« 6月 2017 7月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

西向き極小のベランダガーデニング。 初心者ならではの失敗とチャレンジの記録です。

珍しく、二日連続の更新でっせ!

二十四節気の「芒種」の昨日、東京に激しい雷雨がありまして。
次はもう夏至だもんね、ああ、もう春はお終い。夏なのねーと、シミジミ。
早いわぁ。ヤバいわぁ。これだもの、そりゃ年取るわぁ。

サンマルツァーノ、豪快に咲いてくれました!

サンマルツァーノは期待通り、豪快に花を咲かせてくれています。
もう大好き、サンマルツァーノ!
ホントに家庭菜園にはお奨めですよ。芯止まりするから背も高くならないし、一気に収穫できるし。
なにしろ、その辺のスーパーじゃ、生のサンマルツァーノは買えないでしょう?

ダブル花房、やったー♥

大玉トマトなのにこういうゴージャスな花房がついてくれるのも、むっちゃテンションが上がります。
これが、だよ?
全部トマトになると思うと…そりゃウハウハでしょうよ(笑)

先に咲いたエコスイートは肥大中。

最初に開花した、ミニトマトの「エコスイート」は、すでに肥大が始まっております。
でもこの間の防風で、いくつか折れちゃったので、フルで着果とはならず。
まぁいいや。ミニトマトだから、これからまた勢いが出てくると思います。

エコスイートは全体的にほっそりしているので、緑のカーテンとしては扱いやすそうです。

ルネッサンスの第一花。(水耕)

こちらは大玉トマト「ルネッサンス」。大玉だけど、鬼花にはならなかったです。
クオールディブエと似たような感じでしょうか。

ポリポットのルネッサンス。肥大中。

こちらの肥大中の株は、実はまだポリポットのままの予備苗。
処分しようと思ったけど、“勿体ないお化け”にそそのかされましたので、3段目ぐらいまで育ててみようと思います。
水耕と土栽培と比較もしてみたいですしね。大きなポットに植え替えてあげようと思います。

実は水耕の1株が、樹ボケっぽい…。

ところで、今年もまたやらかしてしまったのが「樹ボケ」です。
液肥濃度は限界まで薄くして育てていたんですが、やっぱりこういうのが出てきちゃうのよねぇ。
蕾がついたまでは、ほぼ養分無しの“水”栽培だったんですよ。
その後、徐々に養分濃度を上げていったのですが…あっさりボケちゃったの。残念無念。
タイミングを間違えたんでしょうか?
液肥濃度の問題なのかなぁ?
もう1株は素直に育ってくれたんだけどなぁ…。
よくわかんないや。

予備苗にチェンジ予定です。

樹ボケはなかなか修復できないので、予備にペットボトルで水耕していた株(↑)にチェンジしようと思います。
これは後から蒔いた株だから、ちょっと小さいんですが、花芽はしっかりしてますからね。
ここで甘やかすと、また樹ボケさせてしまうかもしれないので、慎重に、慎重に。
花が咲くまではこのまま、定植せずに、ペットボトルで薄い液肥で耐え忍んでもらいましょう。

 

そういえばね。
今年は1月から始めたのに、結局、いつもと大して変わらない時期の開花なんですよねぇ…。
ちょっとガッカリ。
春の日当たりがよくないのがいけないのかなぁ。うーん、LEDも使ってたんだけど、スタートダッシュはやっぱり難しいです。

こうなったら、次シーズンは12月蒔きかな(笑)

後発隊のKUMATO、Green Grapeと、例の「キンカントマト」は、まだまだ開花は先のよう。
カラフルなトマトの垣根になるのは秋口かしら。焦らずじっくり、頑張りましょうや。

保存

保存

保存

保存

保存

Posted on 6月 6, 2017 at 9:59 pm by Naomi / 6 Comments

暑くなってくると、趣味のウォーキングは、ひたすら日陰を渡り歩く旅となります。
本当は林の中の木陰なんかが気持ち良いんですが、都心だとビルの陰も有り難い日陰。高速道路の高架下もね。

首都高の下。池尻大橋付近。

ちょっと前までは、首都高の下なんて埃臭くて空気が悪くて大嫌いだったんですが、最近はこんな事になってます。車は多いけど、緑がある所為か、それほど空気が汚れている感じがしません。

この大橋ジャンクションには屋上に公園があると聞いていたのですが、まだ行ったことがなかったので、週末のウォーキングで行ってきました。

ジャンクションの屋上に樹が!

ちゃんとした庭園なんだね。

大橋ジャンクションは屋内ループ構造になっているので、その屋上を利用した庭園が「目黒天空庭園」でございます。
ちょっと和風な感じですねー、落ち着きがあってとても良い空間です。
1周400mぐらいかな。

起伏があって、とてもキレイ。

ここには(入場できませんでしたが)「おおはし里の杜」というビオトープがあるんですよ。
昭和初期のかつての目黒川の河岸段丘を再現した構造で、水田とかがあるの。
色んな鳥や昆虫が生息してるらしいです。

ビオトープもありました。

この新しいジャンクションもそうだし、周りの高層マンションもそうだけど、
人間の「造る力」って凄いなぁーと、つくづく思う。
こんな緑だって造っちゃうんだもんね。

近くの高級スーパーでサンドイッチ買ってきて、公園ランチしました。

この庭園だって、確かに、太古からの自然にはどうやっても敵いっこないような規模でしかないけれど、
鳥や昆虫にとっては、そこあんまり関係ないよね。
無いよりは、あったほうが良い。それだけで意味があるのだと思う。

都心の「スクラップ & ビルド」はここへきて拍車がかかっていて、少し寂しくも感じますが、
再開発のエリアは、そこそこ緑も増えていて良い感じなんですよ。
何でも新しければ良いってもんじゃないけど、古ければ良いってもんでもないよなぁー。

庭園なんですが、何故か一角に畑が出現!
特に「展示のために」って訳でもなさそうな?
ガッツリまじで育てている感じですねぇ(笑)

何故か、畑!!ww

展示物ではなさそう?

天空トマトですか。随分と実着きが良いですなぁ!
虫のお陰なのかな。
なんとも標高の高い露地栽培ですね(笑)

本気モードだね、こりゃ。

ウォーキングから帰ってきて気付いたら、うちのサンマルツァーノも開花しておりました。
良かったー!まともな花房です。
たくさん実が着いてくれると良いなぁ。

うちのベランダのサンマルツァーノ。開花です。

その他もろもろ、トマトは調子が上がってきたので、その話はまた後日。

保存

Posted on 6月 5, 2017 at 12:28 pm by Naomi / 7 Comments

風邪をひきました。
と言っても、全然熱のでない、夏風邪のような状態。暑いんだか寒いんだか分からなくて難儀しております。
こういうのって未病っていうんでしょうか。だらだらと不調が続いたりするのでしっかり治さないとね。
歳の所為か、がーっと熱が出てサクッと治る…っていうのが少なくなりました。
嫌になりますな。

さて。だらだらと長引いていると言えば、ハーブ栽培ですわ。(無理やりだな)

先が長いわぁー。

これは、何度も挿し芽に失敗してる鬼門のハーブ、ローズマリー。
種まきからもう3ヶ月以上経っているのですが、見てこれ。発芽は2個だけ。しかもまだこんなに極小。
どうも聞くところによると、ローズマリーって、10cmに育つまでに、1年かかるんですって、ホントかよ…orz

業を煮やして、水挿し開始。

それじゃぁ何時まで経っても、美味しいお肉が焼けないじゃない!
という事で、先日料理に使って余った枝を、またまた懲りずに挿しました。
今度は水挿しにしてみたんだけど。どうだろう…。

実は、ハーブ栽培はとても苦手意識が高いのです。
バジルやルッコラみたいに、強い1年草は全然OKなんですが、多年草とか根の弱いものとか、中々手強いです。

もっさり、種からパセリ。

ただ今年は奇跡的に、去年種まきしたパセリが、枯れずに頑張っていてくれてます。
ポリポットからプランターに移して、結構ふさふさになってきました。
これも1年かかってるんですよ。やっと収穫が楽しめるようになりました。
パセリは根が弱いらしいから、水耕では無理なのかなー、水耕では一度もまともに育ったことが無くて悔しいですが。

いつ収穫したら良いのか、わからない…。

そしてこちらも、普通に土栽培ですが、
ローリエ(月桂樹)が巨大化してきております。どうしたらいいのか分からない!
ローリエは「1年中収穫できます」なんですが、乾燥させてお料理に使うのは、しっかり固くなった、半年以上前の葉が良いんですよ。
でも新芽がわらわらわらわらと出てきて、背ばかり高くなってしまうの。
上をばっさり剪定したいんだけど、そうすると、新芽をみんな無駄にすることになって、
勿体なくて、剪定できないの。

……言ってる意味、分かります?(笑)
そんな感じで、だらだらと成り行き栽培を続けております。

これもそろそろ鉢を大きくしないといけないので、狭いベランダで週末辺りに作業をしようと思いますが、
6月は挿し芽の時期でもあるらしいんですよ。上の生長点を挿して、試しに水耕栽培にチャレンジしてみるのも面白いかなぁ…などと思案中です。

だらだらしているうちに、5月ももうすぐお終い。
梅雨に備えて、キリッとした精神を準備せねば。

Posted on 5月 30, 2017 at 3:58 pm by Naomi / 6 Comments