« 9月 2017 10月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

西向き極小のベランダガーデニング。 初心者ならではの失敗とチャレンジの記録です。

ベランダ・プチ改装の続きです。
猛暑のベランダが熱すぎるので、コンクリートの床の照り返しを防ぎたくて、激安ウッドブロックを買いまして。
そうすりゃ、緑のカーテンと併せて、エアコンの節電にもなるんじゃないかと思うんですけどねぇ。
さらに、ウチは賃貸なので、色々と考えながらのチョイスです。

チープねぇ。でも良いわ。安いって素敵。

こういう200円ぐらいのウッドブロックって、決して長持ちはしないんですって。
そりゃそうだよね。塗装も適当っぽいしねぇ。
でも、一生もののベランダを作る訳じゃないので、全然OKだわよ。

裏側はプラスチックの台座。表は木。

裏はこんな風に嵌め込みパーツが付いた、プラスチック。
木の部分は中国製の杉。ここもプラスチックの傷みにくいものが良くHCにあったりしますけど、敢えて「木」です。
最初は安いスノコを買ってDIYしようかとも思っていたのですが、
コンクリートの上に直接木が乗るとカビが生えちゃいそうなので、これにしたんです。
賃貸だもん、少しでもリスクは減らさなくちゃね。

薄暗いなぁー。

ここに置いていくのですが、まず気をつけなくちゃいけないのが、手前の避難はしごには置かない、っちゅうこと。
はしご使えなくなっちゃうと命に関わるかもしれないし。
それと、ウチはお隣さんにある排水溝を共同で使う身なので、ドロドロ水を流す訳にはいかないのです。
きちんと掃除が出来るように、いつでも外せる状態にしておくこと。
この2つは守らねばなりません。

棚の足が出っ張ってる…

本当は棚の下にもきちんと引き詰めればキレイなのは分かっているのですが、あっさり妥協です。
要は照り返しとコンクリートの極端な熱を何とかしたいので、そもそも陰になる棚の下は、美観の問題だけですしね。
安いウッドブロックだもの、ガンガン切っちゃえー!とばかりに、ノコギリぎこぎこ。

躊躇せずに、カーット!!

こんな中途半端な敷き方ですが、やってみると雰囲気はがらっと変わります。
じゃーん。何か明るくなった気がするんですけど。どうかな?

あはは、それっぽーい(笑)

この激安ウッドブロック、大したコーティングもされていないので、
スプレーで打ち水すると適当にしみ込んで良い感じ、というおまけ付き(笑)
暑い夏に、コンクリートにいきなり水をまくと、ヒビが入りそうで躊躇していたんです。
だから傷みやすいだろうと思いつつも、木を使ってるコレにしたのでした。

ここが悲しいけどね。

ボロボロになったステッカーも剥がしちゃいけない決まりなので、避難はしご部分は切ない感じが余計目立つなぁ。
だけど開かなくなるのはマズイので、何かナチュラル素材のマットみたいなものでも敷くと良いかもね。

集合住宅では色々と工夫しないといけませんけど、チープなものを割り切って使えるので、意外と楽しいですぞ。
狭いから、お金も掛かんないしねぇ。
センスの良いかたなら、もっと可愛くできるんだろうなー。
なんて思いつつも、こんなんでも意外とご満悦だったり。

Posted on 5月 20, 2011 at 4:45 pm by Naomi / 10 Comments

今年のオクラは「島オクラ」です。
去年の品種「アーリーファイブ」は、暑い盛りにちっとも着果してくれなかったので、チェ〜ンジ!
島オクラなら、暑さにはめっぽう強いと思うのですが、如何に?

ぎょーさん植わってまんがな。

ぱっと見は永田農法のように見えますが、違いますよ。水耕栽培です。
雨が液肥層に入りやすいかな?とも思ったのですが、プランターのように広々しててミニ畑みたいでしょう?
広い培地で気持ちよく育ってくれないかしら、と思ってね。

ゴミ箱農法。

「すくすく水耕栽培」のyaefit1500さんが、ゴミ箱とストッカーを組み合わせて、水耕栽培なさってるんです。狭いベランダだと、縦長の容器がありがたいので、真似したいなーと思っていたの。100均めぐりが功を奏して、やっと容器をゲットしましたよ、うひひ。

ゴミ箱の方には、断熱加工。

日射を考えると、白く塗ったほうが良かったかなー?まぁイイや。
中は保温シートを貼り、液肥温度が上がらないようにしてます。
本当は発泡スチロールぐらいの厚みがあるほうが良いのでしょうけれど、多少は効果があるでしょう。2つあるのは、枝豆もこれで栽培するつもりだから、です。

ビニール袋、セットイン!

液肥を入れても両面テープが剥がれないように、ビニール袋を被せます。
これで崩壊はしない…はず。
上に置くストッカーのほうは、相変わらずのタコさん仕様。

バカの1つ覚えとか言わないでね〜

これでブクブク(エアレーション)を使わなくても、根っこがしっとり空間で元気に育ちます。
(の、ような気がしてます)
だからウチは、ペットボトルも含めて全部タコさん仕様です。
電気使わなくて済むので、お気軽なのよね〜。

培地の落下防止を施します

ストッカーのざるの目が荒いので、周りには遮根シート、底にはロックウールを薄く裂いたものを引き詰めました。
私ね、ロックウールがとても苦手なんです。
触るとチクチクするし、切ったりしてるとクシャミ出るし。ちょっとアレルギーがあるのかもしれません。そんなこんなで、押し入れに眠ってたロックウールの在庫処分!とばかりに無理に使いましたが、培地が落ちなければそれで良しなので、不織布でも排水溝用ネットでも、何でも良いんだと思います。

広い培地エリアなので、
ついつい、大量のオクラを定植しちまいました。
半分は土栽培にするつもりでしたが、やっぱり今年も水耕栽培でゴーゴー!レッツゴー!

7本とも植えちゃった。勿体ないしー。

大きく育てるつもりなら、少ない本数で植えるのがセオリーですが、オクラは密植させてコンパクトに仕立てる方法もアリです。雑誌見てたら「1ヶ所に4〜8本」というオクラ名人の記事が紹介されてし(←畑の話しだけど)。
定植のショックで、根付かないヤツもありそうですしね(←言い訳)。

欲にさいなまれての7本のオクラですが、最終的にはカットで間引いて、4本ぐらいが妥当でしょうかねぇ。
なんつって。7本そのままなんだよね、きっと(笑)
7本のオクラ侍は、強欲オバチャンに打ち勝てるのか?!
請うご期待!

Posted on 5月 19, 2011 at 9:41 am by Naomi / 12 Comments

歳のせいですかねぇ?なかなか疲れが抜けない、今日このごろ。
通勤もしてないのに、5月病かしら(笑)

さて。今回は、普通に土で栽培しているもろもろのご紹介。
水耕栽培が中心なので、なかなか記事にしてもらえない、可哀想なお野菜たちです。

まずはご存知、イチゴの「市吾じいさん」。正式名称は「女峰」です。
ランナーをとるための親株として栽培していたので、じいさんと呼ばれてますが、今年も然りげなく実を付けてくれてます。

また今年も、ランナー採るぞぅ!

すでに3つばかり食べてもうたんですけど(記事にしろってば)
実の大きさは小さかったものの、甘さは去年と変わらず、ストロベリーだけに「ベリー」GOOD。

…やっぱ疲れてますねぇ、わたし(笑)

御籠にお入りあそばせた、ごぼう。

これは一度も記事にしてなかった、ゴボウ。サラダゴボウっていうのかな、40cmぐらいにしかならない、小さなサイズのゴボウです。
パスタケースに培養土を詰めて、1株だけ育てております。

実は畑にも種を播いてるのですが、ゴボウって栄養豊富な土じゃないとダメなんでしょうか?ウチのほうが、断然成育が良いのです。畑の方は、ちっとも育たないの。
こうやって比較栽培してみると、勉強になりますねぇ。

ホースラディッシュ。デカくなりつつ…。

こちらはホースラディッシュ。西洋ワサビでございます。
表面は渇きが分かりやすいように赤玉土ですが、中身は普通の培養土で育てています。
「デカくなるよー」との皆さんからの助言で、大きな鉢に植えておりますが、
ええ、本当にデカくなりそうな、ごっつい葉っぱが増えてまいりました。

ホースラディッシュね、今年は収穫せずに、来年ですかねー。
ぐっと堪えて、育てて行きますよ。

そして、最近増えたのが、こちら。

新参者。

狭いベランダなので、あまり土の鉢を増やすと後が大変なんですけど、ついね。
これは、新潟のお土産、山菜の「こごみ」です(笑)
育て方も何も分かりませんが、折角の根っこ付きだったので、食べずに植えてあります。
水耕栽培しちゃおうか、とも思ったんですが、流石に新潟の山奥からやってきて、東京のベランダで水耕栽培…っちゅうのは可哀想か?と。
乾燥防止に竹炭を乗っけてみましたけど、良く考えたら夏は逆に熱を蓄えちゃいそうですねぇ。外そうっと。

そして、忘れちゃいけないコレ。

しーーーーん。

えっと。心がキレイな人には、ここに茗荷の新芽が写っているはずです(笑)
だけど、正直な人には、何も見えないようになってます。

えー。何も出てきませんが、何か間違いましたかねぇ?
ブログ仲間の皆さんのところでは、次々と発芽なさっているようなので、
希望だけは捨てずにおりますが、掘り返してみたくて仕方ありません。
「大きなプランターに植え替える」という大義名分をつくって、掘り返そうかなぁー。

ま、こんな感じでございますが、本当は記事のまとめの写真として
「今は買ってきた培養土ですが、秋からは、自作の堆肥を入れて土作りをしまーす」
という、ベランダ野菜の残渣で作ってる草質堆肥を紹介しようかと思ったんです。

けどね。いやー、あまり美しいお写真では無いので、自粛(笑)
まともに使える堆肥ができ上がったら、いつの日かご紹介いたしましょう。

ベランダで出る残渣と土を、完全リサイクルできたら面白いなー、
なんて思っとります。

Posted on 5月 18, 2011 at 8:59 am by Naomi / 10 Comments