« 7月 2018 9月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

西向き極小のベランダガーデニング。 初心者ならではの失敗とチャレンジの記録です。

土曜日に水切れさせちゃったキュウリですが、今朝はすっかり元通り(1本だけはね)。

元気いっぱいに伸びてます。

急に伸びだしてます。

ご心配をおかけいたしました〜。キュウリのベイビーちゃんたちも、無事のようでございます。
だけど、もう1本は残念ながら、生長点がこんな風になっちゃって。

折れてたの。

水切れの前に、暴風で折れたのでしょうか。痛みの少ない葉っぱには緑が戻ったものの、生長点がこれじゃぁ…ねぇ。

摘心して脇芽を出させる方向で、このまま育てようと思っていますが、ちょっと不思議に思ったことが。
この2本のキュウリ、復活の仕方が全然違ったんですよ。

この日は外出予定があったので、事細かく写真に撮ることができなかったのですが、
これがスタート時点。どちらもぐったり。

酷いねー。

あの時は気付かなかったけれど、左のキュウリは、うなだれた生長点の所が、すでに傷ついていたようです。ちょっとくびれてます。

右は上から復活してきたー!!

液肥を追加して、2時間ぐらいかなぁ?
右の株は上の方から葉っぱが息を吹き返し、復活を始めました。
ああ、左はもうダメかなー、と思っていたのですが、よく見ると…

左は下から復活?!なぜに?

左の株は、下の方の葉から順に復活していったようなんです。
写真では分かりにくいのですが、出がけに葉を触ってみたところ、左のキュウリの下葉だけがシッカリしてきてたんです。
植物生理学には全く詳しくないのでわかりませんが、生長点の有無で性格がこんなに違う、ってことなのかなぁ??と思ったのですよ。
出ました、ワタシの悪いクセです。
疑問に思うと調べまくって、無理やり知ったとこを関連付けてしまうんです。
正しいかどうか判らないけど、自分なりに納得が行かないと気が済まないんですねー。
ただ、それが実になった試しがないの。知ったかぶり程度で終わっちゃうもんだから、タチが悪いのね(笑)

例えば、今回調べたのは植物ホルモン。植物の成長に大切なオーキシンは、主に先端の生長点で生成されるそうです。先端から根に向かって流れて行くイメージかな。
オーキシンは成長に大切なホルモンだけど、濃度が高過ぎると、逆に成長を阻害するんですって。生長点(頂芽)は、オーキシンの濃度が濃くても大丈夫なんだけど、脇芽はその濃度では出てこれない。抑制されてしまう。「頂芽優勢」と言って、先端部の成長が優先されてるらしいのです。

「摘心して脇芽を出させる」という作業は、オーキシンの分泌される生長点を切っちゃって、ホルモンのバランスを意図的に変える、って事なのでしょうね。

下半身は元気!…ってお下品な表現だなぁ。

左のキュウリは、オーキシン濃度が下がっているのかなぁ?どこから脇芽が出ても良いように、下から水分を吸収していったのかもしれない。逆に、右のキュウリは、大切な生長点を必死に守るために、オーキシンが分泌される頂芽から水分を吸収していったのかも。

ぱっと見は同じキュウリ「フリーダム」ですが、それぞれが違う性格になった=植物ホルモンのバランスが違う、って事ですよねー。何となく面白くなってきた気がします。植物ホルモンについて、少し調べてみようと思ってます。

むふふ。

転んでもねー、タダじゃぁ起き上がらないんだから。ね〜♡
と、キュウリと語り合う私なのでした。

Posted on 6月 28, 2011 at 9:51 am by Naomi / 12 Comments

タイトルの通りでございます。はぁー…。やっちまいました。

油断してたー。

キュウリがシナシナです。キュウリってこんなに水が大好きなのかー。
完全に油断しておりまして、根っこの方まで、

ヘロヘロ〜。

気を失ってる程度なら良いのですが、
戻るかなー。ショックだなぁ。

折角、雌花も咲いたのに。

見守るしかありませんねー。頑張ってくれー!!
2日間、暴風が吹き荒れてたベランダは、葉が折れちゃったり、花芽が千切れちゃったりと、爪痕も多かったのですが、嬉しい事もあったり。

水耕枝豆ちゃん。

2株が風で絡まっちゃって、団子状態になってた枝豆。
丁寧にほどしてみたら、えらい不格好に茎が曲がりくねってしまってました。
だけど、ほらね!花が咲いたよ!早いなー。

枝豆の小さな花。

ココからは絶対に水切れさせてはならないのですよ。
気を引き締めなくては!
今日は時間がないので、土中緑化枝豆の様子はまた次回ねー。

追記

その後、東京はラッキーな事に曇り空になり、1株は見事生還!
もう1株は、上から5節目までは意識を回復いたしました。
未だ予断は許さない状況ですが、
まぁ、1株だけでも元気になってくれて、とりあえずホッ。

夕方4時の様子。1株は元気になりましたー!

もう1株は様子をみて、生長点がダメになってるようなら、摘心して脇芽を待ってみますかねー。
以後、気をつけまーす (^-^;

Posted on 6月 25, 2011 at 8:19 am by Naomi / 9 Comments

暑かったなぁー。今日も暑くなるらしいけれど、雨が降ってくれたので、今のところは過ごしやすい@中野です。

小さなポット苗は、水切れしやすくて、こう暑いとデロデロになってしまいます。
可哀相なので、今週は慌てて定植作業をしています。
まずはこちらのシカクマメ。

華奢だなぁー。

本当に蔓性なの?というぐらい、スマートな印象なのですが、緑のカーテンにも向いてるらしい南国野菜。
マメ科なので土中緑化だけはしたのですが、断根・摘心はてません。

どこが胚軸??

だってねー、カットするポイントが解らなかったの。
改めて見てみると、枝豆で言う所の初生葉は開かずに、土中で栄養を消費されるみたい。
豆のすぐ下で切るべきだったのかなぁ??それとも、豆の上でOKだったのか… うーん、やっぱり解らん。
ちなみに。このシカクマメの根っこはイモのように「根塊」になるそうですよ。

と言う訳で。

培地多め仕様。

ペットボトルを2つ使って、長ーい容器にいたしました。培地(日向土)を沢山入れたので、根っこが太っても少しは耐えられるかな、と。緑のカーテンになるぐらいだから、こんな液肥層じゃ足りないかも知れませんけど。

液肥層は完全防備。

手作りカバーに入れて、ネット際に設置です。
ワイヤーカゴの中には、アルミの貼ってある保温シートとプチプチ(梱包材)が詰まってます。
ペットボトルの場合、むき出しだと液肥がお湯になっちゃうので、あの手この手で防御せねば。

トマト苗もぐったりだー。

洗濯物の隙間で育ててるトマト苗も、昨日の暑さでぐったり。
クオールディブエとグレートホワイトの2種類の大玉トマトも昨日、仮定植いたしました。
最終的にはまた、発泡スチロール箱で育てるつもりではおりますが、省スペースのために、大きくなるまではペットボトルを使います。途中で引っ越しできるように、ポットだけは前もってちゃんとしたもの(?)を用意しときました。

お引っ越し可能仕様。

今までは市販のプラ鉢を加工したり、ペットボトルを加工したりしてたのですが、ネットで面白いものを見つけたので初採用。このカゴのようなポットはね、蘭栽培用のポットなんですって。

蘭栽培用ポット。約9cmのポットです。

豪快にスカスカなので穴を開ける手間が省けるし、何たってお安いの。10個で240円だもん。ハイポニカの純正栽培鉢の10分の1のお値段!
お安いから、バリが取れてなかったりしますけども、プラ鉢を加工するのに比べたら全然楽だわ。
暫くはこれを使っていこうかと思ってますよ、10個もあるし。
いつも装置作りでモタモタして定植が遅れちゃうので、これでバッチリ!…かな?

仮の住まい。

トマトのペットボトルも仮住まいとはいえ、しっかりと保温シートでグルグル巻きにしておきました。
秋用トマトなのでゆっくり育ってくれて良いんだけど…気温のせいか、成長が早いのが嬉しい悩み。
完全に種まきのタイミングを間違えましたねー。

まだ後、ピーマン類や朝顔、ミニトマトもあるんです(笑)
誰かー、ベランダ貸して〜。

Posted on 6月 23, 2011 at 10:58 am by Naomi / 10 Comments