« 3月 2017 4月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

西向き極小のベランダガーデニング。 初心者ならではの失敗とチャレンジの記録です。

今日から2月ですねー。
早いなぁ…とも思いますが、ワタクシ、結構1月は充実した感もあります。

お正月に実家に帰って、映画見て、種まきを始めて、新しい眼鏡作って。

そうなの、もうたいぶ前から大人の眼鏡ってのを使っているのですが、今までのは、近々両用の眼鏡だったんです。パソコンと手元が両方とも良く見えるようにね。

軽くて快適!

でも仕事でパソコンを見ている時間のほうが圧倒的に長いし、ストレートネックなので、姿勢も良くしなければいけないし…ってんで、パソコンの距離だけにドンピシャ合わせた眼鏡に作り直したの。

これがすごーーーーく快適!

フレームもデザインより軽さ重視・視界重視で選んだので、掛けてるのを忘れるぐらい。
思わず、横山やすし師匠のように「めがね、めがね」となったりしてな。

さてさて。

眼鏡は良く見えて良いんだけれども、こっちの “め(芽)がね…”

全体的にはほぼ、良い感じなんですけどね。

第1回 催芽祭りの双葉さんたち。

これこれ。これはサンマルツァーノ。
早くに種まきしたのは、このサンマルツァーノを前倒しで着果させたかったからなんですが、4株中2株が発芽不良。双葉が育たなかったの。

サンマルツァーノ、おーい、どうした?

原因をググってみたけど、良くわからなかったです。
乾燥かもしれないし、覆土が多すぎたのかもしれない。
栽培予定は2株なので、間に合うって言えばそうなんですが、この先まだまだ長いので、念のために2粒を追加で催芽させました。

去年は確か、パルトがこんな感じで難しかったけれど、サンマルツァーノは楽勝だった気がするんだけどなぁ…。

大玉ルネッサンスには、本葉が出てまいりました。良いね、こいつは本当に素直に育ってくれています。

ルネッサンスはとても良い感じ。

本当は1月中にベランダの大掃除と第2回催芽祭りを…と思っていたのですが、1月終わりの5日間は、珍しく風邪でダウン。
熱は出なかったものの、軽い肺炎とのことで大人しくお布団と戯れて終了。このところ年齢の所為か、毎日眠りが浅いなぁー睡眠障害かなぁ?と思ってたけど、なんてことは無い、具合が悪けりゃぐっすり眠れることが判明。
久しぶりに爆睡できて、心身共にスッキリ!
充実した1月でした。

2月もしっかり頑張るぞい!確定申告もそろそろ準備しなくちゃね。

Posted on 2月 1, 2017 at 9:59 am by Naomi / 6 Comments

昨日発芽しました。大玉トマトの「ルネッサンス」です。

大玉トマト「ルネッサンス」。かわいーー!

催芽開始が1月13日、発根が1月16日、発芽が1月21日です。
発根から発芽までは加温をしていませんが、大体4日ぐらいで小さな芽が出てくれてます。
可愛いですね、双葉って本当にいじらしいわ。

種まき。

本場が出てくるまでは、小さなセルトレイで育てます。
シニアなお目々なので、キッチンペーパーから種を剥すなんていう、繊細な作業は遠慮しておきました。
そのまま埋めちゃった。これは楽で良いわー。
1粒づつ切り離して催芽しておいて正解でした。

あまり肥料が豊富でないものを。

このところ暫くは、この挿し芽・種まき培養土を使って育苗しています。
自家製の再生土は消毒もしていないし、毎度ナス科ばかり育てているので、住んでる微生物も多分偏っていると思うのよ。
なので、新しく買った、種まき専用土を使っております。

あんまり多肥ではないほうが、徒長も防止になるかなーとも思います。

覆土は重たい「砂」

覆土は「川砂」を使っています。
何となくですが、少し重たい掛け布団のほうが、しっかりした芽に育ちそうな気がして。
それと、どこに種まきしたのが忘れてしまうお馬鹿さんでも、この違いがあれば迷わないしね。
発根した順番に埋めていくので、忘れちゃうのよねー、折角セルトレイなのに2つ生えてきちゃったりするんだもの。

さて。今後は温度と水分の管理になっていく訳ですが。

温度のほうは、今年から、特に何もやらないことにしたんです。
というのも我が家はリビングと寝室が続き間で、1つのエアコンしかないんですが、今年はこれを最低温度で夜間も動かしてるんです。夜は14度です。
気密性の高いマンションなので、余程寒い日でない限り、ほぼアイドリング状態が続くみたい。
タイマーでゴーっと一気に暖めるより電気代が安くなってるようなんですよねぇ…。

(何故もっと早くに気付かなかったのか、勿体ないことをしていたなぁー。)

LEDライトがあるだけで、加温無し。

なので、夜間も14度以下にならないし、日中はそれこそ、お日さま当たれば栽培棚は25度ぐらい。
リビングの目立つところで育苗してるってのはインテリア的には問題あるでしょうけれど (^-^; 特にオサレな家って訳でも無いから、良いんだ、これで。
異変があれば、家人も気付いてくれるしさ。

すんぐりとした「良い苗」に育っておくれ!
「苗半作」を心に刻んで、頑張るぞい。

保存

保存

Posted on 1月 22, 2017 at 6:06 pm by Naomi / 6 Comments

お寒うございます。
わたくしはすっかり靴下の2枚履きが定着してしまいました。
こういうのって一旦始めると、春までもう、元には戻せないんですよねぇ。何故でしょうねぇ?

ビオラ。2株しか育たなかった…

さて。先週末13日の一粒万倍日に、夏野菜の催芽を開始いたしましてね。
去年よりはかなり早いんですが、
やっぱり、茄子やピーマンは育苗に時間がかかるし、大玉トマトもウチは花房着くのが遅いですし。

それより何より…
例えば上のビオラなんて、30粒ぐらい蒔いてポリポットも5つあったのに、結局残ったのはこの1鉢だけなの。

そうなの。育苗が下手なの。
だから蒔き直しのことも考えると、この時期に始めるのがよろしいかと。

先ずはナス科から。

種まきの順序としては、まずはナス科です。
特に茄子やピーマンは、定植できるサイズになるまでに時間もかかるので、真っ先にスタートさせたいところでございます。
とりあえず、第1段は以下の通り。

  • 万願寺唐辛子
  • 西洋早生ピーマン
  • 茄子「とげなしラクロ」
  • トマト サンマルツァーノ
  • トマト ルネッサンス

その後、中玉やミニトマト、ウリ科と進んでいく予定です。

培地は、湿らせたキッチンペーパーです。

種まきと言っても、まず最初は「催芽」といって、発根だけさせる方法をとっております。
発根した種を土に埋めて発芽させると管理が楽なんですわ。そんなに加温しなくてもちゃんと芽が出るから。

その代わり、催芽中はヒーターでしっかり温度管理して、種のお目覚めの手助けをします。

…あ。なんか珍しく可愛らしいこと言ったわね、今ワタシ。(笑)

ともかく、いきなり土に蒔くんじゃなくて、湿らせたキッチンペーパーに種を置くわけですよ。

少し空気も入れておきます

そして、小さなジップ袋にいれて、空気を少し入れておきます。
空気が必要です。空気抜いちゃダメ。

去年までは、大きく切った1枚のキッチンペーパーに、6粒ぐらいをまとめて蒔いていたんですが、今年は1粒づつ切り離すようにしました。
細かい作業が面倒ですが、このほうが種をとり出すとき、根を傷つけずに済みそうなので。
ペーパーが剥がれなかったら、一緒に埋めちゃえばOKだしね。

25度でキープ。

この袋を、日光が透らない缶に入れて、爬虫類用のミニヒーターの上に置きます。
温度は25度前後でキープできるように調整しています。
一応、温度計も一緒に入れて、目視で確認できるようにしております。あんまり見てないけど。

早ければ3日ぐらいで発根するんですが、袋が小さいからすぐに空気が無くなってしまうようなので、毎朝、空気量とペーパーの湿り気をチェックします。
長いものは10日ぐらいかかったりもしますんで、種がカビていないかどうかも、目視でチェックしたほうが良いですね。
トマトよりはピーマン系のほうが高い温度を必要とするようなので、様子を見ながら今後、温度調整していきます。

今年こそは新しい育苗マシーンなどを製作し…と思ってたんですが、結局は毎年同じ方法になってますな。

発根開始!調子イイ!

本日、大玉トマト「ルネッサンス」が、100%発芽率で赤缶卒業でございます!
ここまで根っこが出ちゃったら、もうどんなに寒くたって、引っ込められないだろうよ、がははは!

先ほどは可愛らしく「お目覚めのお手伝い」なんて言ってましたが、まぁ、催芽させるってそういうことです。

発根した種はセルトレイに埋めて、今後は土で発芽に挑んでいただきますよ。
水耕用の苗も、私は土のポリポットで育てます。本当はスポンジか何かに蒔いてそのまま水耕苗にすれば楽なんですが…

そうだよ、下手だからだよ。何度も言わせないでちょうだい。

割と好調なスタートが切れたような2017催芽祭り、じゃんじゃんいくよ!
まだまだ蒔くよ!

Posted on 1月 17, 2017 at 1:10 pm by Naomi / 6 Comments