« 11月 2017 12月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

西向き極小のベランダガーデニング。 初心者ならではの失敗とチャレンジの記録です。

今日から6月ですねぇー。早いなぁ。

さて、枝豆の豊作目指してまっしぐら、枝豆の徒長撲滅キャンペーン第2回目でございます。今日はコレをやりまーす。

…勇気がいるよねぇ。

あれから我が家の枝豆ちゃんは、日照時間が少ないにも関わらず、かなりしっかり育ちました。いつもと全然違う印象ですよ。

徒長しておりません。不思議。

いつもなら本葉が出始めると、すごい勢いで徒長していくんですけど、その様子はまるで無し。

もしかしたら、土中緑化だけでも徒長防止の効果が高いのかもしれません。
これはやらない手は無いんじゃないかと。

根っこがしっかり張ってます。

土を少しどかしてみると、すでにしっかりと根っこが張っております。
けど切っちゃうんだよ。
勿体ない気がするけど、一度はきちんと手順を踏んでやってみないとね。

やっぱ勇気がいるよ〜〜。

断根・摘心のタイミングとしては、「本葉が出て、子葉がハの字に開いた頃」だそうです。
上の写真の苗は良い感じですが、他は本葉が育ってきた割には子葉は開いていなかったり…。
でも根っこの量から言っても、もう体力はありそうなので、育ちの早い半分ほどを挿し芽してみようと思います。

良いのかな??大丈夫なのかな?

何とも残酷なようですが、この逆境を乗り越えて、強い枝豆になる…と信じて。
さらに、折角展開してきた本葉ですが、

子葉の付け根に注目です。

子葉の付け根の部分に側枝になりそうな小さな芽が出てますね。
このまま育てると、本枝が相当大きくなってからでないと、この側枝が育ってこない感じなんです。
先に摘心してしまって、この2本の側枝を中心に育てていく、というのが今回のやり方。だから、この頭の部分も

ごめんねぇ〜〜。

切っちゃいます。
あんなに良い感じの苗に育ったのに、何だか出直しの気分ですなぁ。

ちっちゃくなっちゃったー。

私ね実は、挿し芽がすごく苦手なんです。
バジルと宿根朝顔ぐらいしか、成功していないんじゃないかなぁ?
今回は水に浸けて発根させられない小ささなので、川砂でチャレンジしてみます。川砂だと、お鍋で茹でで熱湯消毒もできるし、湿度を保つのもやりやすそう。上手くいくと良いなぁ。

メネデールも少し入れました。

芽も根も、早く出ておいでー!ということで、メネデールも少々投入。
2本の側枝の本葉が展開するまで、またじっくりと育てます。
さて、どうなりますかね。ドキドキだなぁー。
次回「(3) たっぷり元肥で定植」編まで、暫しお待ちを!

2011.06.14 追記

この枝豆の育て方は、岩澤信夫先生のサイトで詳しく知る事ができます。一度目を通してみてください。
>> 日本不耕起栽培普及会:大豆の高性能緑化強化苗の作り方

コメントをくださった、神田の爺ジイさんが、一連の作業をムービーで紹介してくださってます。すんごく分かりやすいですよ!断根シーンでは、何故か南方仁先生が(笑)
>> 千葉県生涯大学校東総学園 園芸科第20期 7班の自主研究

Posted on 6月 1, 2011 at 9:45 am by Naomi / 14 Comments

皆さんのお住まいの地域は、台風での被害はございませんでしたか?
ベランダやお庭の植物も、大変だったでしょうねぇ。

さて。ブログ仲間の皆さんが次々と発芽報告をなさってる茗荷。
ウチのは全く動きがございませんで。

……

どうなってるのか見てみたくて、先週掘り起こしてしまいました。
もしかしたら芽や根が出てるかもしれないので、そーっと、そーっと。

…埋めた時と同じ。

あれれ?変化無し…かい?
せめて根っこぐらいは育ってると思ったんですがねぇ。
そいでもって、

スカスカー。

生命感が全くありませんで。
これって、やっぱり

終わってますかね?

いやー、折角送ってくださったNORFさんに申し訳無いったら。
NORFさん、ごめんよぉーー (TωT)

保水力は結構あったようだから、逆に蒸れてしまったのかなぁ?

赤玉土を足しました。

もう少し水はけが良くても良いかも、と赤玉土を追加して土を修正して、
万が一、生きてたらラッキーなので、
もう一回埋め直しました(笑)

そして。狭いベランダですからね、

去年の種だから無理か?

上からオカヒジキを播種。オカヒジキなら地中にはあまり影響が無いかと。
だけど、これは去年の種だから、発芽率は悪そうです。オカヒジキって、超短命種子なんですってさ。
地上も地中も「駄目もと」プランターの出来上がり〜。
どっちかでも芽吹いてくれたらラッキー。

そうしたら、種まきから4日目に

あ!出てるじゃん!

オカヒジキが発芽してくれました。ラッキーじゃねぇか!
オカヒジキのやる気に後押しされて、茗荷も無事に発芽…なんて事は
無いよね(笑)

Posted on 5月 31, 2011 at 9:18 am by Naomi / 12 Comments

うっとおしい季節がやってまいりましたねぇ。
だけど、日本の梅雨時の田園風景って、すごく好き。ものすごくキレイ。

新幹線の車窓から。うっとり。

週末は郡山の主人の実家に里帰りしておりました。
元気そうな両親の顔が見れて、ほっと一安心。
あいにくのお天気でしたし、観光云々な状況ではないのですが、
少しだけお出かけして(って言っても、家から4kmぐらいだけど)こちらに行ってまいりました。

鈴木農場・伊東種苗店

郡山市にある鈴木農場さんです。以前ネットで知って、一度は行ってみたいと思っていたのです。ここは鈴木農場さんの直売所なのですが、伊東種苗店でもある…という事みたいで、種・苗が豊富に揃っております。

種も苗も超充実!素敵すぎ〜〜〜!

小さいお店なんですけど、もうね、ワンダーランド!
先ほどのリンク先のページで紹介されていた鈴木光一さんとはお会いできませんでしたが、(おそらく)お母様がとても親切に応対してくださいまして。

だ、ダメだー。買ってしまうよ〜〜。

そそられる種が盛り沢山。いや〜ん。嬉しすぎ!
しかも、ちょっと珍しいものも扱っていらっしゃるの。
もうヨダレもんでございますよ。

苗がビューティフル!ワンダフル!

またねー、苗がキレイなんだ、すごいんだ。
東京のホームセンターの苗とは全然違うんだもの。流石です。
今回は苗を持って帰るのはチと厳しかったので、お買い物したのはこちら。

左:シカクマメ「わこさま」右:白オクラ「楊貴妃」

真ん中は…ムフフ。これだ!!お宝価格だけど(笑)

本当は農場で栽培している野菜も直売していらっしゃるのですが、現在は残念ながらお野菜の販売はしていないそうです。
恐る恐る「今年は作付けはなさらないのですか?」と訪ねてみたところ、この地域の圃場は幸いなことに作付けOKだそうで(良かった!!)「色々あるけど、頑張りますから、夏野菜が収穫できるようになったら、またいらっしゃいね。」と。

実際、きっと相当なご苦労があるんだと思います。
一般家庭だって、草取りしてもその草を簡単には捨てられないんだもの、農場ともなれば、そりゃぁ大変ですよ、きっと。
だけど、農業は強い。そうであって欲しい。
土壌汚染の著しい飯舘村では、ひまわりによる土壌除染の実験栽培が始まったそうですよ。
福島の農業を、微力ながら見守っていけたらな。
そう思いました。

鈴木農場には、また夏に行ってみようと思います。
その時は、鈴木さんのピカピカのお野菜に出会えますように。

Posted on 5月 29, 2011 at 8:10 pm by Naomi / 4 Comments