« 8月 2017 9月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

西向き極小のベランダガーデニング。 初心者ならではの失敗とチャレンジの記録です。

ゴールデンウィーク、皆さまは如何お過ごしでしょう?
なんだか東京は、怖いぐらい風が強くて、ベランダ作業もままなりませんねぇ。
私はね、金曜・土曜と、こんな所に行ってきましたよ。じゃーん。

雪だよー。寒いよー。

ここはね、新潟県長岡市東川口町の田麦山地区。合併前は北魚沼郡田麦山村。
中越地震で最大震度7を記録した地域です。地震と土砂崩れによって沢山の家屋が倒壊し、地場産業である稲作とニシキゴイの養殖も大打撃を受けたんですって。

震災から6年経って、街中はこーんな感じでしっかり復興してまして。震災の爪痕は、ぱっと見では分かりませんねぇ。自然の力には勝てないっていうけど、やっぱり人間の力ってすごいね。改めてそう思う。
復興に力をそそいできた、皆さんの努力が伺われます。

すっかり整備されておりますよ。

いや、なんでこんな所に居たのかと申しますと、
魚沼っちゅうたらコシヒカリでしょー。
日ごろお世話になっている狸農園(本当は「狸サイクル」という自転車やさん)は、ココで稲作もやっておられるのです。今年はそのお手伝いもさせていただけそうなのですよ。

田植えはまだ先ですが、田麦山に行かれるというので、山菜が採れるよー!という甘い誘惑に乗せられて(笑)何のために行くのかも良く分からんまま、夫婦でご一緒させていただきました。

どうやら、ココが拠点のようです。

4月30日、どうやら「自然塾」と銘打ったイベントあり、狸サイクル店主の遠山さんは、イベントで焼きそば屋台の担当な模様。何となく分かったような分からんような雰囲気のまま、地域の皆さん&全国から集まった有志の皆さんと、飲んで食べて唄って、エイ!エイ!オー!明日のイベント頑張るぞー!と。泥酔して広間でみんなで雑魚寝。ん〜、合宿みたい(笑)

翌日は早朝から、会場設営のお手伝い。…とは言うものの…

雪祭りかよっ!

今年は雪が多くて、普段使っている山の上の広場が使えないらしく、春の山開き的なイベントのはずが、すっかり雪祭り状態。様々な分野のかたをお呼びしてのトークイベントのために、ステージ(?)と客席(?)を雪とその辺に転がってる杉の枝や板で作りまして。

出来上がりの図。

何となくでき上がったイベントのメイン会場がコレですわ(笑)
わはは、良いですねぇ!「手作り感」を超えてもう「サバイバル」の域ですが、ナチュラルで良いじゃないっすか。山のこと、環境のことを語り合うにはぴったりかも。

焼きそば焼き焼き。

昼近くに、お客様たちが続々といらっしゃって、狸サイクルの焼きそばも大人気。寒いけど焼くほうは大汗です。他にも沢山の屋台が並びまして、餅つきなんかもあったりして。

学生さんたちは、パワーあるねぇ!

彼らは長岡技術科学大学ボランティアチーム「VOLT of NUTS」さんたち(だと思う)。中越地震の時はもちろんでしたが、今回の大震災でも各地で色んな活動を頑張ってくれてるそうです。東京のチャラい学生なんかより、ずーっとカッコ良いぞ!
…なんて、こんなオバチャンに言われても嬉しくないだろうけども。

トレイルランナー、石川さん。

カッコいいと言えば、トークイベントのゲストであるトレイルランナーの石川弘樹さんもカッコよかったなぁー。田麦山では地形を活かして、ロードレースやトレイルラン、MTBのレースなどなど、いろんなスポーツイベントも盛んなんですって。MTBレース「MTBxたんぎゃま!」の主催者、TOKURAさんもカッコいいかたでしたねぇ。自然と大切にしてると、カッコ良くなるんですかねぇ?
…ま、お二人も、こんなオバチャンに言われても嬉しくないだろうけども。

でも、色んなかたの興味深いお話が伺えて、楽しかったです。環境のことや震災のこと、色んな事を皆さん考えていらっしゃる。参加者だけでなくもちろん、地域の皆さんもね。
田麦山のお米は本当に美味しい。この美味しいお米を作るためには、自然環境を大切にする日々の努力が欠かせない、という事なのでしょうね。うーん、考えさせられるなぁ。

本当は例年なら、山菜取りのシーズンだそうですが、今年は雪が深いので山菜はもう少し先、との事。だけど稲作の師匠(写真右)が雪の残る沢でこごみを見つけてくださって。
「落ちないように気をつければ大丈夫!」なんつって誘っていただくものの、これだもんよ!

そんな怖いとこ、行けないってばー!!

がひょーん!ムリムリ、怖いって!
ひるむ私をよそに、ひょいひょいと師匠に付いて行く狸サイクルの奥方さま(写真左)。
いやー、勇気あるなぁ。慣れると出来るようになるんだべか??
ヘタレのワタクシ、こごみのお裾分けをヘラヘラと頂くだけで精一杯。流行りの山ガールにはなれそうもないわ(笑)
ちなみに、狸農園には、師匠からこんなお土産も頂きました。畑で育つのかな?楽しみです。

なんと、根っこ付きのこごみ。

短い時間でしたが、私にとっては「非日常」の楽しい時間でございました。
次回は田植えレポかな〜♪ 田植えは6月に入ってからだそうです。
こんな調子で出来んのかな、どうなる?私(笑)心配だー。

Posted on 5月 1, 2011 at 2:16 pm by Naomi / 8 Comments

昨日は風が凄かったですね〜。
我が家はベランダにビニールカーテンが設置してあるので、風の影響はすごく少ないんですけどね、
それでも流石にいくつかぶっ倒れまして。

背が高くなってしまった、ペットボトル栽培の紅菜苔と春菊が大破。
干してあった洗濯物が引っかかって、なぎ倒してしまったんですよ。
紅菜苔はもう細ーい茎しか出てこなかったので、撤収のタイミングでもありましたけど、
春菊は花が可愛らしいので、抽苔してからも花として楽しんでたのに。残念だなぁ。

結局、切り花にしました〜。

根元近くから茎が折れてしまったので、蕾の多い所だけを切って、部屋に飾りました。
そういえば、切り花なんて久しぶりだなぁ。
良いですね春菊。美味しく食べた後は、こうやって綺麗な花も楽しめるしねー。

ついでに、と言っては何ですが、培地の散らばったベランダを掃除しながら、コレも撤収を決めました。

水耕栽培のイチゴ軍団。

水耕組と比べ物にならないぐらい立派に育った手前の大きい株は、親株の土耕いちご「市吾じいさん」。
親株は2年目なのに、去年よりも調子が良いみたいな感じなのですが…
水耕栽培はどうもねぇ、失敗しちゃったみたいなのよ。

只今6個、実が付きそうでございます。

市吾じいさんは、地道に花を咲かせてくれていて勢いもあるし、また今年もランナーを伸ばしてくれそうな感じです。でも水耕栽培の株は、どれも皆、ひねくれちゃって。ほらね。

比べてみると、一目瞭然。

世の中ではいちご祭りで盛り上がってるっちゅうのに、液肥濃度が濃かったのか、赤っぽく紅葉した葉が多くて、新葉の数も少ないの。今シーズンはもう無理でしょうから、また夏に苗取りから再チャレンジする事にしました。市吾じいさんには今年も頑張ってもらいます。

ってか、たまには苗を買ってもいい。苗買いたい…(笑)

この他にも、去年から生きてるシンディースイート(トマト)やら、かろうじて生き延びてる程度の豆類やら、問題山積だったりするのですが、ひとまず今年は「無駄に引きずらない」という努力目標をたてて、ローテンションの効率を上げるべく頑張ろうと思います!

無駄に引きずらない、って難しいの。欲張りだから、いつもグダグダと撤収が遅れてしまうんですよ。
シンディースイートなんてモタモタしてたから、また実を付けちゃってるし。困ったなー。

ガンガンお片づけ中。

花が咲かなかったサフランのプランターも撤去しまして、土は再生用にまとめました。
随分と物が増えちゃったなぁー。用具なんかも整理したら、もう少し植物のスペースがとれそうですよ。ゴールデンウィーク中に何とかしたいなぁ。

出番を待ってる苗軍団。

冬から育ててきた苗も、そろそろ定植時期です。
今年は発泡スチロールの水耕容器を増やす予定なので、頑張って作らねば。
狭いベランダを有効活用するのって、けっこう大変でございますねぇ。
早いとこ、コツを掴みたいもんです。

Posted on 4月 26, 2011 at 2:52 pm by Naomi / 15 Comments

来週はもう、ゴールデンウィークですねぇ。

連休中に「緑のカーテン」の準備をする予定のかたも多いかと思います。
今年の緑のカーテン、皆さんは何を育てるんでしょう?まだ悩み中…というかたもいらっしゃるかと。

去年のウチのベランダ。

いつもお世話になっているブロガーのみなさんも、徐々に準備が始まってるようです。
ですので、去年の素敵な緑のカーテンの記事といっしょに、今年の皆さんの取り組み状況なんかをご紹介しようと思います。いろんなブログを参考にしながら、ぜひチャレンジしてみてねー!

まずは王道 ゴーヤ編

葉っぱさんの去年の緑のカーテン

やっぱり暑さに強い!葉っぱの形が涼しげでキレイ!人気のゴーヤでございます。
最近はゴーヤも、白いのやらミニサイズやら、いろんな品種があって楽しいことになってますねぇ。

今年は「LAY-UP SHOT!」の@じゅんさんがプランター栽培で「太れいし」をスタートなさってます。「ベランダ道場」のまっくさんは「沖縄あばしゴーヤ」ちゅう品種だそうです。「すくすく水耕栽培」のyaefit1500さんは、水耕栽培でゴーヤを育てられるようです。ゴーヤはまだ続々と栽培する人が増えてくると思われます。なんつったって人気No.1ですからねー。「葉っぱの笑子らいふ」の葉っぱさんはエコに取り組んでいらっしゃるので、参考になる記事がたくさんありますよ!

トマトだってカーテン!編

duckbillさんの去年の緑のカーテン

これはもしかしたら、水耕栽培ならではのお楽しみかもしれない、トマトの緑のカーテン。去年私は、目論んだわけでは無く、こうなりました(笑)
トマトは摘芯せずに、放任で枝を伸ばさせて育てちゃうと、かな〜りのボリュームになるんです。しかも病害虫に注意すれば、冬まで元気に実を付けますから、以外と合うのよ。
「主に食材な備忘録」のduckbillさんはもちろん、「だから、おやじなんだと言われている」の赤城山の忍者さんもすでにスタートなさってます。ああ、私も急がねばー。

いろいろミックス編

赤メガネさんの去年のベランダ。

家族の人数が少ないと、「ゴーヤばっかりこんなにあってもねぇ」となっちゃいます。そうすると、他の野菜とミックスで緑のカーテンにしたくなっちゃいますよね。
キュウリやメロンはあんまり暑さに強くないようですが、ゴーヤ等の暑さに強い植物で直射日光を和らげれば、結構イケるんじゃないかと思います。
上の写真の「さみしい女は野菜を植える」の赤メガネさんは、ゴーヤ・キュウリ・ナーベラー(沖縄へちま)のツル物ミックスで育てていらっしゃいました。色んな葉っぱの形がキレイです。

まぁね、色々育てたくなっちゃって、最終的にはこうなる人も多いんじゃないかしら(笑)
かく言う私も、メロン・キュウリ・金糸瓜+トマトというラインナップでございます。

粋だね!オシャレだね!編

けんいちさんの今年の緑のカーテンは、ひょうたん!!

日本の夏っていったら、朝顔・へちま・ひょうたん。
東京都心部では朝顔育てるのも大変なぐらい暑くなっちゃうから、沖縄野菜の緑のカーテンが多いんでしょうけれど、少し涼しい地域にお住まいなら、昔ながらの植物を育てるのも素敵ですねぇ。

「けんいちのへなちょこベジタブルガーデン」のけんいちさんは、ひょうたんでランプやスピーカー(!そんなの出来んのー?!)を作るのが目標なんですって。面白そう!

楽しく節電しようね

と、駆け足でのご紹介でしたが、この「緑のカーテン」の紹介企画は、しばらく続けようと思っております。「何故オレのを載せない!」というお怒りの業務連絡は、どうぞコメント欄にお書きくださいませね。(怒っちゃ嫌だけどー)

今年の夏は「節電」が大変になるでしょうけれど、どうせなら楽しく節電しましょう!
緑のカーテンを眺めながら、たらいに張った水に足を突っ込み、
ガリガリ君をかじりましょう(笑)

あずきバーでもOKです。

Posted on 4月 23, 2011 at 10:46 am by Naomi / 19 Comments