« 6月 2018 7月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

西向き極小のベランダガーデニング。 初心者ならではの失敗とチャレンジの記録です。

端っこの夕焼け。

夏至を過ぎた途端に、色鮮やかな夕焼けの日が多くなりました。
今の夕日は、一番端っこに沈んでいるんだな、これから冬に向かって、反対の端っこまで移動するんだな、夕日も大変だな。

そんな風に、くちかず少なく物思いにふけったりしてるのは、

…センチなわけでは無く。

声帯ポリープできちゃったのさ!しゃべれないのさ!
「キュー」とか「ピュー」しか声が出ない、と前に記事に書きましたが、風邪の症状は治まったのに声だけは全然治らないと思ったら、余計なものまでこしらえてしましました…。
手術するほどの大きさでも無いので薬でなんとか様子をみましょう、という事なのですが、「声帯安静」って難しいんだよねぇー。
しゃべらない、くしゃみとか咳もできるだけ我慢…って、そんなん無理だろーw

ま、とりあえず、極力大人しく頑張っておりますけども。
まだ暫くは、物静かなマダム装っていなければなりません。面倒です。

さて。今日はキュウリだよ。

キュウリでーす。

去年はとても良く育ってくれて、何度も収穫できて楽しかったキュウリ!
同じ品種を今年も今年も育てています。
サカタの「味さんご」という四葉系のキュウリです。

四葉系なので、トゲが痛いけど。

この品種はパリパリした食感がとても良いのです。手袋しないと触れないぐらいトゲが痛いのが難点ですが、多少採り遅れても、皮もあんまり硬くならないの。
とてもお気に入りの品種です。

今期初収穫!!

というわけで、じゃーん。
今期の初収穫は、キュウリと万願寺唐辛子のコンビ。
夏っぽい収穫の図になってきました。

このキュウリ、実家用に作っていた土栽培の苗の余りを、根っこを洗って水耕に仕立て直した苗です。
本当は春の育苗の時に、スポンジ育苗(水耕栽培用に、スポンジ培地に種を蒔く)したくて何度かチャレンジすたのですが、どうしてもビローーーンと徒長してしまうんですわ。
下手くそですからね、仕方ない。諦めた。

でも、土から水耕に移行する時って、根が入れ替わるから、キュウリなんかは上手くいかない場合も多いんです。
それが♥️ 今回は珍しく、とてもスムーズに根が育ってくれてまして。

根っこはかなり良い感じ。

すでにこれだけ根が充実してるのって、今年初めてです。
こんな風に上手くいくと、ちょっと栽培が上手くなったような気がして嬉しいもんです。多分気のせいなんですけどね。

ソーラーブクブク。

ウリ科はブクブクマシーン(エアレーション)との相性が良い気がします。
そりゃぁ何でもエアレーションはあったほうが良く育つのかもしれませんが、ウリ科は特に。違う気がするんですよ。
なので今年もソーラーブクブクを使います。

モーター部分を別にしてもらった。

今年はソーラーパネルにくっついていたモーター部分を取り外してもらい、コードを長くして、別の場所に置くようにダンナ氏に改造してもらいました。アップデート版です!

これで雨が当たらない場所に機械部分は置いておけます。安心だー。
ダンナ氏、そんなに電気や機械に強いわけじゃないと思うんだけど、頑張って協力してくれてます。有難い!

機械づいてる我が家。

機械周りは決して得意では無い我が家ですが、最近ちょっとしたトラブルがありまして、機械ばっかりいじってます。
義母が使ってたiMacの電源が入らなくなってしまいまして。
Appleに問い合わせたけど、案の定、あまりに古いので修理を受け付けてもらえず (^-^;

仕方ないので東京に送ってもらって、ネットで情報を漁って、色々とやってみてます。
どうもハードディスクが電源ごと壊れちゃったらしく、換装すれば立ち上がるという所まで漕ぎ着けました。

遠方に暮らす義弟たちとのスカイプが義母の楽しみでもありますから、何とか動くようにしてあげたいと思います。
新しいのを買ってもいいんだけどさ。息子が直してくれた、ってほうが嬉しいよね、きっと。

パソコンの修理とかサポートだなんて、親孝行の形も最近は多種多様にアップデートされてますな。

Posted on 6月 27, 2018 at 5:46 pm by Naomi / 4 Comments

本当は昨日の朝、ベランダのトマトの記事を書こうと思っていたんですが、パソコンを付けてビックリ。
関西で大きな地震があったと。
お友達のおうちも部屋の中が目茶苦茶なことになっていたり、ガスの供給が止まっていたりと、大変なようです。
被災されたみな様には、心からお見舞い申し上げます。
どうかもう、大きな揺れが来ませんように。

日本に住んでいたら、いつ何時、地震がきてもおかしくないんですが、やっぱりこういう大きな災害を目にすると、血の気が引くようにぞわぞわと緊張しますね。

緊張を単なる恐れではなく「心を引き締める」方向にぐいっと持っていけるよう、本題の前にこちらを再掲しましょうね。
皆さん、災害時の準備、出来てますか?
我が家は大人だけなので大した備えはしていませんが、心構えがあるだけでも、かなーり違うと思うんですよ。
そこで、東京都のかたにはお馴染の「東京防災」。東日本大震災の後、東京都で配布したものですが、これは本当に役に立つ情報が沢山載っているんですわ。

この「東京防災」は、Amazon電子書籍「Kindle」で無料ダウンロードできます。
都民じゃない方もこれを機に、スマホにダウンロードしておくと良いかと思いますよ。URLはこちらです。

それからTwitterで見つけた情報ですが、この「東京防災」は英語版もあるんだそうです。
もしお知り合いに、英語のほうが理解できるんだけど…というかたがいらっしゃったら、是非教えて差し上げてください。

さて。ウチのベランダ、あっという間にジャングル化してきてます。
そろそろ剪定が必要になってきましたかねぇ。液肥の消費量が真夏並になってきました。

緑のカーテン、7割埋まりました。

成長が良いように見えますが、今年はね、他の菜園家の皆さんはもう収穫してたりするんですよ。
すごいよねー、まだ夏至前なのに。
ウチはいつも通り、7月に入ってからの収穫ですね。
でも全体的に実付きは良いんじゃないかな、今年は。

KUMATO。黒になるので、緑も色が濃い。

まずKUMATOが好調で嬉しい限りです。
花房も珍しく豪華だったので、苗を取り違えたかと思いましたが、実の緑の濃さをみるとやっぱりKUMATOのようです。
今からニヤけてしまいます。このまま豊作になりますように!

レッドオーレ。綺麗に房になってます。

中玉のレッドオーレも、とても綺麗な房を形成しています。
中玉だけど一房に7〜8個着きそうなので、かなりの豊産種っぽいです。
どれぐらいの大きさまで肥大するんでしょう?楽しみだなぁ。

プチぷよ、これが全部肥大したらすごいね。

ミニトマトのプチぷよは、一房に10個とか12個とか花が咲いてます。
全部が肥大するわけでは無いのでしょうけれど、房取り(1房丸ごと収穫する)できたら楽しいでしょうね。

プチぷよもレッドオーレも初栽培なので、お味のほうも楽しみでございます。

そして、安定のサンマルツァーノ。こちらは貫録ですねぇ。

安定のサンマルツァーノ。写真はF2。

今のところ、F1(一代交配品種)からの自家採種(F2)でも、特に変わった様子は無く。
いつも通りに勝手に芯止まりして、順調に肥大が進んでおります。

ま、トマトの緑のカーテンは全体的に「概ね順調」といったところですな。
このまま私がドジを踏まなければ、今年はトマトの当たり年になるかもね。
こんな風にベランダ菜園を楽しんでいられる、平穏な今日に感謝。

Posted on 6月 19, 2018 at 1:33 pm by Naomi / 6 Comments

頑固な咽風邪ひいてしまいました。
場末のカラオケスナックのママ声を二日間やって、その後の五日間は全く声が出ず、「キュー」とか「ピュー」とか、およそ人間の声とは思えない音を出すのが精いっぱい。
今日は少し良くなって、越路吹雪の「ろくでなし」を23回歌った後の、明け方のスナックのママみたいな声です。

びっくりするぐらい声が出ないにも関わらず、特に体調は悪くないので、週末はまた帰省して実家で梅酒を仕込んできました。

今年の実は大きいです。

実家の梅はそれほど大きな樹ではありませんが、老木ながらも本当に毎年、良く実を着けてくれてます。
今年も10kg以上の収穫となりました。
今年はいつになく、実がデカイです。1個40gぐらいありました。

去年の秋に大々的に上部を剪定して、すっきりと低く仕立ててあったので、今年の収穫はそれほど大変ではないように思えたけど、更に楽をしようと、収穫グッズを作ってみました。
針金にビニール袋を取り付けただけのもので「なんじゃそりゃ」と父に笑われましたが、これが大当たり。
脚立に乗っても手を伸ばさないといけないところが、コレで地上から簡単に収穫できちゃいました。
来年はもっとしっかりしたヤツを作ろうっと。

針金に実を引っかけると簡単に採れます。

親も子も年々歳をとるから「梅仕事は楽じゃない」とつい愚痴ってしまうけれど、こういう風に工夫していくのも大事なことだと思うんだよね。
毎年同じ事を丁寧に繰り返していくのも大切だけど、歳と共に出来なくなっていく事も受け入れる。
受け入れるときに諦めてガッカリするのではなく、楽に出来るようなアイディアを考え、それを楽しむ。
それは「退化」では無くて「進化」だと思うのよ。
そんな風に両親も暮らしてくれると良いな、と思います。

ベランダトマト、背丈も大きくなりました。

日曜日は台風の影響がでるかもしれない、という事で早めに帰宅しましたが、それほど強風にはならずに済んだようです。
今、トマト花盛りなんですよー。風で花房折れなくて、本当に良かった。

花盛り〜ヽ(´▽`)/

今週は送れて蒔いたキュウリも発泡スチロール容器に移す予定です。
いつもは発根にすごく手間取るのですが、今回はすんなりと発育してくれました。
もう小さいキュウリも出来ているからね、急いで容器を用意しないとね。
キュウリはソーラー発電のエアレーションを使う予定です。

キュウリもそろそろ容器替え。

さて。最近ね、ずっと読んでいなかった小説本をまた読むようになりましたの、あたくし。
活字はずーっと仕事関係の技術書やビジネス書ばかりだったんですが、やっぱりね、文学的な本を読んでいないと、文章の表現もどんどん下手になってくる。言葉も使いこなせなくなってくる気がします。
そりゃもともと文才があるわけでは無いけれども、これはいけないとずっと思ってたんです。
が!最近ついに!読書に開眼いたしました。

理由のひとつは、読む時間ができたこと、です。
最近、体調を整えるために、意識的に横になって体を休める時間を作っているんです。
食事の後は肝臓が休めるように15分間、横になってのんびり休憩したり。
だけど、ただ横になってると眠くなっちゃうので、その時間に読書するようにしたんです。

最近、読書にはまってます。Kindleで。

理由のもう一つは、紙の本じゃなくて、kindle版をスマホで読むようにしたこと。
実はコレがとても大きく影響しております。

「本をめくる動作が無いのは魅力半減」なんて言ってた気もしますが、kindleは何と言っても文字が大きくできるのがとても良い!
眼鏡無しで読めるこの快適さ!
スマホで巨大文字だと1ページに7〜8行しか表示できませんが、目も疲れずにサクサク読める!
試し読みのできる本も沢山あるので、それだけでも結構楽しい。

さっきの梅の話と繋がりますが、私も老眼が進んだせいで、本から遠ざかっていたんですね。
それこそ「楽に楽しく読める」ようにkindleをもっと早く使うべきでした。食わず嫌いは恐ろしや。

ま、そのうちこの読書タイムのお陰で、あたいのこの駄文も解消されるかもね。
それは、無いか。

Posted on 6月 12, 2018 at 9:59 am by Naomi / 6 Comments