« 6月 2017 7月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

西向き極小のベランダガーデニング。 初心者ならではの失敗とチャレンジの記録です。

またすっかりご無沙汰してしまいました。
今年こそはゆったりとした春を過ごしたかったんですが、やっぱり年度末は仕事やらなんらや忙しいもんですわ。
年齢的にはもうそろそろ、働き盛り期は過ぎたと思うんだけどなぁー(笑)
でもお仕事で忙しいのはあり難いことですね、文句言っちゃいけませんな。

そいでもって、実家の母は4月1日がお誕生日。
忙しかったからどうしようか迷ったけど、今年は週末だったし80歳の誕生日。
妹と示し合わせ、またまた先週も帰省してきました。

傘寿だから記念になるものが良いかなぁ…なんてプレゼントを色々と迷いましたが、私は結局これにしました。
自分が欲しかったので、きっと母も便利がるかと。

保温調理器。もうお鍋は焦がさせないw

煮物が好きなくせに、よく火をつけっぱなしにして、お鍋を焦がすのです。
そして父と喧嘩になる。
喧嘩ぐらいなら良いけれど、火事になったりしたら大変なので、魔法瓶効果で保温調理ができる「シャトルシェフ」をプレゼントにしました。

妹は、とてもキレイな色のお財布。お財布もどこに置いたかすぐ忘れるので、娘が選んでくれたものなら、少しは気を使うかなーと(笑)

80歳でも元気でいてくれる母に、心から感謝。
長生きしてちょうだいね。

そしてこれ。こちらは私がいただいた、素敵なプレゼント。

面白い種をいただいた!

一通り今年の栽培苗は育っておりますが、先日、古くからのブログ仲間、か〜ちゃんさんから面白い種が届きまして。
これ知ってる? 私はしらなかったんだけど、「キンカントマト」っていうの。

大阪北部の北摂という所で、大切に守られてきた在来種なんですって。日本のエアルームですねぇ。
なんでも、90歳を超えるおばあちゃんが、大事に大事に繋いできていたらしいです。
トマトが日本に伝わったとされる前からあったそうなんですよ。
北摂って「隠れキリシタンの里」とも言われているようだから、そういうのも関係しているのかなぁ?んー、ロマンティック!

これを急きょ、本年度の栽培種目に加えました。今まだ、催芽中でございます。

本日のベランダはこんな感じ。

大玉トマトはこんなに大きくなった!

最初に蒔いた大玉トマトは、そろそろ定植サイズになってきてます。
定植と言っても、いきなり液肥にするとまた栄養過多で樹ボケするだろうから、根っこを洗って、水耕ならぬ「水栽培」にそろそろ切り替えようかと思います。

写真撮るの忘れちゃったけど、最後に蒔いたメロンやキュウリも、そろそろ本葉1.5枚。
そうそう、Twitterの菜園仲間の皆さんが毎年、「ベランダメロンプロジェクト」ってのをやっていらっしゃるのよ。それに今年は私も参加する予定ですので、スタートしたらこのブログでもお知らせしようと思います。

さて。この週末はお天気が良くないけれど、東京はまさに桜の季節になりました。ベランダも花盛り。

菜の花満開!終わった…

アブラナ科はもう花盛りなので(泣)菜の花愛でて、終了といたします。
黒キャベツ(カーボロネロ)と1株だけロマネスコがまだ咲いていないので、それだけ残して撤収する事にしましょう。夏野菜の苗も場所をとるようになってきたし。

ビオラ、今年のは良く咲いてる。

そして昨日は、小雨が降っていたけれど、折角なのでお花見ウォーキングに出かけました。
出かけた…って言っても、東京都内はあちこちに桜並木があるので、軽く歩き回るだけでも何千本と言う桜を楽しめるんですよ。
まずは、中野の駅前を出発して。中野通りは桜祭りの提灯も賑やかでした。

中野駅前から桜ロード。

中野通りを北上し練馬方面へ移動すると、今度は石神井川の桜が出迎えてくれます。
延々と続く桜のトンネル、沢山の人がゆっくりと川沿いをお散歩していました。
小さなお子さんをつれた若いご夫婦、杖をつきながらゆっくり歩む老夫婦。おばあちゃまの車いすをにこやかに押す青年。

石神井川は桜ワールド。

大きな公園でお弁当を広げるのも楽しいけれど、
私はこんな風に、桜を楽しむ人たちと、静かに春を共有する感じも大好きです。
東京の桜はもうすぐ散ってしまうけれど、
そしたらもう本当に、生命力に溢れる季節がやって来るね。
それもまた、待ち遠しい。

Posted on 4月 9, 2017 at 11:34 am by Naomi / 6 Comments

今日は冷たい雨が降っていますが、連休はとても暖かでしたね。
私は祖母の命日も近かったので、実家にお墓参りに行っていました。

こぶしが満開でした。

田舎なので、あちこちにこぶしの木があり、どこも満開になっていました。
こぶしの花、最近は都内の街路樹でも多いですね。桜が咲くまでの間、この真っ白い花が楽しませてくれますね。
大好き、こぶしの花。

江戸川の菜の花も満開!

実家は江戸川沿いなので、この季節は菜の花も見頃です。
うわーーー、キレイ!と思うんだけど。
いかんせん、凄いんだよね、風が…。
花粉症の人は完全アウトです。
私は東京に居るときはそうでもないんだけど、ここに帰ってくると、黄砂と花粉のダブルパンチで、どうにもならなくなります。

そんなこんな。本当は近所のコメリで空豆の苗でも買って、実家に植えるかなぁ〜なんて思ってたけど、結局何もせず。
ただ飯喰らって変えってまいりました(笑)

ダンナが見つけてきたこれ。

さて。自宅のベランダのほうの話題はこちら。これちょっと楽しみなのです。
分かりますかねぇ?黒い物体は物凄く小さいソーラーパネル。
電池みたいなのは、充電池。

組み立てるとこうなります。

うひょーーい!♪

じゃーーん!太陽光ブクブク!

水耕栽培初めてもう8年ですが、今まで、一度も使ってこなかったブクブク!
ついについに、手を出すときが来ました!
だってー。凄くない? ソーラーパワーだよ(笑)

一応、充電池がついていて、夜でも曇りでも大丈夫みたいですが、まぁ、夏の日中の高温時だけでも酸素が供給できれば良いかなぁーなんて思っております。
ソーラーパネルが小さいので、少しでも陰になると動かなくなるという欠点はございますが、設置場所を工夫すれば楽しく使えそう。

というわけで、今年の新しい取り組み「ソーラーブクブク」のご紹介でした。
メロンかキュウリに使おうかと思っておりますが、とりあえず、性能を確認すべく色々実験してみるわん♪

追記

なかなか更新できなくてごめんちゃい!裏面はこんな感じで、超〜〜〜シンプルな作りです。
とりいそぎのご報告でした♪

クリックで拡大します。

Posted on 3月 21, 2017 at 10:18 am by Naomi / 12 Comments

ご無沙汰ちゃん。
確定申告に翻弄されているうちに、ルッコラの花が咲いてしまいました。
白い十字架のようで、とても清楚です。

白い十字架のよう。ルッコラの花。

さすがにルッコラが咲くと本格的に春だわーって事で、3月11日の一粒万倍日に、ウリ科の種を蒔きました。
去年はロクに育苗できずに、何もかにも上手くいかなかったウリ科、今年はどうかなー。

ウリ科の種、デカイ。

味さんごは四葉(スウヨウ)系のキュウリ by サカタ。

まずキュウリ。キュウリは味さんごを蒔きました。イボイボがチクチクな、四葉系の品種です。
節なり系を選んだほうが、狭いベランダでは良いのでしょうけれど、やっぱ味が好きなんですよ、四葉系。
で、本当は四葉の別の品種を育てたかったのですが…種が余っていたので、今年も味さんご。

そして、久しぶりー。

MELONE Retato degli ortolani。

メロン!ネットメロン!
赤肉系のゴージャスなメロンを育てます。メロンは楽しいんだよ、ネットが少しづつ入っていくのが、本当に楽しくてね。
MELONE Retato degli ortolaniってのは、イタリアの伝統的な品種だそうでございます。
多分…日本のF1のほうが、うどん粉病なんかにも強いんだろうけど、「生ハムとの相性抜群!」というキャッチコピーに惚れました。

HORTUS社の種です。

同じ品種がFranchi社からも出ていますが、私が持ってるのはHORTUS社の種子でございます。
さー、どうなんだ、イタリアのメロンって美味しいのかなー♪

現在の収穫物。花芽ばっかり(笑)

ベランダでの収穫物は、すっかり花芽ばっかりになってきてます。
壬生菜もすっかり花蕾野菜になってしまいました(笑)でも、案外美味しいの。炒め物に使ったりと重宝してます。

さて。3月11日。東日本の震災から、6年が経ちました。
我が家はもうすっかりテレビを見なくなってしまったので、どんな特集番組があったのか分かりません。
不安の種をまた蒔くような報道もあったんだと思います。
だけど、その地に生きている人たちは、日々、自らの手で暮らしを耕し、未来へ繋がる種を蒔いています。
一粒万倍日なのに、悲しい種を蒔いちゃいけないよねぇ。
ずっと応援していこう、改めてそう思います。

見上げると、寒桜が咲いていたよ。

ちょうどあの時と同じ時刻の頃、見上げると寒桜が誇らしげに花を咲かせていました。
また春を始めましょう。

Posted on 3月 12, 2017 at 3:56 pm by Naomi / 8 Comments