単為結果と言っても、全部の花が実になるわけじゃなかったですけども、パルトは真夏でも割としっかり実が着いてくれて、管理はとても楽でした。トマトトーン、一度も使わなかったもん。

実家に植えたやつも、「初めてこんなに大玉が収穫できた!」つって喜んでいたので、今年も単為結果性の品種を選ぼうと思います。

種を買ったどん!

そんでもって、種買いましたー。来年夏用の種まきはお正月過ぎたら始めますよ、早いよねーもうそんな季節です。
服飾デザイナーよりも季節先取りしてるかもしれん。

勿論、今まで通り、エアルーム品種なども育てますが、今回はF1の単為結果性の強い品種、言わば「ひとりでできるもん」シリーズを3つばかり購入しました。

ルネッサ〜ンスやないかい♪

先ずは大玉トマト「ルネッサンス」。サカタさんの種です。
「あまうまトマト」っていうキャッチコピーだそうですよ。フルーツトマトとして水分を減らした栽培方法にも使われたりしてるんだそうです。

省力栽培なので、エコ。

ミニトマト部門の「ひとりでできるもん」は、エコスイートというやつにしてみました。
ごめんなさい、全然知らなかった品種なのですが、果重は20g程度でミニトマトとしてはやや大きめだそうです。

食味抜群!って書いてあるけどなぁ…1度食べたら忘れられない味にも色々あるからなぁ…。どうなんでしょうねぇ。

そして♥
やってもうた!とうとう手を出してもうた(笑)
「単為結果ナス」だぞぅ。( ̄ー ̄)ニヤリ

ラクに栽培できるのねー。

とげなしラクロ」という品種です。
あるんですねぇナスにも。知らなかったよー。
もう我がベランダではナスは無理…と諦めかけておりましたが、どうなの?これなら行けるんじゃないの?

親の意見と茄子の花は千に一つも仇はないと申しますが、ウチのベランダのナスの花は、ちぃーっとも実が着きませんのでね、
禁断の一手で長年の鬱積を解き放とうと思います!

ぐふ。
ふっ。
ぐははははははーーーー(≧∇≦) 来年の茄子はぁ、豊作間違いなしじゃー!

(この時期のこの妄想、一番楽しいなぁww)

Posted on 12月 20, 2016 at 4:31 pm by Naomi / 8 Comments

この季節になると、ブログの検索ワードに決まって登場するのが、「ヒヨドリ 対策」です。

可愛がって果物なんかをあげている人も多いようですが、家庭菜園ティストにとっては、ただの敵でしかないですからね、本当にもう、むかつきます。皆さん困っていらっしゃるようですねぇ。
しかも、糞も大きいし。コンクリートに落ちるとなかなか綺麗に落とせないし、嫌になります。

今年は早々に前面にネットを張ったのですが、これ、あんまり見栄えが良くないですよね。
色もブルーだし、何となく雑な感じに見えてしまう…。

20161212_8

豪快にネット張ってます。

しかも、ヒヨドリってホバリングできるので、少しだけ空いた上部の隙間から、上手いこと入ってきて。
これだけ張っても、完全にシャットダウンすることができなかったんです。
30cmぐらい隙間があるだけでダメです。

そこで。

20161212_9

上部も紐を張って。

屋根に近い上部の隙間とか、ベランダの端っこの隙間とか、ともかく、侵入ルートを少しでも邪魔するように、麻紐張ったり物を置いたり意地悪してみました。
一度だけこれでも侵入されてしまったのですが、その時に気付いて脅かしてやったら、逃げ道があまりにも無いことに気付いたらしく、ヒヨドリ大パニック!

必死な感じで天井すれすれを脱出していき、その後はもう入ってこなくなりました。

鳥同士で「あそこはヤバいぜ」とか情報交換するんでしょうかねぇ?
周りではヒーヨヒーヨと鳴いて下りますが、我が家のベランダは今のところ平和でございます。

ヒヨドリ対策、基本的には、
1)入ってこれないように邪魔をする
2)入ってきても、どこにも留れないように邪魔をする
3)入ってきても出れないように邪魔をする

という、邪魔をする作戦しかしていませんが (^-^; でも組み合わせれば割と防鳥できるかと思います。
それと、諦めずにマメに対策を追加する…ってのも、鳥にとっては慣れなくてストレスなのかもしれないです。しょっちゅうベランダで何かやってると、あんまり寄りつかなくなる気がします。

20161212_7

だいぶ食べられて小さくなっちゃったけど。

そんなわけで、ボロボロにされてやる気を失っていたブロッコリー類は、ペットボトル鉢に植え替えました。
一部は水耕にしたんだけど、もうすっかり定植時期を過ぎていたので、根着かないかもしれないな。

20161212_6

黒キャベツや壬生菜もそろそろ収穫開始!

黒キャベツ(カーボロネロ)や壬生菜などの葉物は、だいぶ株が大きくなってきたので、そろそろ収穫を開始しても良さそうですな。
鍋だのスープだのに便利なので助かります。

20161212_3

寒いけど、トマトもまだまだ元気。

今年はマジで寒い日が多いですけど、何とかトマトも無事でございます。
しっかり液肥を補充するようにして、何とか根を凍らせないように気をつけております。

20161212_4

1つだけ先に着果したサンマルツァーノ。

最初に着果した実が、やっと赤くなってきました。
と言うことは他も、順次熟してくれると思います。頑張れ、頑張れー!

12月も半ばに突入で慌ただしくなってきますが、今年はね、少し気持ちに余裕がございます。
去年の今ごろは、実家の父が脳梗塞で倒れたりして、心身共にヘトヘトになってましたが、あれから1年。
諸々落ち着き、少しは趣味の時間を持とう!お裁縫しよう!なんて思ってた矢先に、30数年の付き合いのミシンが壊れました。

20161212_1

新しいミシンを買った。

とうとう、新しいミシンを買いました。
安いのだけど、昔のミシンに比べたら、すんごーーーーーい良く縫えてビックリ。
何でもかんでも、古いものを大事にすりゃ良いってもんでも無いんだなぁ。
分厚い生地もすいすい縫えるので、フェルト鉢なんかも簡単に作れそう!

新しい年に向けて、気持ちも道具も、色々切り替えてスッキリしたいと思う、今日この頃です。

Posted on 12月 12, 2016 at 10:05 am by Naomi / 4 Comments

さぁー12月突入です!
ついこの間2016年になったばかりだと思ってたのに。(いやそれは言いすぎ)

でも1年があっという間に感じます。年齢の所為なのかしら。

よくよく考えれば、去年の今ごろから、家族の入院だとか不調だとか、本当に色んな事があったんですが、
嫌な事は一々思い出さないように、脳が勝手に時間空間をワープしてるとしか思えないほど、この1年は早かったです。

それを「物忘れ」と、人は呼ぶのかもしれませんが。(笑)

そろそろ年末に向けてのお片づけ…という訳でもないけれど、薄暗かったベランダのトマトを、ガッツリと剪定いたしました。

20161201_1

薄暗いよねぇ。

天井近くのハダニが凄かったので、お薬でも撒こうかと思っていたのですが、それよりも何よりも、まずは剪定しないと、薬だって効果が出ないだろう…と、重い腰(しかも腰痛)をあげまして。
良く見ると、ハダニのコロニー的な、クモの巣も張ってたり…。あかん。これは放置しすぎましたね。

20161201_2

良く見ると、ハダニのコロニーも…

そう言えば、前回の記事で「ハダニ凄い」って書いたところ、Twitterで水耕にもお詳しいプロフェッショナルなかたから「重曹スプレーが良いですよ」と教えていただきました。
確かに農薬の管理って面倒くさいし、重曹+オイルならベランダでも臭わないから良いかも♪
来年度は水スプレーに加えて、重曹も上手に使っていこうと思っております。

20161201_3

ついでに、Gary Ibsen’s Gold撤収。

丈夫な品種ではあったけれど、酸っぱすぎて食べる気が起きないGary Ibsen’s Goldも、ついでに撤収いたしました。
物凄く茂っていたので、これが無くなるとかなりお日さまが入ってきて、ベランダ温度も上がるはず。
まだ花も咲いてるし着果したらしき房もあったけど、ゴメンね。
夏の間は本当に緑のカーテンとして活躍してくれました。ありがとう!お疲れ!

20161201_4

45リットルのゴミ袋がいっぱいに。

今年は残渣堆肥も作っていないので、全部ゴミとして出しましたが、ちょっと管理が煩いマンションだったら「一辺に出しちゃダメ!」って怒られそうなぐらいの大量になってしまいました。

でも…

20161201_5

暖けー。

流石にこれだけ剪定すると、いやぁ、日差しが入る入る!!
この日は最高気温も11度にしかならないという日でしたが、ビニールの効果たるや凄い!
ましてや西日が入るベランダですからね。

20161201_6

もうすぐ夕方でもこの温度だ、やほーい♪

これはトマトの色づきに必要な積算温度も、順調に稼げそうです。
もっと早くにやれば良かったよ…。

ハダニの酷い部分はガッツリ切り落としてしまったので水スプレーだけでも凌げそうですが、もしまだ増えてくるようだったっら、重曹スプレーを試してみようと思います。

剪定と同時に、暖かい中央部分に実が集まるように誘引も直しまして。
かくして、ベランダは12月とは思えない、こんな景色になりました。

眼福♥ むふふ。

これなら取り遅れてしまうことも減るし、何よりも、
まぁ〜〜〜癒されますです。 (๑´∀`๑)

慌ただしい師走の雰囲気に呑まれることなく、マイペースでいきましょうや。

Posted on 12月 1, 2016 at 11:39 am by Naomi / 4 Comments