« 9月 2017 10月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

西向き極小のベランダガーデニング。 初心者ならではの失敗とチャレンジの記録です。

成長がノンビリで「今年の緑のカーテンは、スカスカかも…」と心配していたキュウリが、ここへ来てエンジンが掛かったような感じです。
品種は「フリーダム」。ミニでは無く、普通の大きさのキュウリです。

3日前の様子。

今朝の様子。

3日間で10cmほど伸びてます。すんげー早い成長っぷり。キュウリってこんな感じで、勢いよく成長していくものなんだなぁー。

で、でかいなぁ。

葉っぱの大きさも、本格的になってきました。これでガツンと西日をブロックしてくれるのねー、頼もしいわぁ。

肝心の実の方は、棚の下に入っちゃった部分(6段目まで)の雌花は摘花しちゃってます。と言っても、5段目にそれぞれ1つずつ咲いただけ。7段目からはこんな風に、雌花のツボミが出始めました。

可愛いなぁ。

棚の下に入れちゃったのが功を奏したのか、上に上にお日さま求めて、一生懸命な感じです。
同じく、小さ過ぎて心配の絶えないメロン「パンナ」ちゃんも、写真にとって比べてみたら、勢いが出てきたっぽい事が判明。

これが3日前。

今日の写真。成長しとる!

5cmぐらい伸びました(笑)
毎日見てると気付かないけど、写真で比べると良く分かりますねー。
こんなに雨続きでも、しっかり成長してるみたいです。偉いぞ!

蔓性植物は、あと2つ。

今年はキュウリとメロンの他にも、蔓性植物の種を蒔いています。
朝顔と、シカクマメです。

小学生以来の、朝顔の双葉。

SUUMOのキャンペーンでもらった、朝顔の種。キュウリの合間に咲いてくれたらカワイイかな、と。
去年の水耕ヒマワリに続いて、これも水耕栽培で育ててみますよ。ビオラなどもそうですが、以外と花って、簡単に水耕栽培できる印象が強いんです。ま、そんなに沢山の種類を試した訳じゃないですけどネ。

シカクマメ。凛々しいです。

シカクマメは「ベランダ菜園でまったりライフ」のnyaoさんが育てていらっしゃって、一昨年の写真なんて、びっくりするぐらい豪華な緑のカーテンになってるんです。秋には美味しいマメも収穫できるそうですし、試さない訳には行きません。

シカクマメの土中緑化? うーん…どうなの?

巷で話題の(嘘ばっかり)土中緑化で、枝豆と同じように発芽させてみたんですけど、どうもねー、シカクマメって子葉が開かずに発芽するタイプらしくて、どこが胚軸なのか、さっぱり分からん。
仕方ないのでこのまま1日日光浴させて、埋め戻して育ててます。
根っこも枝豆とは随分と様子が違い、直根っぽい感じの根っこだったので、断根せずにそのままです。
というより、考えてみれば蔓で伸びるタイプだから、徒長とか関係なかったのかも…。

というわけで、雰囲気に流されながらのユルいスタートとなったシカクマメ。
吉と出るか、凶と出るか…ワクワク。

Posted on 6月 18, 2011 at 7:59 am by Naomi / 9 Comments

本当はですね、「牛臓さんが、こんなに元気に育ってます!」という記事を書きたかったんですよ。だって、昨日まではとてもキレイだったんだもん。

「牛臓さん」こと、クォールディブエ。

双葉も大きくて、がっしりとした良い感じなんですけど、今朝よーく見てみたらハダニの気配。きれいだったハズの葉っぱに、白いポツポツが。

トマトにまで来たか…。

うちのベランダ、毎年の事ですが、ハダニが大量発生するんです。
雨が殆ど当たらないから、どんどん増えちゃうんでしょうね。
毎朝水を霧吹きで吹いて、できるだけ防除はしてるんですけどねぇ。
普通のハダニなら、水だけでも植物を枯らすまで酷くならずに済みますし。

だけど、今回はもっと深刻な事になってまして。普通じゃないハダニも付いちゃったみたい。

…ああ。ペカッと光ってる…。

ポツポツと赤黒い点々は、普通のハダニです。
問題なのは、葉っぱの裏が白っぽくペカッと光ったようになってる所。

トマトサビダニみたいです。

毎年の事なので、もうすっかり慣れましたが、小さい苗についちゃったのはショックだなぁ。
トマトサビダニは、トマトが好き過ぎて、枯らすまで喰らい続けるという厄介なダニ。
ものすごく小さいらしくて、肉眼では確認できない大きさだそうです。
ちなみに、去年のサビダニの記事はコチラ。あんな風に、どんどん葉っぱが枯れていっちゃうの。あー、怖い怖い。

コロマイト、出動っ!

毎度お世話になってます、コロマイトさん。早めにきちんと対応してあげれば大丈夫。
だけどこのコロマイト、有機溶剤の匂いがするので、あんまり好きじゃないのです。
天然成分のお薬とは言え、近隣にご迷惑がかからないように、自分で吸い込まないように、注意して使いませう。

牛臓さんと一緒に置いてあった、他のトマト苗にも念のため散布。
折角なので、写真ぐらいは載せちゃおう。

グレートホワイト。風格があるねぇ!

Sprite。小っちゃいなぁ〜〜。

どれもまだ小さいので、サビダニに耐えられるかしら。
これで落ち着いてくれると良いなぁー。

Posted on 6月 16, 2011 at 10:35 am by Naomi / 14 Comments

ウチのベランダは、約2帖。横に長くて奥行きの狭いベランダです。
賃貸だから当然、避難路になっているので、
モノを置いちゃいけないエリアがいっぱいあります。苦労が多いです。
パズルみたいに、あーでもない、こーでもない、と苦悩しっぱなし。

リビングからの掃出し窓がベランダの出入り口。

狭いんだから少数精鋭で育てれば良いものを、あれもこれもと手を出すのがいけないんだー!と分かってはいるものの…あふれ返ってしまうのは毎度の事。
でも今年は、ちょっとした工夫をしてみましたよ。苦肉の策です。

正面はピンクエッグちゃん。

掃出し窓に腰を下ろすと、正面はお気に入りのピンクエッグ。
このエリアは床が避難ハッチになっていて下には何も置けないので、自ずと出入り口になっております。

そして今年、頑張ってるエリアがこの右側。先日、おナスを配置した北の角のエリアです。

給湯器のある、北側のエリア。

半畳程の広さには、おナス2株、ホースラディッシュの鉢、コストルートジェノベーゼ2株、メロン2株、イチゴ、育苗中のフランネルフラワーやバジル等、盛り沢山。
給湯器の熱が危ないので、ここには洗濯物を干さない事にしてますから、サッシにしゃがみ込んでノンビリするにはもってこい。

上からみると、こうです。

気付いていただけました?液肥層が無いですねぇ。
トマトやメロンの水耕栽培容器は、棚の下に入れちゃったんです。
そう、2段式にしちゃったの。
株元に陽が当たらないのはちょっと心配ですが、これなら液肥も熱を持ちにくいし、上のスペースは空くしね。

頑張って伸びておいでー。

中々大きくならないメロン「パンナ」も、お日さまを求めて、少し背が伸びました(笑)
棚の下の葉っぱは、ハダニやうどん粉病に気をつけないといけませんが、液肥追加も低い位置なので楽ちんです。

キュウリも同様に、下に置いてます。

左側のエリアは、洗濯物が干してあるのであまり写せませんでしたが、キュウリも同じように、液肥層は棚の下に入れてしまいました。微妙に棚の隙間のところに雌花がついてるのが不安ですが(笑)
もう少しキュウリの背丈が伸びれば、手前に小さなものなら置けそうでしょ?

とまぁ、こんな感じで、詰め込めるだけ詰め込んでる我が家のベランダ。
この涙ぐましい努力も、言わば「強欲のなせる業」でございますな。

Posted on 6月 15, 2011 at 8:58 am by Naomi / 10 Comments