« 5月 2017 6月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

西向き極小のベランダガーデニング。 初心者ならではの失敗とチャレンジの記録です。

久々の狸農園の記事です。

畑っぽくなってきましたねぇ。

ジャガイモ植え付けの後、辛味大根を種まきしたり、トマトの雨避け用支柱を立てて植え付けたりと、色々と作業はしていたのですが、
…どろんこになると、ついつい、カメラを出すのが億劫になっちゃってねぇ。

トマトコーナーは、大盛況(笑)

支柱を立ててあるトマトコーナーは、皆さんが持ち寄った苗がドンドン増えて行ってます(笑)
やっぱりトマトは人気ですねぇ。
一番手前はレジナっぽいですけど、ずいぶんとグッタリしちゃってます。殆ど無肥料に近い状態なので、瀕死の状態の苗もチラホラ…。栄養たっぷりに育った市販の苗は、やっぱり少し肥料を考えてあげないと難しそうだわ。根が上手く張れてないのかもしれないなぁ。

タイのトマト、ピンクエッグ。

私が持っていった苗は、元々限界まで肥料を少なくして育てていたので、そんな土地でも平気みたい。しっかり根付いてくれたようです。このまま強く育ってくれると良いな〜。
ベランダでもそうですが、ピンクエッグは成育旺盛な品種のようで、なかなか美しく育っております。
小さな花芽も付けておりました。

クマト。黒いトマトです。

コストルート・ジェノベーゼ。

クマトは少々間延びした苗になっちゃってたので、斜め植えしたのですが、何だか全体的に立ち上がってきちゃってました。シンディースイートっぽく背が伸びる品種なのかなぁ??初めての品種なので、良く分かりませんけど。
コストルートジェノベーゼは、ずんぐりと葉を横に広げだしてます。畑だと根が横に伸びるから、樹も横に広がるのかな?
どれも植え付けの時に、自作のボカシ肥を株間に少々入れてはおりますが、後は様子を見ながら、有機液肥でコントロールしていこうかと思ってます。

さて、その他の野菜も少しご報告を。

本当は一番最初の収穫になるはずだったのが、サラダゴボウなんですが…

筒状の袋で栽培中。

育ちません。
ゴボウは栄養がかな〜り豊富でないと、育たない植物なんでしょうかねぇ?
ちなみに、我が家のゴボウは、コレよりも後に種まきしたものですけど、

こんなに葉っぱが育ってる…。

やっぱ比較栽培って大切ですね。畑の方はどう見ても失敗しているので、土作りから出直す事にしました。ちょっと適当にやり過ぎましたね〜。フワフワで肥沃な土じゃないとダメなんだなー、きっと。

だけど同じ根菜でも、調子のイイのがコレです。辛味大根。

ちゃーんと防虫ネットもしましたよー。

ここは何の肥料も入れずに種まきしちゃったので、後から有機液肥を1回あげただけ、という程度なのですが、意外と上手く育ってくれてるんです。何となくゴボウよりも大根の方が肥料が必要な印象なんですけどねぇ?
辛味大根は長さ20cmになれば大きいほうなので、それほど深くは耕していないのですが、この畝の土だけは、死ぬほどフルイにかけて、サラッサラにしてあります。それが良かったんだろうか?

ぐふふ。良い感じでしょ?

まだ2cmに満たないですが、膨らみも出てきまして。
暑い日に辛味蕎麦、って感じですかねぇ♡ 楽しみです。キレイな大根ができると良いなぁー。

この他にも、おナス(白ナス・カプリス)きゅうり(フリーダム)神楽南蛮、レタスなんかを植え付けてますので、また追ってレポートしましょう。
そろそろトマトの雨避けビニールも張らなくちゃいけないな。梅雨の準備もしなくちゃね。

さて。夏場、私の苗たちは蒸し暑さと渇きに耐えてくれるのでしょーか?
無茶苦茶不安だー!!

Posted on 5月 22, 2011 at 9:28 am by Naomi / 10 Comments

ベランダ・プチ改装の続きです。
猛暑のベランダが熱すぎるので、コンクリートの床の照り返しを防ぎたくて、激安ウッドブロックを買いまして。
そうすりゃ、緑のカーテンと併せて、エアコンの節電にもなるんじゃないかと思うんですけどねぇ。
さらに、ウチは賃貸なので、色々と考えながらのチョイスです。

チープねぇ。でも良いわ。安いって素敵。

こういう200円ぐらいのウッドブロックって、決して長持ちはしないんですって。
そりゃそうだよね。塗装も適当っぽいしねぇ。
でも、一生もののベランダを作る訳じゃないので、全然OKだわよ。

裏側はプラスチックの台座。表は木。

裏はこんな風に嵌め込みパーツが付いた、プラスチック。
木の部分は中国製の杉。ここもプラスチックの傷みにくいものが良くHCにあったりしますけど、敢えて「木」です。
最初は安いスノコを買ってDIYしようかとも思っていたのですが、
コンクリートの上に直接木が乗るとカビが生えちゃいそうなので、これにしたんです。
賃貸だもん、少しでもリスクは減らさなくちゃね。

薄暗いなぁー。

ここに置いていくのですが、まず気をつけなくちゃいけないのが、手前の避難はしごには置かない、っちゅうこと。
はしご使えなくなっちゃうと命に関わるかもしれないし。
それと、ウチはお隣さんにある排水溝を共同で使う身なので、ドロドロ水を流す訳にはいかないのです。
きちんと掃除が出来るように、いつでも外せる状態にしておくこと。
この2つは守らねばなりません。

棚の足が出っ張ってる…

本当は棚の下にもきちんと引き詰めればキレイなのは分かっているのですが、あっさり妥協です。
要は照り返しとコンクリートの極端な熱を何とかしたいので、そもそも陰になる棚の下は、美観の問題だけですしね。
安いウッドブロックだもの、ガンガン切っちゃえー!とばかりに、ノコギリぎこぎこ。

躊躇せずに、カーット!!

こんな中途半端な敷き方ですが、やってみると雰囲気はがらっと変わります。
じゃーん。何か明るくなった気がするんですけど。どうかな?

あはは、それっぽーい(笑)

この激安ウッドブロック、大したコーティングもされていないので、
スプレーで打ち水すると適当にしみ込んで良い感じ、というおまけ付き(笑)
暑い夏に、コンクリートにいきなり水をまくと、ヒビが入りそうで躊躇していたんです。
だから傷みやすいだろうと思いつつも、木を使ってるコレにしたのでした。

ここが悲しいけどね。

ボロボロになったステッカーも剥がしちゃいけない決まりなので、避難はしご部分は切ない感じが余計目立つなぁ。
だけど開かなくなるのはマズイので、何かナチュラル素材のマットみたいなものでも敷くと良いかもね。

集合住宅では色々と工夫しないといけませんけど、チープなものを割り切って使えるので、意外と楽しいですぞ。
狭いから、お金も掛かんないしねぇ。
センスの良いかたなら、もっと可愛くできるんだろうなー。
なんて思いつつも、こんなんでも意外とご満悦だったり。

Posted on 5月 20, 2011 at 4:45 pm by Naomi / 10 Comments

今年のオクラは「島オクラ」です。
去年の品種「アーリーファイブ」は、暑い盛りにちっとも着果してくれなかったので、チェ〜ンジ!
島オクラなら、暑さにはめっぽう強いと思うのですが、如何に?

ぎょーさん植わってまんがな。

ぱっと見は永田農法のように見えますが、違いますよ。水耕栽培です。
雨が液肥層に入りやすいかな?とも思ったのですが、プランターのように広々しててミニ畑みたいでしょう?
広い培地で気持ちよく育ってくれないかしら、と思ってね。

ゴミ箱農法。

「すくすく水耕栽培」のyaefit1500さんが、ゴミ箱とストッカーを組み合わせて、水耕栽培なさってるんです。狭いベランダだと、縦長の容器がありがたいので、真似したいなーと思っていたの。100均めぐりが功を奏して、やっと容器をゲットしましたよ、うひひ。

ゴミ箱の方には、断熱加工。

日射を考えると、白く塗ったほうが良かったかなー?まぁイイや。
中は保温シートを貼り、液肥温度が上がらないようにしてます。
本当は発泡スチロールぐらいの厚みがあるほうが良いのでしょうけれど、多少は効果があるでしょう。2つあるのは、枝豆もこれで栽培するつもりだから、です。

ビニール袋、セットイン!

液肥を入れても両面テープが剥がれないように、ビニール袋を被せます。
これで崩壊はしない…はず。
上に置くストッカーのほうは、相変わらずのタコさん仕様。

バカの1つ覚えとか言わないでね〜

これでブクブク(エアレーション)を使わなくても、根っこがしっとり空間で元気に育ちます。
(の、ような気がしてます)
だからウチは、ペットボトルも含めて全部タコさん仕様です。
電気使わなくて済むので、お気軽なのよね〜。

培地の落下防止を施します

ストッカーのざるの目が荒いので、周りには遮根シート、底にはロックウールを薄く裂いたものを引き詰めました。
私ね、ロックウールがとても苦手なんです。
触るとチクチクするし、切ったりしてるとクシャミ出るし。ちょっとアレルギーがあるのかもしれません。そんなこんなで、押し入れに眠ってたロックウールの在庫処分!とばかりに無理に使いましたが、培地が落ちなければそれで良しなので、不織布でも排水溝用ネットでも、何でも良いんだと思います。

広い培地エリアなので、
ついつい、大量のオクラを定植しちまいました。
半分は土栽培にするつもりでしたが、やっぱり今年も水耕栽培でゴーゴー!レッツゴー!

7本とも植えちゃった。勿体ないしー。

大きく育てるつもりなら、少ない本数で植えるのがセオリーですが、オクラは密植させてコンパクトに仕立てる方法もアリです。雑誌見てたら「1ヶ所に4〜8本」というオクラ名人の記事が紹介されてし(←畑の話しだけど)。
定植のショックで、根付かないヤツもありそうですしね(←言い訳)。

欲にさいなまれての7本のオクラですが、最終的にはカットで間引いて、4本ぐらいが妥当でしょうかねぇ。
なんつって。7本そのままなんだよね、きっと(笑)
7本のオクラ侍は、強欲オバチャンに打ち勝てるのか?!
請うご期待!

Posted on 5月 19, 2011 at 9:41 am by Naomi / 12 Comments